« 人物辞典 | トップページ | 更新できなくてすみません »

2004.03.05

質問箱-過去問について

過去問について質問がある方は、ここにコメントをぶら下げてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

|

« 人物辞典 | トップページ | 更新できなくてすみません »

質問箱」カテゴリの記事

コメント

yukiさん、回答を間違えてしまってすみません。また、のろまでごめんなさい。
17-42Aですね。
代理トラウマと一緒に新規記事でお答えします。

投稿: ひろみ | 2013.08.02 00:17

yukiです。さっそく質問に答えてくださり、ありがとうございます。
せっかく質問に答えていただいたのですが、ひろみさんが答えてくださった解説は、平成17年問題47Aの気がします。お忙しいところ申し訳ありませんが、平成17年問題42A(PTSD)の解説をお願いします。代理トラウマの記事のUPも心待ちにしています。

投稿: yuki | 2013.07.25 21:29

yukiさん、質問ありがとうございます。
17-42Aですが、以下のように考えます。
知的指標の1つであるΣF+%は低いですが、もう一つの指標のMは高くなっています。
精神活動については、Rが多いこと、色彩反応が豊富なことが理由として考えられます。
代理トラウマについては、新規記事にします。
お待ちください。

投稿: ひろみ | 2013.07.25 00:33

ひろみさん
初めまして。yukiといいます。いつも、ひろみの勉強部屋と問題集とにらめっこしながら臨床心理士試験勉強に励んでいます。

さっそくですが、どうしてもわからない過去問が2つあるので教えてください。

1つ目は、平成17年問42Aが誤りの理由がわかりません。2つ目は、平成22年問10に出てくる代理トラウマの意味が分からないです。

どうか教えてください。

投稿: yuki | 2013.07.19 14:27

こうさん、質問ありがとうございます。
過去問解説、できる範囲ですが、まかせてください。
H17は、難問奇問の最後の年度ですね。(その後ややより戻しの見られる年もありますが)
ロール、難しい! ご苦労お察しします。
解答は、新規記事で立ち上げるので、見てください。

投稿: ひろみ | 2012.08.09 21:04

hiromi様感謝して17年問題を質問します。20c37c42A間違いの理由と正解の文  47 48D 49 50 90A
10年問題10-77A
沢山ですみません。どうか助けてくださいませ。

投稿: こう | 2012.08.09 10:28

ロールシャッハテストについて質問させてください.
平成16年問題96Bで,「被害年慮」とありますが,「目」や「顔」の反応以外に被害年慮をみる指標はあるのですか?

投稿: はるる | 2006.02.01 22:03

すみません、なんかサーバーエラーで二度カキコしてしましました。昨日もミスってしまった。プロバイダーのシステムがおかしいのかな??

投稿: mina | 2005.10.12 10:06

ゆきさんへ

「自己顕示願望」です。

16‐96‐D:隠された自己顕示性や競争心があろうと推測される。(正解 ○)

ひろみさんの解説に、色彩図版で「ロケット噴射」「血」「祭りの火」といった易刺激性や衝動性を伴う派手な反応が示されている・・・とあります。
私はスコアや反応の内容を、「自己顕示願望」有無判断の一方法と考えています。

投稿: mina | 2005.10.12 10:02

ゆきさん、コメントありがとうございます。昨年度のロールシャッハの解説は、ようこさんがメール詳しく教えてくださいます。こちら
http://hirominobenkyobeya.air-nifty.com/pleasecomein/2005/09/post_e3ac.html
をご覧になって、必要であればメールしてください。

投稿: ひろみ | 2005.10.11 23:35

「自己顕示願望」について。

私は、スコアや反応の内容で、「華やかな服装の女性が・・・」とかがあれば「自己顕示願望」に動かされる傾向があると、判断しています。

投稿: mina | 2005.10.11 22:29

ロールシャッハについて。
「自己顕示願望」はどこで判断すればよいのでしょう???

投稿: ゆき | 2005.10.11 22:14

内田クレペリン精神作業検査について、再々度調べましたが、やはりおかしい。


3-17
c.初頭努力、休憩効果、終末努力は内田クレペリン精神作業検査でみるポイントである。
(正解 ○)

7-55
E.曲線判定にあたっての主要な観点は、終末努力の有無、休憩効果の有無、作業量低下の有無、興奮の上昇の有無などである。
(不正解 ×)


心理臨床大事典P443(改訂版P588)では、
①初頭努力の有無
②休憩効果の有無
③作業量低下の有無
④興奮の上昇の有無
⑤脱落、行飛びが多くあるか
クレペリンの判定での5つのポイントは以上なんですが・・・

では、3-17-c は、どう解釈したらいいのか?

分からない?! だれか、教えてください!

投稿: mina | 2005.10.10 14:23

この過去問を何度やっても間違えてしまう。以下の違いは何なんでしょうか?


7-70:学生相談に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

d.学生のメンタル・ケアーのためにスクーリング・テストを実施し、その結果により面接をすることがある。(答えは適切)

10-100:大学の学生相談に携わる臨床心理士が、学生部と連携して実施した学生のメンタル・ケア活動に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

c.新入生全体を対象にスクーリング・テストを実施し、その結果をもとにし、心理的問題を抱えていると考えられる学生をリストアップし、学生部の協力を得て介入面接を行った。(適切でない)


10-100は、「学生部と連携して」? 「学生部の協力を得て」? が間違いでしょうか?

どなたか、明確な説明付け、よろしくお願いします。

投稿: mina | 2005.10.09 17:28

ひろみさん

いつもありがとうございます。
6-49関連の質問です。

片口の診断補助尺度について、お分かりになる方がいれば教えてください。

以下の尺度の数値の臨界値はどんなものなのでしょうか?

修正BRS
αスコア
RSS
RPRS

よろしくお願いします。

投稿: まさこ | 2005.10.07 18:37

ひろみさん、クロス集計について教えていただき、ありがとうございます。

私は、クロス集計分析はクロス集計を、何か分析する思って調べていました。


「臨床心理士資格試験必勝講座」第2回模擬試験の問題21-eの、「クロス集計分析」って、「クロス集計」のことなんですね。

投稿: mina | 2005.10.04 09:12

いつもながら、W<D≒drのminaです!


12-96-B→解説では、虐待にあたらないので×ですが。

虐待にあたらない。それもそうなんですが、「教育相談所長は一時保護所に保護できる」が、×じゃないかと思うんですが。

どうでしょうか?

投稿: mina | 2005.10.03 22:06

二つお願いします。


「クロス集計分析」について、色々調べたのですが、分からないので、教えてください。


それから、以前の質問をもう一度。臨床心理査定の構造化面接に関してです。

10-33-C:心理査定面接の「基本姿勢」は、クライエントに自由に語らせるが、必要な情報を得るための質問はすべきである。→○

さて、そこで・・・
13-46:心理査定の「構造化面接」も、同様な基本姿勢で、自由に語らせ必要な情報だけを評価するのでしょうか?


すみません、どなたか、すっきりしたいのでお願いします。

投稿: mina | 2005.10.03 21:53

にっちゃんさん

どうもありがとうございます。
わたしの中で雲がさーっととれて青空が広がった気がして、うれしいです。
そして、暖かい気持ちにもなりました。

そして、ひろみさん、
場所をお借りできてありがとうございました。

投稿: まさこ | 2005.09.29 21:24

15-92のBについて。
すみません、おくり間違えたかも。

少年法では、家庭裁判所の処分の一つとして、児相の所長に送致することもあります。例えば、14,15歳で、非行というよりも、家庭の問題が大きくて、児童相談所の福祉司の指導の方がいいだろう、ということになれば、児童相談所長に送致します。児童相談所で扱う年齢は、18歳までなので、18までは、理屈ではありえますが、実際には14,15歳というところでしょうか。児童相談所では、家裁から送られた事件は、児童相談所で判断して措置を考えますので、色々です。

投稿: にっちゃん | 2005.09.29 20:59

ひろみさん

だいぶん緊張してきました。
わたしは大学の学生相談もやっていて、テスト不安の学生にもカウンセリングをしているのに、誰かわたしにカウンセリングしてほしい・・・って感じです。

ところで、15-92のBはどう考えればいいか教えていただけるでしょうか?
少年法では14歳未満が児相に、14歳以上が家庭裁判所に、と理解していたのですが、家庭裁判所が児相の所長に送致することは実際あるのでしょうか?
 (児相から家庭裁判所に送致されることがあるのはわかるのですが)
児童相談所にお勤めの方がいたら、すぐおわかりですか?

投稿: まさこ | 2005.09.29 20:35

臨床心理査定の構造化面接に関してです。

10-33-C:心理査定面接の「基本姿勢」は、クライエントに自由に語らせるが、必要な情報を得るための質問はすべきである。→○

さて、そこで・・・
13-46:心理査定の「構造化面接」も、同様な基本姿勢で、自由に語らせ必要な情報だけを評価するのでしょうか?

投稿: mina | 2005.09.23 16:09

体験過程(フォーカシング)とゲシュタルト療法についてです。

身体感覚を明らかにしていく。今ここという現象性の気づき。身体の内部で起きていることを自身で意識化すること・・・というのは? 私の頭の中で、フォーカシングとゲシュタルト療法がごっちゃになってしまっています。

Gendlin, E. T. はRogers から指導を受けて・・・。ゲシュタルト療法はPerls, F.の創始したヒューマニスティックな心理療法・・・
と、はっきりした異同は分かるのですが、細かな点で重なってしまっています。

フォーカシングとゲシュタルト療法を、すっきりしたいのですが、良いアドバイスをお願いします。

投稿: mina | 2005.09.22 14:42

minaさん、質問ありがとうございます。

9-87Cについては、私はこのように考えています。

催眠は、リラックスしてよけいなことを考えない状態でかけてもらいますね。だから夜尿の他に昼間遺尿にも効果があるという情報まで知らせると、Clに雑念が多くなるからではないでしょうか。私だったら、その他にももっと効果があるのかなぁとか、期待しすぎるようなことを考えてしまいそうです。

投稿: ひろみ | 2005.09.17 23:20

催眠療法です。

9-87・・・夜尿の催眠療法
C.昼間遺尿を伴っていても、その減少についての治療暗示はしないでおく。


この理由なんですが、誰か教えていただけませんでしょうか。

投稿: mina | 2005.09.17 20:40

検定です。

4-7
2つのテスト結果の特徴
①Aテストの平均は男女とも90点で差がない→Aテストの男女差を有意とするaははずす
②Aテストでは4つの平均点は平行でない(交互作用の可能性あり)
③Bテストでは4つの平均値は平行である(交互作用の可能性なし)→c,dをはずす
bとeを比べてBテストでは男女差、年齢差とも影響がある可能性があるので、eが正解


ということですが、なぜeが正解なのか分かりません。bも正解に入ってもおかしくはないと思うのですが。
だれか教えてください。

投稿: mina | 2005.08.25 22:04

minaさん。

私も16-96のC,Dがよくわかりませんでした。Cに関しては、体験型が内向型であるにもかかわらず「すべての色彩図版でCFが生じ」ていることから〇なのかな、と思ってましたが、それを「願望」と解釈してよいものかは疑問です。
あと、Dは全くわからないのですが、「自己顕示性」と「競争心」はどこから判断するのでしょうか?どなたかわかるかたお願いします。

投稿: ちゃりんこ | 2005.08.21 20:21

聞き流しても良いんですが、すっきりしないんです。どなたか、よければコメント下さい。

16-96-C
・基本的に内向性である自分を肯定せず、外向的でありたい願望が強い。

体験型や、裏の体験型は内向型。FC:CF+C=2.5:5.0 で、色彩を用いた反応が多く、色彩図版における反応も見られ、情緒的反応がなされている。そのため、外拡型のように感情を取り入れようという働きが見受けられる、だから○。という説明があった。
 でも、FC:CF+C は、感情統制、情緒統制の強さであり、FC:CF+C=2.5:5.0 は、情緒の外的統制が弱いのであって、「ありたい願望が強い」とは違うように思う。
 それよりも、「『ロケット噴射』『都会』『共同作業している』という反応内容から、外向的でありたい願望があると考えられる」から○。と、考えたんだけど、どうでしょうか?

しかし、16-96 の問題はどれも、難しいと言うより、どのような解説をみても考えてもすっきりしない。

投稿: mina | 2005.08.21 15:42

ひろみさん、いつもありがとうございます。質問させてください。
青本には平成7年の問題10がのっていませんが、ひろみさんが出された本には、条件づけのところにあるようです。
どんな問題なのか教えてもらってもいいですか?

投稿: まさこ | 2005.08.21 14:24

質問させてください
今まで質問にあったのかもしれませんが

心理面接の過去問3-37のAが○「支持」は○
そしてE「励ます」は×となっていますが
Aも問題の中に「励ます」が入っておりますが、どうしてAが○でEが×になるのか分かりません。違いを教えてください。

投稿: かなかな | 2005.08.20 14:23

いつもおせわになってます。

16-20です。ひろみさんの説明から、、、

a→× 「統制」とは被験者に対して実験の操作・介入を行うこと。

となっていますが。

a→× 「統制」とは被験者に対して実験の操作・介入は行わない。

じゃないでしょうか?
統制群とごっちゃになってますか? 教えてください。

投稿: みな | 2005.08.17 14:21

こんにちは、わーです。
勉強会in関西お疲れ様でした。
もしかしたら、どこかで解説されているのを読み飛ばしているかもしれませんが、H11-24の統計(その他に分類)が分からないです。
統計のどの分野を調べたらよいかも分からず右往左往してます。

投稿: わー | 2005.08.16 00:55

何度も、しょうもない質問ですみません。過去問をしてるとつい神経質になるもので・・・
さてさて、しょうもない質問です。

過去問でいう、「インテーク面接」「初回面接」「一回目の面接」「来談者が初めて来た面接」「最初の電話でも面接」の関係が今ひとつ「現場」とピタッと来ないんです。

「インテーク面接」=「初回面接」でいいんでしょうか?

投稿: mina | 2005.08.07 20:43

13-33
A→○
B→×・・・被験者が自分で枠を描く
C・・・?ABより答えはb→○
D・・・?ABより答えはb→×

このサイトでは、上のようにいますが、

B→×・・・検査者が自分で枠を描く

ではないでしょうか?教えてください。

投稿: mina | 2005.08.07 17:16

初めまして、リンと申します。
去年のリベンジで頑張っています。
よろしくお願いします。

早速質問です。

12年度事例問題50-51です。

「スルピライド」という薬についてです。
どう探しても、この薬の副作用に生理が止まるような内容は探せず、困惑しています。
私が見つけたのは、「リスパダール」がこの副作用を持っているようなのですが・・・。

どなたかご存じの方がいらっしゃったら教えて頂けると助かります。
よろしくお願いします。

投稿: リン | 2005.08.04 23:42

外因、内因、心因について質問があります。(これは試験勉強をしているときからの疑問でいまだにわからないところです。)

内因は分裂病やうつ病(内因性うつ病)、心因は神経症や心因性うつ病が入ると思いますが、境界例などの人格障害はどこに分類されるのでしょうか?また、今年少し注目された適応障害ですが、これは心因性うつ病と同じか、それより軽い同類のもの、とみてよいのでしょうか?

また、カーンバーグの人格水準の分類で、神経症的人格水準、精神病的人格水準、境界性的人格水準がありますが、分裂病や内因性うつ病は精神病的人格水準だと思いますが、境界例以外の人格障害はどこに分類されるのでしょうか?

うつ病は、内因性と心因性の2種類に分けられると思っていますが(実際、どこかでそのように読んだ覚えがあります)、それは良いのですよね?

今年ももうすぐ終わりです。
みなさん、よいお年を!

投稿: しーちゃん | 2004.12.22 16:17

ようやく過去問の見直しをしています。まだ途中ですが、分からないところがたくさんなので、分かる範囲でいいので教えてください。また、すでに質問や解説があったりしたら、申し訳ありません。

H4-10 Levinsonについて、どういうことをしたひとですか?
4-62 家族療法の一次変化二次変化とは?
4-68 THの交換って必要なんですか?どんな場合に必要ですか?

6-2 受動攻撃性人格障害は存在しますか?どんな障害?
6-15 Uカーブ仮説とWカーブ仮説とは?
6-29 Thorndarkは何をしたひと?
6-55 Osofskyって誰?
6-62E はじめてききました。精神分析理論を取り入れた集団心理療法は誰が創始?何か知っていることを教えてください。

7-13D 書いてあることが分かりません(^^;
7-65Frencziと性的倒錯、ライフコースは関係あるのですか?それぞれどのようなものですか?同じくRankとライフサイクルとの関係は?
7-77D 親子同席面接はいけない?
7-81B その場にいなくてもよいの?
7-83D 箱庭をこわすときは器質的な障害を疑うの?
7-91 「家族による代行」とはどんなものですか?

8-15d 本当ですか?ずれが大きいほど同調行動は強くなるものなのですか?
8-35a 長谷川式は知能検査法といえるのですか?
8-69 Slavsonについて教えてください

9-64 「社会的比較過程の理論」「認知的均衡理論」「社会的判断の理論」「社会的交換の理論」について教えてください。

抱っこしないと泣く娘を抱っこひもで結びつけて勉強しています。また、座っていると泣き出すので、本を読みながら歩き回って勉強しています。我ながら二宮金次郎のようで笑えます。

投稿: かりん | 2004.10.05 19:02

のかさん、いらっしゃい。

試験当日、お会いできるのを楽しみにしています。

誰にもわからなかったカルチャーショックについて教えていただいてありがとうございます。
新規記事としてアップさせていただきます。

投稿: ひろみ | 2004.10.03 13:53

はじめまして。のかと申します。

私も一人で勉強している者で、ひろみさんのHPを見つけ、お世話になっています。ひろみさんには以前メールでお世話になったことがありますが、ページへの書き込みは初めてです。(どこに自己紹介すればよいかわからないので、こんなところにしてしまいましたが、交流の方が良かったのでしょうか?)

試験後、私も一言お世話になったお礼を言わせていただきたいです(もし都合がつけばお茶会も・・・)。よろしくお願いします。

それと、過去の質問の中で私のわかるものを一つだけ発見しましたので、ご恩返しに記入させていただきます。

H6-15カルチャーショックのところです。bの問題ですが、どこが×なのか。これは、アドラー(1976)という人の説みたいです。以下、理論の内容。

異文化適応にはいくつかのプロセスや段階がある。アドラーによれば
①接触:陶酔的経験。新しいものを発見した喜び。
②崩壊:両文化の相違点に注目。混乱・喪失・とまどい・孤立など。抑うつ的。
③再統合:一般化、批判的態度などにより文化的差異を認めなくなる。怒り、神経過敏。排他的・拒否的。
④自律:文化的差異と共通点を正当と認める。
⑤独立:文化的差異と共通点を正しく評価。愛情・ユーモアなどの表現を示し、感情面でのやりとりをする。

問題のbは、「自己崩壊」ではなく、「再統合」の位相なのでは?違ってたらごめんなさい。

以上です。

ではでは、よろしくお願いします☆

投稿: のか | 2004.10.03 12:36

どんさん、ありがとうございます。

Vigotskyは二元論なんですね。
どなたかがVigotskyのことがどの本にも載っていないと書いていらっしゃいましたが、私は家にたまたまあったふる~い本の中で見つけました。
「岩波講座 子どもの発達と教育3」(1979)です。

それによりますと、まずゲゼルの成熟説があります。成熟による準備(レディネス)ができていなければ、課題を与えてもできないという説です。
それに対してヴィゴツキーは再近接領域という概念を立てました。そこでは発達は二つの水準で捉えられています。一つは「実現された発達の水準」もう一つが「発達の最近接領域」です。後者はまだ現実に達成されていないが、他人の助けによって解決が可能になり、しかもそれを独力での解決にまで発展させていく可能性をもった発達の範囲です。この考え方により、教育は発達の後に従うのではなく、むしろそれを引き上げる、最近接領域にある諸能力を引き出すことにあるという考え方が生まれたのです。

この2つの発達の水準というところが二元論なのかもしれないですね。
ピアジェの場合だと、どうなるのでしょう・・・また考えてみます。

ということで、問題文のような記述に関することは見つけられませんでした。一元論だけがまちがいなのか、「社会文化的な起源から生じる」という部分もまちがいなのか・・・すっきりとはわかりません。

投稿: ひろみ | 2004.10.02 19:50

先日、一元論について書き込みましたが、我ながら納得がいかなかったので再度調べてみました。
詳しくは分かりませんが、

一元論:ワトソン、パブロフに代表される
二元論:ヴィゴツキー、ピアジェに代表される

らしいので、発達を環境からの学習と捉えるか、環境との相互作用と捉えるか、ということなのではないでしょうか??

先日書いたことはちょっと関係なかったようです。失礼しました。

投稿: どん | 2004.10.02 17:55

moominさん、どうもです~。

送っていただいたファイルの通り、何かをするために移動しても、何をするのか忘れていて、また元の場所に戻って思い出すという、あれだと思っていました。

記憶の再生にそのときの状況が手がかりとなり、それを文脈というのですね。よくわかりました。ありがとうございます。

投稿: ひろみ | 2004.10.01 21:43

 ネットで調べてみました。すっきり出てくるものは見つからなかったのですが、
なんとなくわかった気がしました。お騒がせしました。
 ちなみに私が見て、なんとなくイメージつかめたのは
http://www.ia.inf.shizuoka.ac.jp/isarida/personal/book/HabuTxt.PDF
 のHPです。でも何かはっきりつかめません。要するに
記憶とは内容だけでなく状況にも影響される、ということなんでしょうか。

投稿: moomin | 2004.10.01 21:10

 moominです。どんさん、回答ありがとうございます。
プリントアウトして、後でじっくり飲みこんでみたいと思います。

 ところでところで・・・もうひとつ質問していいでしょうか。
「文脈依存効果」(H12過去問)ってなんでしたっけ・・・?
 耳にしたことあるはずなのに、教科書や辞典をひっくりかえしても、
出てこなくて「???」ってなってました。
 おっかしいなぁ・・・。どこで聞いたんだろ。
 わかる方いらっしゃったら、教えてくださ~い。

投稿: moomin | 2004.10.01 20:58

どんさん、いらっしゃい。

コメントありがとうございます。
難しいです~、が参考にさせていただきます。

最後までがんばりましょう!

投稿: ひろみ | 2004.10.01 00:26

初めまして。「どん」です。
最近は毎日こちらのサイトにお世話になっています。
多少でもご恩返しを…。
moominさんのご質問「一元論」について。

一元論:精神的・肉体的実在の間には本質的な相違はないとする
二元論:客観的自然的存在としての「身体」と、主観的内的過程としての「心(意識、自我)」を対峙させる

らしいです。(ちょっと自信がないですが)

投稿: どん | 2004.09.30 20:41

 moominです。今日はたまたま仕事が休みになったので
朝から机に迎えています。こういった時に頑張らねば!

 さて、用語の問題なのですが、「一元論」「二元論」という
概念(意味?)がよくつかめません。
 H15年度の問題から、ヴィゴツキーの発達論は一元論では
ないようですが、ではどういったものが一元論で、二元論は
何が含まれるのか、どなたかわかる方いらっしゃったら、教えてください。
 いつも頼ってばかりですみません。

投稿: moomin | 2004.09.30 10:25

質問です。よろしくお願いします。

9-96D
「児童の権利に関する条約」には、意見を表明する権利、表現の自由の権利、結社・集会の自由の権利が定められているが、これにより学校における校則の取り扱いに問題が生じ、学校教育法の改正が行われた。

前半は、それぞれ
第13条:意見を表明する権利、表現の自由の権利
第15条:結社・集会の自由の権利
が定められているというのは分かったんですが、
後半はどこがどう違うんでしょうか?

投稿: ようこ | 2004.09.19 15:12

moominさん、こちらこそ、使いにくくてすみません。

カテゴリーで「交流の場」をクリックしていただいて、記事にコメントをつけてください。(まだ誰も書き込んでもらってないようですが、ぜひぜひ書いてください)
質問箱のように私のほうで新規記事にさせていただこうかと思います。
他の方もよろしく!どんどん自己紹介して、お友だちになりましょう。

投稿: ひろみ | 2004.09.19 02:42

 私が出した質問に、ひろみさん以外の方も何名か答えて
くださっていたことに、今気づきました。
 ありがとうございます!!気づくのが遅れてごめんなさい。
HP作成もしたことないので、どうもHPへの投稿や見方が
まだ不慣れのようです。
 ひろみさん、最新の質問や、「交流の場」への投稿は
どこへ書きこんだら一番よいのでしょうか?
なんか手当たり次第に、いろんなとこ書きこんじゃっているような気がします。
乱しちゃってたらすみません。

投稿: moomin | 2004.09.18 15:56

 こんにちは、moominです。今朝、15年度、8年度、9年度の過去問をやっていて、
またまたわからない箇所が出てきてしまいました。くり返しのはずなのに、
どうしてこう新しい疑問箇所が見つかるのでしょう・・・。
 ひろみさん、体調は大丈夫ですか?その作業量だけでも大変なものなのに、
睡眠時間の少なさやスケジュールを見て、尊敬と同時に心配になります。
季節の変わり目は体に負担がかかりやすいので、どうかご自愛ください。
私の質問は返答を急がないので、ご無理なさらないでくださいね。
(・・・と言いつつ、しっかり質問してしまいますが。笑)

 15年度-100
 A.・・・てっきりこれは×だと思いこんでいたのですが、正答をよく見たら、○なのですね。
 この場合の「ハネムーン期」、「幻滅期」って、どんな状態を指すのですか?
自分でも文献を調べてみたのですが、見つかりません。(心理臨床大辞典、トラウマの心理学)
 私はてっきりこの設問はDVサイクルの説明なので×だと思ってました・・・。

 8年度-31
 この設問で×になる検査には、社会的要請は関係ないと見て
いいでしょうか。
MMPIなどは、作られた目的などは私の持っている文献には書いてなかったので・・・。
それとも、設問にある組み合わせが違うのでしょうか。

 8年度-44
 設問で表記されているデータから体験型を見るには、どう見たらよいのでしょうか。
ロ・テに関してはデータ丸暗記型で勉強しているので(付け焼きば・・・)、
こういう応用が出るとわからなくなってしまうのです・・・(恥)。

 8年度-45
 D.が○になる理由について。
 記号化は!を含む5種類なのでは?

 8年度-49
 この設問は私にもわかりません。
 質問しようとしたら、すでにアップされていました。
 あとでその解説をじっくり読んでみますね。

 8年度-69
 b.が×の理由について。
 c.コンフロンテーションって何ですか?

 8年度-79
 e.ゲシュタルト療法で使われる「ホット・シート」について。
 大学時代、家族療法の授業で「エンプティ・チェア」という技法を教わりました。
両者はとても似ている気がするのですが関連はあるのですか?

 9年度-30
 c.日本語の質問になってしまいますが、「漸進的」と辞書(広辞苑)で引くと、
『段階を追って次第に進むこと』とあるのですが、そうすると、この設問にある
「漸進的でなくて段階的」という意味がよくわからなくなってしまいました・・・。

 9年度-38
 すみません、聞くのもすごく恥ずかしいのですが・・・。
 「構造化面接」の意味をわかりやすく教えてもらえますか・・・。
 普段使っている言葉のはずなのに、あやふやなので・・・。
 自分の持っている文献にはのっていなかったので・・・。

 9年度-96
 C.「国よりの特別の援助」って具体的にどんなものを指しているのですか?義務教育とかのこと?

 ・・・以上です。いつも質問ばかりしてごめんなさい。
一応、自分でも調べる努力はしているのですが、調べきれない
ものを投稿させてもらいました。
 わかる方、いらっしゃったら教えてください。

投稿: moomin | 2004.09.18 14:06

 こんにちは、moominです。いつもながら、ひろみさんの
丁寧なレスと、キー入力量のすごさに圧倒されます。私も
キータッチは早いほうですが、一日でこんなには、とてもとても・・・。
尊敬いたします。

 さて、過去問の中でまた府に落ちない点を見つけました。
どなたか、わかる方いらっしゃったら教えてください。

 15年度-96
 A.(DV法で)保護命令を出すのは、都道府県にある家庭裁判所である。 ・・・が×である理由について。
 →DV法の中では、「裁判所が保護命令を発する」とあるのですが・・・。

 14年度-18
 「フールプルーフ」と「フェイルセーフ」とは?
 あとa.が×になるのは、5つの選択肢の中で比べるとなんとなくわかるのですが、
それでもはっきり×と思えないところが・・・。

 13年度-14
 D.が×になる理由について。
 →提唱者がCannonではないのでしょうか?

 12年度-74
 A.、B. が×になる理由について
 動作法についてはこの試験勉強で初めて知りました。恥ずかしながら。
A.B.は、知らない者が考えるとあり得そうな記述に
思えました。
D.が×になるのは、以前に自閉症児へのアプローチの設問の解説にあった、
「動作法はスキンシップによるコミュニケーションを目的としていない」からですか?

 12年度-51
 C.が×になる理由について。
 薬の副作用については詳しくないので、どなたか教えて
いただけると助かります。

 9年度-91
 A.とC.が○になる理由について。
 インテーク場面ならともかく、カウンセリング室での面接場面において、
こういうこと(面接を早めに終了する)って可能なんでしょうか?

 ・・・以上です。私の臨床センスのなさからのヘリクツづいて
いるのもあるでしょうが、すみません。

 でも本当にこのHPのおかげで助かっています。最初は
全部自分で解説を作ろうとしていましたが、私にはどだい
無理なことに気づいて、途方にくれていたところでした。
 過去問の正答理解もすんなりできるようになり、勉強が
楽しくなりつつあります。

 実は私は卒業院の専攻の関係から、受験資格があるかどうか
わかりません。認定協会に問い合わせても「9月下旬の通知を
お待ちください」としか言われなくて・・・。
 でもいざ受験票が来てから勉強しても間に合わないので、
不安ながら、試験勉強だけはすすめようと思っています。
 どーか受けられますように!そして願わくは今年受かりますように!  
 

投稿: moomin | 2004.09.16 20:07

ようこさんへ
5-44)YGについて私がまとめたものです。少しでもお役にたつといいのですが。
YG性格検査                                 心理検査 まとめ-4
* 翻訳版ではなく、検査の内容も質問項目も矢田独自のもの
* 4種類(学童、中学、高校、一般用)
* 内的整合性に重きを置く。
* 実施時間が短く、実施法や整理法が簡単
*12の性格特性を測定する
  D:抑うつ性(Depression)陰気で悲観的な気分、罪悪感の強い性格
  C:回帰性傾向(Cyclic tendency)情緒不安定な性質
  I:劣等感(Inferiority feelings)自己を過小評価し、不適応感を持ちやすい性格
  N:神経質(Nervousness)神経質、心配性、イライラするなどの性質
  O:客観性欠如(Lack of objectivity)空想性と過敏症の性質
  Co:協調性欠如(lack of Cooperativeness)不満性と不信性の性質
  Ag:愛想の悪さ(lack of Agreeableness)不機嫌・攻撃的な性質
  G:一般的活動性(General activity)活発な性質
  R:のんきさ(Rhathymia)気軽な、のんきな、衝動的な性質
  T:思考的内向(Thinking introversion)思索的、反省的な性質
  A:支配性(Ascendance)社会的主導性の性質、その逆は服従性
  S:社会的内向(Social intorversion)社会的接触を避ける傾向。この逆は社会的外向
結果の整理
① 12尺度の粗店を出す。(訂正によって中を塗りつぶされた○印や△印は採点しない。)
② プロフィール欄に転記する。
③ 性格類型を判定するための系統値を出す。
A系統値:標準店3の枠内にプロットされた尺度の数で求める
B系統値:標準店4と5の枠内にプロットされた尺度の数で求める
C系統値:標準店1と2の枠内にプロットされた尺度の数で求める
D系統値:標準店1と2の上半分(D~Co)と標準店4と5の下半分(AG~S)
E系統値:CoとAgを境にして標準店4と5の上半分と標準店1と2の下半分
これらの系統値をもとに性格類型を出す。
結果の読み方
① A(Average Type:平均型)
  すべての性格特性に対して平均的で格別の特徴を示さないタイプ。積極的な自己表現を避けて?反応を多く示す人や矛盾する反応をする人もこのタイプを示しやすい。このため解釈は慎重に行う。
② B(Black list Type:情緒不安定、不適応、積極型)
  不安定性や衝動性が直接外部に現れやすい。非行型と呼ばれる。
③ C(Calm Type:情緒安定、適応、消極型)
  情緒派安定し社会的適応性もあるが、消極的で内向的。問題は起こさないが活動的でない。
④ D(Director Type:情緒安定、積極型)
  安定した精神生活を営み、社会性や主導性に富み、物事に積極的に取り組む理想的なタイプ。自分をよく見せようとする欲求の強い人や入社試験のような検査状況では反応歪曲(意識的・無意識的な)野結果としてこのタイプを表す場合もあるので注意が必要。
⑤ E(Eccentric Type:情緒不安定、消極型)
  不安定感や不適応感が内向し、くよくよと考えやすい。ノイローゼ型と呼ばれる。
* 準型や混合型は、どの尺度がどの方向に、典型から逸脱しているかを検討する。
6-4)これは、ひろみさんから教えていただきました。重積発作の表記はあっていますが、原因が違うそうです。
6-15)これもひろみさんに教えていただきました。「文化的差異をみとめなかうなる」が間違いだそうです。
11-12ーC)他者教示が間違い。言語的説得が、ここに入ります。
11-12-D)正しい。社会的学習理論では、行動、認知その他の個人的要因、環境要因に基づく三者の影響に基づく相互決定主義のモデルを提唱しています。

投稿: Sandy | 2004.09.16 11:22

やればやるほど疑問が出てくるのは何故でしょうか?以前気がつかなかったところへも目が行き届く余裕がでてきたのかなあ? だといいのですが・・・。質問です。どなたか教えてください。
①3-16)CPI,UPIとはどんな検査ですか?
②5-44-B)EPPSとはどんな検査ですか?
③5-23ーB)「1年未満ではなく、症状に拠って」ですよね。
④7ー59-E)ブリーフセラピーの提唱者はMannですが、遊戯療法を使ったブリーフセラピーの提唱者はだれでしょうか?
⑤7-64-C)と言ったのは誰でしょうか?Rogers?
⑥13-14-D)×ですが、では、こう言ったのは誰でしょうか?それとも文章の一部が間違っているのでしょうか?

投稿: Sandy | 2004.09.16 11:04

こんにちは、moominです。今年初受験なのですが、
このHPにはずいぶん助けられています。
 さて、過去問の中でいくつか質問があります。臨床の仕事に
就いているのに、心理療法の問題でわからないものが多く、
お恥ずかしいところですが・・・。

 11年度-59
 A.本児の障害は器質的な障害であるから・・・が×である理由について 
 この子が発達障害である可能性はこの時点では否定できるのでしょうか?
私は子育て支援の相談員をしていますが、
障害が考えられるならもちろん、障害よりも関わりの問題だと
感じても、まず最初は母の労をねぎらうことから入るケースも
ありますが・・・。

 11年度-2
 「相貌性知覚」と「アニミズム」とは、意味合いがちがうのでしょうか?

 15年度-61
 a、cが違う理由がすっきりしません。
 eが違うのは「現実適応」ではなく、「自己適応」だからですか?

 15年度-100
 B、Dが違う理由について。
 「サバイバーズ・ギルド」って??

 わかる方いらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

投稿: moomin | 2004.09.15 19:43

こんにちわ!私も今年受験で毎日悩んでおります。H12.13のロールシャッハがぜんぜん分からず悩んでいます。全くロールシャッハが分からず手が付きません。お願いです。解説を教えて下さい。よろしくお願いします。

投稿: いく | 2004.09.02 13:25

過去問で分からないところがあります。
教えてください。

(1)5-44
Y-G性格検査は内的整合性が高いというのは分かるのですが、ほとんど分からないので教えてください。

(2)6-4D
てんかん発作重積。
どの辺りが違っているのでしょうか?
(原因が違うのかな?)

(3)6-15b
「自己崩壊」
これも、どこが違っているのか分かりません。

(4)11-12c&d
それぞれ、どこが違うのでしょうか?

投稿: ようこ | 2004.08.27 22:30

しんじさんからの質問
質問箱の設置が遅れていたので、メールでいただいた質問です。しかし、質問箱を作りコメントをぶら下げようとしたら入力フォームが表示されないことに気づきました。すみません。m(__)m なんとか、設定しました。今後コメントをよろしく!

(質問)
H7の問15(No.1)A「前頭連合野とよばれる脳の部位は、遅延反応の遂行に重要な役割を演じている。」とありますが、遅延反応ってなんでしょうか?

投稿: ひろみ | 2004.03.05 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 質問箱-過去問について:

« 人物辞典 | トップページ | 更新できなくてすみません »