« 精神状態-強迫性障害、不安 | トップページ | 精神状態-統合失調症 »

精神状態-うつ

問題番号(年度-番号):3-24、5-25、5-92、7-22、10-28

※気分障害・・・①気分エピソード(うつ状態、躁状態、混合状態)を中心的な症状とする精神障害グループ。②大うつ病(うつ病)、双極性障害(躁うつ病)、気分変調症(抑うつ神経症)が代表的である。③女性に好発し、生涯有病率は10~25%。

●うつ病エピソード
①抑うつ気分(悲哀感または空虚感、ときに焦燥感)
②興味や喜びの減退、意欲の低下
③精神運動抑制、思考力、判断力の低下
④自分についての無価値感と罪責感(貧困妄想、心気妄想・・・身体のささいな不調にこだわり、ガンや心臓病といった重大な病気にかかっていると思いこむ、罪業妄想、虚無妄想)
⑤絶望と希死念慮
⑥睡眠障害、食欲、性欲の低下
●躁エピソード
気分の高揚、疲労感の消失、多弁多動、行為促迫、観念奔逸、注意の転動性亢進、注意散漫、自尊心の肥大、熱中、多食、睡眠時間減少
●混合性エピソード
躁、うつ両エピソードを併せ持つ。両者が急速に交代する場合もある。

●大うつ病(うつ病)
①うつ病エピソードのみを呈する気分障害
②青年期以後、女性が男性の2倍。有病率・・・成人女性5~9%、男性3%
③性格特徴・・・執着気質(下田)、メランコリー親和型(テレンバッハ)、循環型(クレッチマー)
まわりの評価に過敏、過度に神経質、失敗を恐れる、几帳面、心配性。責任感が強く仕事熱心、他人との関係をできる限り円満になるように気を配る。人に頼まれるとイヤと言えないタイプ。
④発病のきっかけとなる誘因として喪失体験がある

●双極性障害(躁うつ病)
複数のエピソードを反復する気分障害。

●治療は休養と投薬治療が中心。心理療法を適応する場合は、認知行動療法が有効である。支持的な対応は大事であるが、励ましは禁であるのが大原則。
うつ病としての精神症状が、身体症状(全身の倦怠感、頭痛、腹痛)によってマスクされている場合を仮面うつ病と呼ぶ。
思春期の場合、抑うつ感があっても簡単にうつ病とは診断できない。挫折や失敗、いじめなどによる抑うつ反応である場合もあるため。
産後うつ病(マタニティー・ブルースmaternity blues)は一般に産後2,3週間後に発症し、最低数ヶ月から1年にわたって症状が続く。

3-24
A→○・・・抑うつ気分は午前中に強く、夕方から夜にかけて軽快する
B→×・・・統合失調症の場合
C→×・・・統合失調症の妄想
D→○・・・不安抑うつによる不眠は早朝覚醒型であることが多い
E→○

5-25
a→○・・・躁病のみの発症は非常に少ない
b→○・・・躁エピソードより
c→×・・・睡眠障害はうつと躁との唯一の共通点
d→○
e→○

5-92
cが正解、励ますのは×

7-22
a→○・・・セロトニンのおかげで興奮したり、楽しい気分になれる。セロトニンが少なくなるとうつ病になるという説がある。セロトニンを増加させ、情報伝達を活発にするSSRIという薬が使用されることがある。
b→×・・・大うつ病の③より、「人づき合いを回避し孤立しやすい性格」の部分が間違い
c→○
d→○・・・大うつ病の④
e→○・・・うつエピソードの④

10-28
A→○・・・大うつ病の③
B→×・・・単極性うつ病に発病状況因が関与する症例が多い。喪失体験など。双極は器質
C→○
D→○・・・うつ病エピソードの①③⑥

|

« 精神状態-強迫性障害、不安 | トップページ | 精神状態-統合失調症 »

過去問の解説-精神状態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精神状態-うつ:

» うつ 状態 実態調査 @ 4人に1人 が うつ 状態! [ケンコウ 生活 @ ケンコウ 生活 女性 の ケンコウ]
中学生の4人に1人が「うつ状態」という調査結果を厚生労働省がまとめたというのを聞いて心配になりました。06年8月、静岡県内の公立中学校1校の1~3年生計566人が対象の調査だとは言え、一部の傾向とは言いきれませんね。質問は、「生きていても仕方ないと思...... [続きを読む]

受信: 2007.05.11 07:33

« 精神状態-強迫性障害、不安 | トップページ | 精神状態-統合失調症 »