« 諸連絡です | トップページ | 受験票が来ました!! »

薬物療法

薬は症状に対して処方されるので、こちらに分類しました
問題番号(年度-番号): 8-10,13-16B

●向精神薬・・・精神に働きかける薬
◎抗精神病薬(メジャートランキライザー)
 幻覚・妄想を軽くするなど、統合失調症、躁うつ病、老人痴呆にも有効

◎抗不安薬(マイナートランキライザー)
 抗不安作用(軽い安定剤)、神経症、心身症、自律神経失調症に有効

◎抗うつ薬
 感情調整薬、精神賦活薬、うつ病に有効
 抗コリン作用による副作用(口の渇き、便秘、目のかすみなど)
 SSRIでは副作用が少ない

◎抗躁薬
◎抗てんかん薬
◎睡眠薬

8-10
a・・・症状により使用料が決まる→×
b・・・薬をうまく使うことは重要→×
c・・・医師-患者関係によって薬の効き方が違う(関係が悪いと薬も効かない)→×
d・・・症状が消失してもすぐに薬をやめてはいけない→×
e・・・プラセボ効果とは偽薬でも効果が見られること→○

13-16B・・・パニック障害への薬物療法
→×・・・症状によってはメジャートランキライザーや抗うつ剤も投与

|

« 諸連絡です | トップページ | 受験票が来ました!! »

過去問の解説-精神状態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬物療法:

« 諸連絡です | トップページ | 受験票が来ました!! »