« 精神状態-PTSD | トップページ | 過去問分類-心理学の基礎 »

2004.09.20

Sandyさんです

ひろみさん、そして、皆さん、こんにちは。Sandyです。これまでは質問を書き込んだり、わかる範囲で情報を書き込んだりするだけでしたが、今日は交流の場にお邪魔してみました。このHPも試験間近になって仲間の環がどんどん大きくなっていますね。私もどれだけこのホームページに助けられたか。それに、家庭を持って頑張っていらっしゃる方が多くて、それに勇気付けられています。

私は、47歳で思い立って6歳(当時1年生)の息子を連れてアメリカにカウンセリング心理学を学びに二人で行きました。その後、海外で生活していたので、臨床経験が積めず、やっと、受験資格が発生しました。アメリカにいたとき、「大学の卒論でもこんなに勉強しなかったぞ。これまでの人生で一番勉強している。これから先、こんなに勉強することはないだろう」なんて思っていたのに、今回、そのときと同じくらい必死で勉強してきました(スタートがちょっと遅かった。過去問を始めたのは6月です。)それに英語で勉強したものを日本語に置き換えて覚える作業が余分です(特に統計。日本語が外国語に思えます。)そして、やればやるほど覚えなければならないことが出てきて、いささか嫌になってしまって、9月に入ってここ1、2週間くらい、緊張の糸が切れたのか、一番の追い込みの今、なんだか毎日だらけています。もう一度読み直したい本もまだあるのに・・・。

そんな今日、「かりんさんの5割解けれれば・・・」を見てちょっと気持ちが楽になりました。これまでも、「5割解ければ大丈夫。7割くらいが合格」とは先輩から聞いてはいたのですが、自分が残りの3割に入りそうで、なんだか心配で・・・。でも、そうですよね。百科事典じゃあるまいし、心理学総ての知識を詰め込もうなんて、無理ですよね。これからは、ちょっと気持ちを楽に持って、これまでの勉強を眺める感じですすめよう!という気になりました。(でも、若くてファイトと体力のある方は、ラストスパート頑張ってくださいね。)
でも、統計はやっぱり、もう少し頑張らないといけないかも・・・。
では、これからもよろしく!!!

|

« 精神状態-PTSD | トップページ | 過去問分類-心理学の基礎 »

交流の場」カテゴリの記事

コメント

Sandyさん、交流の場へようこそ。
新規記事としてコピー&ペーストさせていただきました。

ストレートの人ばかりじゃないんですね~、て思います。私も社会人大学院生です。でも、この勉強部屋が立場の違うものどうしが出会える場になってうれしいです。それぞれにいろんなものを抱えて、制約のある中で、同じ目標に向かって勉強していることがわかりました。すごく勇気がもらえました。あと、3週間、悔いのないようにがんばりましょう!

統計は出題が減っているとか。相関係数とか信頼性や妥当性の問題難しいので、最初はなんのこっちゃと思います。でも問われているのはごくごく表面的なことです。ポイントを押さえれば成果率あがりますよ。統計はたしか全問解説したと思いますので、カテゴリーから「過去問解説-統計」でチェックしてみてください。

これからもよろしくお願いします。

投稿: ひろみ | 2004.09.20 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sandyさんです:

« 精神状態-PTSD | トップページ | 過去問分類-心理学の基礎 »