« 直前確認-ロールシャッハ・テスト | トップページ | 直前確認-心理査定(2) »

2004.10.06

直前確認-心理査定(1)

クイズ形式にしました。全部で25問あります。
●ウェクスラー
●MMPI
●Y-G性格検査
●内田クレペリン精神作業検査

●ウェクスラー
1.偏差IQを求める式は?(5-31,10-39B)
2.WAIS-Rの言語性下位検査は?(4-26)
3.WAIS-Rの動作性の下位検査は?(4-26)
4.WAIS-Rの適用年齢?
5.WISC-Ⅲの適用年齢?
6.WISC-R→WISCⅢで変わった点?(13-37,15-39)
7.WISC-Ⅲの動作性下位検査?
8.一般知能を表す下位検査は?(9-47D)
9.不安が高い場合に点数が低下する下位検査は?(9-47C)
10.加齢によって点数が低下する下位検査、低下しない下位検査を2つずつ

※こたえ※
1.IQ=(M-X)/SD×15+100
 X・・・個人が属する年齢集団の平均点、M・・・個人得点、SD・・・標準偏差
2.知識、単語、理解、類似、算数、数唱
3.絵画完成、絵画配列、積木模様、組合せ、符号
4.16~74歳
5.6~16歳11ヶ月
6.実施方法、新たに「記号探し」が加わった
7.絵画完成、絵画配列、積木模様、組合せ、符号、迷路、記号探し
8.類似、積木模様
9.数唱、符号
10.低下・・・数唱(短期記憶)、計算(作業記憶)  低下しない・・・知識、単語

●MMPI
11.臨床の第2尺度は何?(8-40D)
12.臨床の第7尺度は?(9-48C)
13.臨床の第9尺度は?(8-40C)
14.右上がりのプロフィールはどのような傾向を示すか?(8-40B)
15.右下がりのプロフィールはどのような傾向?(8-40B)
16.F尺度とは?(9-48D)

※こたえ※
11.D:抑うつ・・・ただし性格特性としての抑うつではなく、状態
12.Pt:神経衰弱性・・・不安が高いと高くなる
13.Ma:軽躁性・・・精神的な活動性
14.精神病群
15.神経症群
16.妥当性尺度の妥当性得点・・・注意力の欠如、文章をよく読まずに回答、以前は80以上だと臨床解釈を差し控えたが、今は高得点でも解釈を行う

●Y-G性格検査
17.5類型のA型とは?
18.B型とは?
19.C型とは?
20.D型とは?
21.E型とは?
22.性格尺度数は? それが何因子に分類されている(10-42c)

※こたえ※
17.A型:平均型・・・情緒安定平均、社会適応平均、外向性、内向性も平均
18.B型:右より型、ブラックリストタイプ・・・情緒不安定、社会不適応、外向的
19.C型:左より型・・・情緒安定、社会適応、内向的
20.D型:右下がり型・・・情緒安定、社会適応、外向的
21.E型:右上がり型・・・情緒不安定、社会不適応、内向的
22.12尺度、6因子(情緒安定性、社会適応性、活動性、衝動性、非内省性、主導性)

●内田クレペリン精神作業検査
23.検査手順は?(7-55C、11-43C)
24.定型曲線の特徴は?
25.作業曲線に影響を及ぼす精神機能の働き5つは?(11-43D)

※こたえ※
23.15分加算作業、5分休憩、15分作業
24.前期・・・2分目で急激に低下、6~10分目から再び増加、15分目は1分目に次ぐ作業量(終末努力)
後期・・・右下がり、終末努力なし、後期の1行目は最高位、前期作業量よりも全体的に増加
25.意志緊張、興奮、慣熟、練習効果、疲労

|

« 直前確認-ロールシャッハ・テスト | トップページ | 直前確認-心理査定(2) »

過去問の解説-心理査定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直前確認-心理査定(1):

« 直前確認-ロールシャッハ・テスト | トップページ | 直前確認-心理査定(2) »