« お詫び申し上げます | トップページ | H16問題-事例問題 »

2004.10.24

今朝の続きです

まだ結果が届かない方もいらっしゃる中、ごたごたを起こしてしまって申し訳ありません。
早く決着させて次にすすみたいと思いますので、私からお伝えしたいことを書かせていただきます。
気持ちが落ち着かない方は読まないで無視してくださいね。

昨晩、私は残念な結果に終わった方へのメッセージを書きました。それは、その方たちの努力とやる気を問う厳しい内容でした。
それにつきまして、すぐに複数の方から、落ち込んでいるところにさらに心をえぐる内容である、また、厳しさを求められるみたいでしんどい、といったコメントをいただきました。
私の真意はこれから説明させていただきますが、そのように不快な感情を誘発する発言を留めておくのは不適切であると判断し、今朝になって削除した次第です。

発言を削除しても、私が言ったことは消えないし、傷ついた気持ちがもとにもどらないことも承知しています。少しずつでも気持ちを伝えあって、わかりあえる部分ができればいいなぁと思います。だから、できたらここから去らないで、何かの形で関わり続けていただきたいと思っています。

他人の努力とやる気を問うなんて、私はとても僭越だったと反省しています。大きなお世話ですね。
私の立場にしても、自分が望んでいた結果を得られたのなら、他の人にもうかまう必要はないのです。石のスープをみんなでいただいて、鍋がカラになったら、このサイトも閉じればそれでいいのです。
でも、今の私はそれをするつもりはありません。今まで一緒にがんばってきた人が、来年もう一度がんばろうとされているのに、知らん顔はできません。私が一番助けてもらいました。そのお返しの意味でも、これからもずっと応援をしていきたいです。

そのとき私は、残念な結果について、それとなく話題にするのを避けたり、口先だけの慰めの言葉を言うということを選びませんでした。あえて厳しいことを書きました。
自分としては、それが私からの正直なエールであり、それをしないと、私は次に進めなかったのです。でも、確かに性急にすぎたと思います。本当に申し訳ありませんでした。

それから、私の発言に関して、それがそのまま私の臨床の姿勢であるように受けとめられたことは、やや不本意です。自分でもよく考えてみるつもりでいますが、そのままイコールではないと思います。

努力とは、目標の向かって地道に一歩ずつ近づいていくことだと思っています。自分のペースで続けることです。しんどくなったら休んで、好きなだけ休んで、また歩き始めるのです。(そのときはすごく速く走れるものですが)
でも、目標を見失っていたら、進む方向がわからなくなります。だから、決してあせる必要はないですが、気持ちを強く持つことは、一番大切だと思います。「強く願うこと」そして「願い続けること」、これが夢を実現するために唯一必要なことだと、日頃から思っているひろみです。

|

« お詫び申し上げます | トップページ | H16問題-事例問題 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

みなさん、たくさんのコメントをありがとうございました。

私自身がまいた種なのに、落ち込んでいました。失敗だらけの人生です。こんな私を理解し受け入れてくださって、ありがとうございます。

でも私はねばり強いし、あきらめないし、途中で投げ出さない性格です。このサイトを閉じようとは一度も考えませんでした。

だからこれからもよろしくお願いします。

投稿: ひろみ | 2004.10.26 01:16

ひろみさん.はじめまして.
試験前にはとてもお世話になりました.
みなさん色々なコメント寄せられていますが,私の考えを述べさせてください.
私は今回の試験不合格でした.
しかし,ひろみさんのコメントを読んで本当に辛かったけど(今なら違う見解が見えるかも)少なくとも他責的な方面に私が行くのを救ってくれました(試験のせいにする.修論のせいにするetc)
今は来年に向けて何とか立ち直ることが出来ました.
私の指導教員にもひろみさんと同じようなことを言われました.だから確かにタイミングが悪かったかもしれませんが間違ったことは言っていないと思います.

私もこれから来年に向けて頑張りますが,ここで受かった人,落ちた人がそれぞれ助け合って,受かったからいいやっていう姿勢ではなく,一緒にやっていけたらなって思います.
そのための姿勢をひろみさんに見せていただきました.
私もまた一年お世話になります.
よろしくお願いします.

投稿: うしゃ | 2004.10.25 23:33

ひろみさんの姿勢やコメントされたみなさんの様子を拝見し、
一つのでき事にちゃんと立ち向かっていてすごいなと思いました。

今回のことは、もしかしたら臨床場面で問われるような、
「解釈」のタイミングの問題を反映しているかもしれないと感じました。

ひろみさんの言葉が、「いつ」、「誰に対して」、「どのように」
向けられたのかということによって、
受け取る側の印象が違うのだと思います。

例えば、私が不合格だった場合、あの記事はすごく厳しいものだったと思います。
落ち込むだろうし、イライラもするかもしれません。
でも、自分の気持ちがある程度整理された後に言われたなら、
それほど落ち込みやイライラは強くないかもしれません。
言い回しがもう少しマイルドだった場合も同様で、
ダメージは少なくてすむかもしれません。

ただし、いずれの場合でも、私はいつかあの記事の内容を受け入れて、
自分を振り返って反省しただろうと思います。
それは、私がひろみさんと一緒に頑張ってきたからだし、
ひろみさんへの信頼もあるからです。

もしも信頼関係がなかった場合には、
やはりあの記事はきつかっただろうし、
立ち直ることもできなかったかもしれません。

私も似たようなことを言ってしまった経験があるし、
言われた経験もあります。

言ってしまった時には痛烈な批判を受けました。
すごくショックでした。
ただし、最終的に前向きな意見を出したのは、
その出来事に対して真剣にやってきた人達でした。

言われた時には、これもまたかなりショックでした。
試験前だったのに勉強も手に付かないくらいでした。
でも、悩む中で自分を振り返り、最終的には受け入れることができました。
あの言葉は私にとって必要な言葉でした。
その出来事によって私は成長できたと思います。
それは、言った相手との信頼関係、言われたタイミング、
言われ方、私の意志が上手い具合に噛み合ったからだと思います。
そうでなければ辛いままだったと思うし、その人から離れてしまったかもしれません。

このように、ひとつの出来事でも、本当に奥が深いんだなーと思いました。(考え過ぎ?)

私はこれからも勉強部屋に顔を出したいです。
末永くよろしくお願いします。

投稿: ようこ | 2004.10.25 19:46

ひろみさん、みなさん、私が、来年に向け16年の問題アップをダウンロードしてノートの整理をしている間に、ここでは侃々諤々こんなに多くの意見が寄せられていたのですね。

記事の受け止め方は人それぞれと思うので、それはそれとして、私は私の受け止め方を少し書かせていただきます。
ひろみさんの「今まで一緒にがんばってきた人が、来年もう一度がんばろうとされているのに、知らん顔はできません。私が一番助けてもらいました。そのお返しの意味でも、これからもずっと応援をしていきたいです」という文章に、ひろみさんの姿勢と思いがはっきり出ていると思います。削除された記事は確かに厳しい言葉だったかもしれませんが、私は「みんなで同じ目標に向かって助け合って頑張ってきた仲間へのひろみさんからの熱いエール」と受け取りました。

私は不合格でした。試験に落ちることは本当に辛いことです。これまで試験は”得意”(!)だったので、本当のところショックでした。確かにへこみました。悔しくて涙も出ました。ウダウダしていました。ノートを見るのも嫌だけど、気持ちは落ち着かない・・・。でも、ひろみさんの削除記事の「何が足りなかったか・・・」が私の背中を押してくれました。で、「そう、やっぱり、そこから始めるしかない」と思い、16年の問題のチェックを始めました。今年うまくいかなかった私の第一歩です。

試験は受かるか落ちるかどちらかです。それが現実です。要は、そこからどうやって早く立ち上がるかではないでしょうか?私の場合は他者の厳しい一言が必要だったようです。私はひろみさんの記事で傷つきはしませんでしたが、”発奮”しました。そして、「これからも応援していきます」というひろみさんの言葉を信じて、この書き込みの後もノート整理をし、自分の弱点を考えてみようと思っています。

このHPで一緒に勉強してきた皆さん、気持ちの整理がついたら、元気を出してまた一緒に進みましょう。そのためには、この勉強部屋がなくっちゃね! ボチボチ歩きながら待っています。                      Sandy

投稿: Sandy | 2004.10.25 13:10

おはようございます。

私は、この部屋を知ったのは院試の直前だったですが、
すごく勇気づけられました。
それまで一人で孤独に勉強してきたので、
10月に入ってから臨試をめざす
ひろみさん始め、いっぱいの人に精神的な支えをいただきました。

ひろみさんのこないだの投稿は、
確かに、ちょっとキビシーかな、と思ったところもありますが、
それ以上に精神的支えになってくれている
この部屋に感謝したい気持ちはかわりません。

母性原理、父性原理、いろいろあるでしょうが、
ひろみ原理には勇気づけられました。

投稿: しーちゃん | 2004.10.25 08:43

一次試験合格した人、おめでとうございます。
残念な結果だった人、来年もある!
このHPを立ち上げて下さったひろみさんに感謝したいと思います。
多くの情報、勉強内容、これだけ親切なHPはないです。

ここでひろみさんを必要以上に責めることにどんな意味があるのかわかりませんが、少なくともひろみさんのHPがなかったらと考えて見ませんか。
私は上記の文章を見て、ひろみさんの思いやりと反省の念を理解しました。
気を悪くした人もいることは理解できますが、ひろみさんの失敗(?)も許してあげましょうよ。
(それ以上にお世話になってきたではありませんか。)

心にゆとりがないと、きつくなります。
おおらかな心でひろみさんを許し、感謝するなら、私達も癒されると思いませんか。

生意気ですみません。

投稿: ななし | 2004.10.25 02:33

一患者さん、星の花さん、有明ワシントンホテルさん、コメントありがとうございます。

お騒がせして申し訳ありません。

星の花さんからのコメント、うれしくて涙がでました。ありがとうございます。でも、どうしても看過できない部分があり、私の判断で削除させていただきました。申し訳ありませんが、ご了承ください。

今年の試験につていは、私も怒っています。同意見です。
これからもよろしくお願いします。


有明ワシントンホテルさん、残念でした。頼りない管理人のフォローをありがとうございます。ぴかさんのコメントもありました。よかったらこれからもこちらで一緒に勉強してください。よろしくお願いします。

一患者さん、真摯なご意見ありがとうございます。しっかり受けとめて考えていきます。これからも気付かれたとはなんでも教えてください。よろしくお願いします。

発言の削除は人を「傷つける」という心配があるのでやむを得なかったです。そしてみなさんのコメントは残したかったのですが、このBlogというのは、掲示板と違い、記事とコメントはセットになっているのです。コメントだけを残すことができませんでした。
でも、私のところにはテキスト文章として自分の発言といただいたコメントを保存しています。消してしまったわけではないのですよ。

一患者さんは、努力するということに関して、何かしんどさを感じていらっしゃるのかもしれないと思い、この記事の最後の部分を書きました。全く当てはずれだったらごめんなさい。努力とは、ときにはしんどいですが、でも、自分で選んで、目的のために楽しんでできるものだと私は思っています。

投稿: ひろみ | 2004.10.25 00:57

僕も不合格でした。ひろみさんが、どう書こうがここはひろみさんのサイトなんだから、いいじゃないですか。僕は、誰が何言おうと、冷静に対処することも必要だと思いますよ。

ひろみさんが、皆さんにされてきたこと>昨夜の書き込み

と言うわけで、これまで色々とお世話になって、そんなに言わなくても・・・と、感じました。
僕は、ここで色々とお世話になって、多くのことを得ました。だから、感謝しています。

ここでは、そういったこと、あんまし言うところではないので、もう、この辺でチャンチャンと終わりにしませんか。

投稿: 有明ワシントンホテル | 2004.10.25 00:19

ひろみさん
初めて書き込みします。
このホームページには本当に助けられました。
一次試験の一週間前にここの存在を見つけた時には、
世の中にはこんな奇特な方がいるんだと、
信じてもいない神様にやたら感謝して、
全部目を通して、直前まで、覚えていました。

それまでも自分なりに、この試験に対する対策を
考えて、試行錯誤してきましたが、
私が苦労して到達した勉強法と貴方のアドバイスは、
ほとんどエッセンスが同じでした。
信頼できる情報、貴方の膨大な努力、正直さ
人として、感心し、感謝しています。

落ちてしまった人への発言で謝罪しておられますが、
私は、その必要はないと思います。
それだけ、貴方がこのホームページでつながる人たちに
一緒に合格してほしいと言う気持ちを強く持っていた
のでしょうし、その人達の合否にどこか責任すら感じていた
ところがあったのかもしれません。
それで厳しい言葉になったのだと私は感じました。
いずれにせよ、貴方の誠実な人柄の現れで、
それはそれでよかったんじゃないでしょうか。
「共感より、直面化が、時に難しいことがある」
そんな感じの問題があったような。。


(余談ですが
試験が終わった後、私は自分が落ちたと思いました。
これまでの努力は、なんだったのかと腹が立ちました。
出題者の専門にあまりにマニアックであったり、
作者の意図しだいでどうにでもよめる不適切な表現がある
など、出題者の常識性を疑うような問題が多くありました。
コンピューターで統計などすぐに出せるのですから、
毎年、問題の妥当性をアセスして、出題者にフィードバック
するべきです。いたずらに難易度を上げて
(良問ならまだ意味があるのですが)カットオフを低くする
というやり方は、適切に実力は評価されずに、
確率つまり運に左右されるテストになってしまいます。)


それはそれとして
世の中の不合理と向き合うこの仕事
不快なものでも、肥やしにして、
治療の道具としての自分を育んでいくしかないのかも。

投稿: 星の花 | 2004.10.25 00:12

>私の立場にしても、自分が望んでいた結果を得られたのなら、
>他の人にもうかまう必要はないのです。石のスープをみんな
>でいただいて、鍋がカラになったら、このサイトも閉じれば
>それでいいのです。

しつこいかも知れませんが、上記のような発想が出てくること
自体が疑問です。
やはり、自分本意な面は自分が気付かない場面で度々でてくる
ものです。
臨床の場であなたが意識しなかったとしても、「無意識」に
やられたことに関してあなたは気付かないでしょう。

また記事やコメントを削除する自由はあなたにありますが、
関係者のために数日間は残しておかれてもよかったのではないかな?と
思っています。

やはりあなたには臨床の場に立つということがどういうことなのか?
もう一度考えていただきたいです。
厳しいかも知れませんが、一患者からのお願いです。

投稿: 一患者 | 2004.10.24 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今朝の続きです:

« お詫び申し上げます | トップページ | H16問題-事例問題 »