« 心理療法-交流分析 | トップページ | 過去問分類-心理療法 »

2004.10.03

sharonさんからの質問04.10.03

そうか・・・1週間後の今の時刻は試験始まっているんですね・・・どうなることやら・・・

9-91についてのご質問です。
これは、実は大学で事例問題を先生に解説してもらう勉強会(私は不参加)で取り上げました。(^_-)v
シデちゃんからもらったレジメをもとにお答えします。

判断材料・・・ほとんど応答の得られない精神障害者である
→カウンセリングはできない。カウンセリングをしてもプラスにならない。やめるという判断はよい。

A→○・・・カウンセリングどころではないので。終了するのは問題なし。精神科医ならやめないで、抗うつ剤の点滴や電気治療をするかもしれない。
B→×・・・昏迷状態ではいくら観察してもそのまま。(亜昏迷状態のときはカウンセリングにまわされることあり)
C→○・・・「うつ状態と理解」は微妙! しかし急性期にサイコセラピーしてはいけない
D→○・・・ううう、先生の解説がありません・・・Bとやや矛盾を感じますが、昏迷状態の行動観察は無意味、でもそうではない場合はしばらく待つことが必要?

Bの補足:
※昏迷状態を引き起こす要因
①統合失調症
②うつ病性昏迷
③ヒステリー性昏迷・・・Coがそばにいてカウンセリング的接近をすると効果がある可能性あり

|

« 心理療法-交流分析 | トップページ | 過去問分類-心理療法 »

質問箱」カテゴリの記事

コメント

なるほど、そうなんですか。カウンセリングを「やめる」というのは、この回を終了するだけでなく、カウンセリングという関わり自体をやめちゃうってことですね。プラスがないということは、そう理解してもいいのでしょうね。 そうなるとやはりBとDとの齟齬が気になりますが、でもDの場合は「昆迷状態」と考えているわけではないので、これでいいのかもしれませんね。微妙な疑問を残しつつですが、納得です。m(_ _)mありがとうございました。さっそく仲間に報告しまーす。

投稿: sharon | 2004.10.03 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sharonさんからの質問04.10.03:

« 心理療法-交流分析 | トップページ | 過去問分類-心理療法 »