« スリーパー効果(2) | トップページ | セルフ・モニタリング »

2004.11.30

態度(要素)

昨日アップした「スリーパー効果」についての問題、選択肢を書き忘れていました。ごめんなさい。さきほど訂正しました。ご確認ください。

今日は態度の要素とそれに関連した問題です。これで「態度」に関する用語解説を終わります。

態度は、認知・感情・行動の3つの要素からなる。認知的要素は態度対象に対する知識、信念などを含む。感情的要素は交感神経系の反応や「好き-嫌い」といった感情の言語表現であり、行動的要素はその対象に対する接近性や回避傾向である。次の( A )~( C )はそれぞれの要素に対応する。
( A )は集団に所属する人の特性に対する信念であり、( B )は( A )に基づいて形成される否定的感情であり、( C )は( B )の対象となる人々に不利な扱いをすることである。
     A         B     C
1.ステレオタイプ   偏見    差別
2.ステレオタイプ   差別    偏見
3.ステレオタイプ   抵抗    攻撃
4.スクリプト      攻撃    抵抗
5.スクリプト      抵抗    攻撃

解答: 1
A→認知、B→感情、C→行動、ですね!

|

« スリーパー効果(2) | トップページ | セルフ・モニタリング »

心理学用語-社会心理学「態度」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 態度(要素):

« スリーパー効果(2) | トップページ | セルフ・モニタリング »