« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

インターネットが使えなくなりましたm(_ _)m

昨日まだいけるとお伝えしたのに、その直後から通信の回線が使用不能になってしまいました。携帯からのアップです。お約束の用語解説もできなくなりました。ごめんなさい。m(_ _)m

復旧は年末ぎりぎりになります。ということで、年内の勉強は突然ですが終了します。また来年もよろしくお願いします。

25日から北海道にスキーに行きます。旅日記を「別室」にアップしますので、お時間のある方はご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会的手抜き

インターネットできるようなので、用語解説24日まで続けます。
ランキングの応援、ありがとうございます。(T_T)

集団で課題を実行する場面では、ひとりのときよりも作業量が減少すること。

続きを読む "社会的手抜き"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

お礼と諸連絡です

今年も残りわずかになりました。いつも「ひろみの勉強部屋」をお引き立ていただきまして、ありがとうございます。
最近はランキングも気にせずおりますが、どこまでも落ちていくかなぁと思ったら、持ち直しています。みなさんの応援をほんとうにうれしく感じます。励みになります。ありがとうございます。

社会心理学に関して、心理学用語のアップを続けてきましたが、年内で終了します。といいますか、あと1~2回で終わります。事情が2つほどあります。

続きを読む "お礼と諸連絡です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基本的な帰属のエラー

他者の行動の原因を、その人の性格や態度といった内的属性に過度に帰属させてしまう傾向のこと。

続きを読む "基本的な帰属のエラー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傍観者効果

緊急時における援助介入が抑制される要因のひとつで、援助可能な他者の数が多いほど個人は援助を控えてしまうという逆説的な効果のこと。Darley, J. M. とLatane, B. によって報告された。

続きを読む "傍観者効果"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権威への服従

Milgram, S. によるアイヒマン実験

続きを読む "権威への服従"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンチをチャンスに!

昨日、大学で2次試験で不合格になった友だちと話しました。すごく前向きに受けとめようとしている姿に、辛くてまた泣きそうになりました。でも、来年がんばられる方の励みになるかもしれないと思います。みなさんにお伝えします。

続きを読む "ピンチをチャンスに!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

社会的スキーマ

外界の情報を効率よく処理したり、その情報に基づいて認知的な処理を行う際の枠組みとなる体制化された知識。
このうち社会的事象や人などに関するものが社会的スキーマという。

続きを読む "社会的スキーマ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうさぎのコムです

昨日この「勉強部屋」にこうさぎのコムが来ました。みなさんと一緒に勉強するので、かわいがってください。
記事を読んで覚えた言葉をお話するので、クリックしてみてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自己知覚理論

Bem, D. J. によって提唱された、自己知覚が他者知覚と同様のプロセスを持っているとする理論。
帰属理論との関連。

続きを読む "自己知覚理論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分散分析モデル

昨日の帰属理論はH16問題で出題されていました。もうちょっと詳しくやっておきましょう!
Kelley, H. H. の分散分析モデル、基礎となったのは共変原理

いくつかの原因候補のうち、結果とともに変化するもの、つまり結果が起こったときには存在し、結果が起こらなかったときには存在しないような要因に、原因が帰属される

続きを読む "分散分析モデル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰属理論

自己や他者の行動やできごとについて、その原因を推論し、そこから自己や他者、事物の特性に関する知識を得る。こうした帰属過程に関する理論を総称して帰属理論とよぶ。

続きを読む "帰属理論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステレオタイプ

「女性は機会が苦手」「教師はまじめ」など、ある特定のカテゴリに含まれる人々が共通にある特徴を持っているとする、その文化や社会に共有される信念のこと。

続きを読む "ステレオタイプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピグマリオン効果

ごめんなさい。m(__)m くたびれて、難しい言葉が頭に入りません。理解できているところからアップします。

人に対して抱いた期待が後に成就するように機能したしまう効果のこと。

続きを読む "ピグマリオン効果"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

愛他的行動

「社会的影響」はまとめにくいので、次にいきます~。

他者に利益をもたらす自発的な行動全般をさして向社会的行動とよぶ。たとえば「自然災害に見舞われた人々への募金」という行動はこれにあたる。
このとき、困っている人のたいへんさを思い、助けたいとみずから思って募金をすれば、それは愛他的行動である。

続きを読む "愛他的行動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタートラインと銀河鉄道の夜

メンテナンスから一夜明けました~。ひとみさん、コメントありがとう&オメデトウございます。5万円高いですね。でも、こういのをうれしい悲鳴というのでしょう。
心理学用語をアップしてから、検索機能を貼り付けました。でも、あきません。ココログ全部からの検索になります。しかも最新記事のみ。今、サイト内で、最新記事以外からも検索できる方法を問い合わせ中です。

みどりさんが書いてくださった「スタートラインにたった」について、私が思うことを書かせてください。

私はのこのこさんのことを思っています。臨床心理士にこだわってしまう、その気持ちわかっていると私は思います。のこのこさん、すごくがんばって大学院まで入られたんですから、だからもうひとがんばりしましょう。私は仕事を休んで、ん百万円の年収を2年分棒に振って、家族にも迷惑かけて、わがままして合格できただけです。だから、のこのこさんがそうできない状況を抱えて、しんどい思いをされているのに対して、申し訳ない気持ちがします。昨日不合格がわかった仲間も、仕事をかかえながらの勉強でした。のこのこさんと同じです。
それまでしないと取れない資格ってなんだろうと思います。でも、どうしても欲しかったから、一番短い期間で取れるように、私はわかがまますることを選んだんです。

私は新刊本の中で、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」について少し書いています。私は臨床心理士資格は、ジョバンニが持っていた、銀河鉄道をどこまでも行ける通行券のようなものだと思っています。

続きを読む "スタートラインと銀河鉄道の夜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同調行動

集団の中で斉一化された行動様式や考え方=集団標準
集団の成員が集団標準を受け入れるように働く心理的な圧力=集団圧
集団圧を感じることにより、その行動や信念が集団の基準に一致した方向へ変化すること=同調

Asch, S. E. の実験

続きを読む "同調行動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素直によろこべない訳

毎日、すこしずつ年末の大掃除をしているので、PCに向かったのは10時過ぎでした。いつものように心理学用語をアップしようとしたら・・・メンテナンスのため午後6時まで使用不可でした。
合格通知が届く、この大切なときに! と思いましたが、いかんともしがたく、ご不自由をおかけしました。
使えるようになったら、テンプレートが増えていたので、さっそく模様替えをしました。ちゃっかりしているσ(^^;)です。

合格したみなさん、おめでとうございます。それぞれの努力のたまものです。
「ほっとした」というのをみなさん書いていましたね。ほんと、そうです。1ヶ月の宙ぶらりんは長かったです。どっちにしても早く結果を知りたかったです。
みどりさん、「ようやくスタートラインに立てた気分」、すばらしい言葉をありがとうございます。これについては思うことがあるのですが、明日にします。

実は、大学の同期の仲間で不合格が出て、それでショックを受けています。

続きを読む "素直によろこべない訳"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

結果が届きました

封筒は、厚くはないですが、固いものが入っているのがわかりました。登録カードと認定証交付の手続き票でした。
合格通知も入っていました。ほっとしました。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

心理学WebRing について

昨日ようやくバナーの貼り方がわかりました。
広告も貼ったので、よかったらクリックしてください。(私に少しだけ広告料が入ります)
リンクの一番下に「心理学WebRing」のバナーを貼りました。これは心理学系サイトのリンクです。Backをクリックすると私の前の登録サイトへ、Nextをクリックすると次のサイトへ、Randomだと、他の登録サイトにランダムにジャンプします。バナーをクリックすると「心理学WebRing」のトップにジャンプして、登録サイトの一覧を見ることができます。
いっぱいあるので、何か参考になるものがあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己過程その他

一日一語を目標にしてきましたが、自己過程は多すぎて、また難しすぎます。社会心理学関係はできれば年内に終了したいので、明日から次の項目に移ります。今日は残ってしまった用語のみを上げておきます。種本は「しけしん社会心理学編」です。もっと勉強したい方は「しけしん」を読んでください。m(__)m

続きを読む "自己過程その他"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨床心理士会からの案内

かりんさんからコメントをいただきました。臨床心理士会から入会案内が届いたそうです。
これは合格したということです! 昨年合格された先輩にも合格通知の前に届いたそうです。「なんで合格する前に!?」と怒っていたら、合格していました。どうも臨床心理士会に先に連絡がいくようです。
これはとても変な話です! こんなことあっていいんかい!と思います。でも、早くわかってよかったですね。
他の方も同じような情報があれば、こちらにコメントしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

社会的比較理論

Festinger, L. が唱えた自己評価の原理に関する理論。
人は複雑な社会環境を適応的に生きていくために、自分の意見や能力を正しく評価したいという動機があり、そのために自分と意見や能力が類似した他者との比較を行う。

続きを読む "社会的比較理論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフ・ハンディキャッピング

自分の何らかの特性が評価の対象となる可能性があり、かつ、そこで高い評価を受けられるという確信が持てない場合に、遂行を妨害するようなハンディキャップがあることを他者に主張する方策。自己高揚動機に基づいた自尊心維持の方略の一つ。

続きを読む "セルフ・ハンディキャッピング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しーちゃんさんからの質問です

心理臨床大事典(改訂版)の第5部「精神医学」の項で実川幹朗さんが書いている部分のP.820で手技療法のことが書いてありますが、実川さんはどんな「手技」のことを言っているかどなたかご存知ですか?
マッサージとか気とかに似ていると表現していますが、そのものではなさそうです。

私は全く不案内です。どなたか回答をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己高揚動機

自己に関する肯定的なフィードバックを得ようとするものであり、否定的経験に触発される自己防衛衝動と、自己についての肯定的感情を得ようとする動因の双方が含まれる。(国ⅠH12より)

続きを読む "自己高揚動機"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自己評価維持モデル

Tesser, A.
人は肯定的な自己評価を維持しようと動機づけられる、という基本仮定に立って、個人がいかに自己評価を維持、高揚させようとするかを扱うもの。

続きを読む "自己評価維持モデル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己開示

自分自身に関する情報を、自分の意思のもとに特定の他者に対して言語的に伝達すること。

続きを読む "自己開示"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自己呈示

自分にとっての望ましい印象を他者に与えるためのふるまい。自己の情報を他者に伝達するという側面では自己開示と類似しているが、自己呈示は自己の情報を「見せる」ばかりでなく、「見せない」ことも含めて自己に関するイメージを統制しようとする点を特徴とする。

続きを読む "自己呈示"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これからもよろしくお願いします

とうとうランキングが2位になってしまいました。
まあ、こういう日もいつか来ると思っていました。ランキングに関係なく、これからも今まで通り、粘り強く、根気よく、地道に、本当に役に立つサイトを目指して続けていきます。よろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

セルフ・モニタリング

今日から「自己過程」についての用語に移ります。セルフ・モニタリングから。

Snyder, M. が提出した概念。自己呈示や自己表出行動が社会的に適切かどうかを状況や他者の行動に基づいて観察し、自己の行動をモニターすること。

続きを読む "セルフ・モニタリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »