« 社会的スキーマ | トップページ | 権威への服従 »

2004.12.17

ピンチをチャンスに!

昨日、大学で2次試験で不合格になった友だちと話しました。すごく前向きに受けとめようとしている姿に、辛くてまた泣きそうになりました。でも、来年がんばられる方の励みになるかもしれないと思います。みなさんにお伝えします。

通知が届いて1週間です。その間にほんとうにいろんなことを考えたそうです。
「どうして自分だけ?」や「面接官運が悪かった?」など、人と比べればきりがなく、他罰的になるばかりです。人と比べるのはやめて、自分にとっての意味を考えました。そしたら不合格は自分にとって必要なことだったと納得して思えたというのです。勉強が足りなかったこと、資格にこだわりすぎてあせっていたことを振り返って、今合格していたら、天狗になってしまっていたと自戒していました。
すごく努力されていたまじめな人なので、そんなことはないと私は思います。でも、マイナスをプラスに変えようとしている姿勢はとてもすごいです。私にはまねができないです。私は返す言葉もなかったですが、「ピンチをチャンスに変えてください。きっとできるから」というようなことを言いました。

|

« 社会的スキーマ | トップページ | 権威への服従 »

交流の場」カテゴリの記事

コメント

トミナガさん、暖かいコメントありがとうございます。さっそく友人に伝えさせていただきます。
これからもちょくちょく覗きに来てくださいね♪。よろしく。

投稿: ひろみ | 2004.12.17 20:49

こんにちは。いつも楽しく拝見しています。以前、コメントさせていただきました、トミナガと申します。私の知人は合格していたようでした。もちろん、知人の知人の中には、不合格だった人もいます。私は優秀な人間などではありません。試験モノは一度で受かった事がない。アメリカの大学院を受け、落ちてます。僕はいつだって思います。大切なのは、結果や選択、決断ではないと。大事なのは、選んだ答え、得た結果を正解にしていくことだと。ひろみ様のご友人が、「あの時、落ちたことこそ正解、あれこそ私のベストチョイス!」と思える未来をつかむことを祈ってます。へこむだけへこんだ後に、つかんでほしいですね。おじゃましました。

投稿: トミナガ | 2004.12.17 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンチをチャンスに!:

« 社会的スキーマ | トップページ | 権威への服従 »