« 参考書の補足 | トップページ | 計画の立て方 »

2005.05.17

集中力について

私はふだんはぼ~としていて、ドジでまぬけですが、ぱちっと切り替わると、たいへんインテンシブで集中できるという特技があります。

思い起こせば高校3年の1学期に、私はエレクトーンの演奏グレードの5級に受かりました。当時の私の演奏の技術は本当にお粗末(今はもっともっとですが)で、とても5級は難しかったです。それでもあのとき、ものすごく集中していたのを思い出します。それで試験で実力以上の演奏ができたように感じます。

音楽は決して得意ではなく、エレクトーンもだらだらと習っていたのですが、ちょうど高3の時に5級受験の時期になりました。5級に受かれば講師もできるわけで、セミプロ級です。私の技術ではかなり難しかったです。そして私は大学受験を控えていました。
今5級の試験を受けなければ、今度いつ受けられるかわかりません。音楽に進むつもりはなかったし、大学生になってまでレッスンを続けられるのか、予想がつかないです。そして、5級を取らなければ、結局今まで習ったことは無駄ではないですが、資格的にはなにもつながらなかったことになります。
だから、決心しました。「受けるなら今しかない。必ず合格しなければならない」
とにかく、集中して練習しました。実はそのとき、源氏物語の口語訳がマイブームで、夢中になって読んでいました。それもきっぱりやめました。そしてエレクトーンひとすじ。といっても、普通に学校に通って高校生活は送っていましたが。期間的には1~2ヶ月だったと思います。

こんな短期集中は、ややパターンは違いますが英文タイプでもあります。私はものすごくキー入力が速くて、ブログもたくさん書けますが、それは英文科の学生だったら、自然とできるようになったのではありません。お金を払って習いに行きました。検定を受けることが目的でしたが、目標を決めたら、それを実現させるためにインテンシブな取り組みをするのです。期限を決めて自分に適度にプレッシャーをかけて、精神的に追い込まれたほうが集中力が高まります。

以上から集中力を高めるには…
1.目標を明確に!…今年の臨床心理資格試験に必ず合格するぞ!
2.時期を決める…今年の10月と11月
3.今やらなければ後はない!適度に自分を追い込む
4.あせらないためには…
①今の自分の力と要求されているレベルとの差をしっかり見極める
②準備期間にそれが埋まるように、やるべきことを段階的に整理
③準備期間を短く区切り、各期間での目標を設定
④できたら、一日単位、週単位の目標を決めるのがいいと思います。

実は一年前の今頃、私は勉強しないで、中島みゆきさんの本を書いていました。出版社とは11月ごろ刊行と話しが決まりました。でも、その直前は臨士の試験なので、その前に書いてしまおうと思ったのです。どうしても書きたいテーマでした。試験の後まで伸ばすと、書ける自信がありませんでした。だから、書くなら今しかないと、私はGW開けから書き始めました。7月15日(my birthday)までに書き上げて、その後は受験勉強に専念することに決めました。
構成案はできあがっていて、全体の章の数もわかっていました。一日にどれくらい書いたらいいか計算して、ほぼその目標通りに書きました。予定はそんなきちきちではありませんでした。調整の日や一休みできる日もありましたよ。

私は仕事がなかったからできましたが、お仕事を持っているとなかなかそうはいかないですね。
日単位の目標設定は難しくても、週単位でなんとかがんばってみてください。
こういう目標設定の仕方は、行動系でしょうか???

|

« 参考書の補足 | トップページ | 計画の立て方 »

勉強方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集中力について:

« 参考書の補足 | トップページ | 計画の立て方 »