« 拡大勉強会in関西(連絡) | トップページ | 補足-系統的脱感作 »

2005.06.13

重刷決定とお詫び

「臨床心理士資格試験必勝マニュアル」はおかげさまで好評いただいております。アマゾンでも「臨床心理士」で検索すれば、売り上げNo.1!? あら、びっくりです。出版社の在庫も少なくなり、重刷が決定しました。

でも、私は手放しで喜んでいません。実は重刷に向けて点検をしたところ、うっかりミスがいくつかあるのです。あんまりあわてて本を作ったせいと、あとは私の力不足です。遅くなりましたが、この場を借りて訂正とお詫び申し上げます。

「分野別頻出項目の整理と解説」の部分です。

1.各項目ごとのさらに細かい出題項目を書いた表で、問題番号が抜けていたり、間違っていたりという箇所があります。大変申し訳ありません。目次に続く[Ⅹ]~[ⅩⅥ]ページの表には間違いがありませんので、そちらを参照にしてください。ほんとうにごめんなさい。

2.[55]pからの(11)乳幼児精神発達検査で、一部の検査名に誤りがあります。
WIPPSI ではなく WPPSI です
MMC ではなく MCC です。
WPPSIの間違いはH6問題で間違っていたのを、そのままコピー&ペーストしたせいなんですが…(言い訳)
MCCは私のうっかりミスです。

3.私が過去問の解答をきちんと確認していないためのミスがあります。勉強されて、「あれ、解答と違う!」と思われたら、それはひろみのうっかりミスです。チェックも甘かったです。お詫び申し上げます。

[60]p (15)心理査定その他の問題 ②心理検査作成の手順
の下の行に書いてあることが解答と違っています。私自身は解答に疑問を持っていますが、私が書いたことが正しいという根拠もありません。削除をお願いします。

[62]p (17)テストバッテリー ④うつ症状、30代主婦
の下の行に書いたことが誤りです。解答ではSCTは心因性の検討に向かないとされています。まちがえました。お詫び申し上げます。結局この問題では、どのようなバッテリーがよいのか、はっきりしません。バッテリーについての(SCT、TAT)は削除をお願いします。

[92]p (6)ゲシュタルト療法 ⑦の後半
主たる目的の一つは、「いま、ここ」の時点での対人関係のやりとりを分析することによって、自分の望ましくない対人様式の改善をはかることにある(10-80d)。
は誤文です。間違えました。削除をお願いします。重ね重ねお詫び申し上げます。
10-80はeも正しい文です。
神経症様の徴候とは、二つ以上の欲求が競合して二分割され、欲求が「図」として統合されない状態であるといえる。
を⑩のうしろにつけ加えてください。

[103]p (14)その他 ⑤森田療法
後半「自我心理学の~集団精神療法である」は次の交流分析の説明です。なぜか森田療法に入り込んでしまいました。ごめんなさい。削除をお願いします。

私の気持ちはすごくみじめで、みなさんに申し訳ないです。身に余ることをしようとしたからだと恥ずかしさで一杯です。ご批判、お叱りは甘んじて受けさせていただきます。
私は早く本を出したかったです。出版社にも無理をお願いして、入稿から出版までの期間は、他の書籍の半分くらいでやってもらいました。書くのも本当に大急ぎでした。特に「頻出項目の整理と解説」の部分は初稿では項目だけだったのです。それを出版社から、勉強に使えるように解説も書いてくれ、こんな表も作ってくれと言われました。それを受けて大幅な加筆を3週間で、くたくたになってやりました。まだへたっている間にゲラが届き、チェックをする余力も残っていなかったし、そのための時間もすごく短かったです。

結果的に読者のみなさんにはご迷惑をおかけしました。本当にごめんなさい。でも、もし私がじっくりいいものを、もっとこだわってしっかり点検して、という姿勢でやっていたら、たぶん今でも本はできあがっていなかったです。自分の力不足の言い訳はしません。そして私は自分の力に合わないスピード執筆&出版することを選択しました。10月の試験に向けてみなさんに勉強を始めてもらうには、5月でも遅い!と思っていたからです。
改めて、ご批判、お叱りは甘んじて受けさせていただきます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4531434

この記事へのトラックバック一覧です: 重刷決定とお詫び:

コメント

こうさん、暖かいコメントありがとうございます。
こちらこそ、応援しています。受験、がんばりましょう。

投稿 ひろみ | 2006.05.26 00:45

ひろみさんへ

ひろみさんの本もサイトもヘビーユーザーのこうです。
いつも参考にさせていただいてます。
ちょっとした間違いがあっても、ひろみさんが与えてくれた分類の仕方やまとめ方のほうがずっとずっと役にたっているので、私はこれからもずっと応援しています。

投稿 こう | 2006.05.24 14:57

ちゃりんこさん、暖かいコメントありがとうございます。私の方が勇気づけられます。

講座一受講者さん、私でよければどうか甘えてください、とは言えません。ごめんなさい。それは私にとって偽善行為です。でも、仕事はまじめに誠意を持ってします。信頼関係も大切にしたいと思っています。

今が一番苦しい時でしょうが、なんとか乗り切ってください。ここには仲間がたくさんいるので、しんどいことをカムアウトしてもらってもいいですよ。みんな大なり小なり同じ気持ちだと思います。一緒にがんばりましょう!

投稿 ひろみ | 2005.06.14 01:29

ひろみさん、受講者のあまえだと思って聞いてください。マニュアル本も購入しうまく進んでないですが併用してやってます。以前別の受講者で「講座をとったこと後悔してる」とありました。正直いうとこの方の気持ちはわからなくはないです。ただ私は後悔はしてません。講座内容は大変ですがそれだけのものがあると思ってますので。気持ちがわからなくはないというのは、何かひろみさんの愛情をマニュアル本にもっていかれたというか、そういう淋しさみたいなものをマニュアル本を拝見して感じたので・・ほんとあまえですね(笑)、私達にももっと関心示してという、子どものあまえみたく・・受験生がナーバスに反応しているともとれますね。すみません。あまえついでにお願いです。マニュアル本の正誤はチェックしました。気がつかない点はそのまま覚えようとしてたので助かりました。講座も正誤表を何回か送っていただきましたが、また情報や気づいた時点で随時お知らせください。よろしくお願いします。

投稿 講座一受講者 | 2005.06.14 00:02

ひろみさん。

私としては、この本が5月に出版されたことが何よりもありがたいです。問題の分類がとてもとても役に立っています。これを自分でやっていたらどれだけ時間がかかるかわかりません(というか、きっとできなかったと思います)。

というわけで、早い段階で出版してくださったことが、何をおいても私にも助けになっている、ということを伝えたくて投稿してみました。

投稿 ちゃりんこ | 2005.06.13 09:59

コメントを書く