« WISC-Ⅲ(2) | トップページ | 戦略派家族療法 »

2005.08.10

機会損失!

応援よろしく!人気ブログランキング

読みましたよ、ちょっと話題のベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』
著者の方がラジオに出演されていて、面白そうだったので。

会計の本ですが、勉強に参考になることもありました。
エピソード4です。「完売したのに怒られた!」--機会損失と決算書--
あるスーパーマーケットの社員Aは、企画した「秋の味覚ざんまい弁当」が大評判でお昼過ぎに予定していた100個が売り切れたので、大満足でした。ところが夕方視察に来た社長は報告を受けてAを怒鳴りつけたのです。「ばか者、君は何を考えているんだ。商売の基本がわかっとらんのか!」

詳しくは「さおだけ屋~」を読んでくださいね。

つまりAはもっと売れたはずなのに(たとえば150個あるいは200個でも!)、それより少ない売上で満足していたからいけないのです。これを商売では「チャンスロス」(機会損失)と言います。そしてチャンスロスは経営上は損失だそうです。

それから著者の経験談に続きます。著者は簿記検定3級を受けるとき、ちょっとがんばって2級も一緒に取れるようがんばったそうです。しかし友人は「今回は3級だけでいいや」と3級だけを受験。結果は著者は2級3級のダブル合格。友人は3級のみ合格。
そのあとどうなったか…友人が2級に合格したときは、著者は1級に合格。そして著者が会計士になったころに、友人は1級に合格したそうです。
著者のアドバイス(太字になっています)
どうせやるならできる限り最大限まで目標を高めに設定したほうがいい
自分ではある程度やったつもりでいるからプラスだと思うかもしれないが、会計的にいうと明らかなマイナスなのである。

このエピソードをみなさんの勉強にも置き換えてください。これだけできれば十分、と思うことは、マイナス!なんですね。

|

« WISC-Ⅲ(2) | トップページ | 戦略派家族療法 »

勉強方法」カテゴリの記事

コメント

竿竹屋の本、気になっていたのですが、今日のこの記事を見てぜひ読んでみたい!と思いました。明日は本屋に走ります!ひろみさんご紹介ありがとうございました。

投稿: なな | 2005.08.11 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機会損失!:

« WISC-Ⅲ(2) | トップページ | 戦略派家族療法 »