« 心理臨床学会 | トップページ | 反応領域 »

2005.09.08

コンセンサス・ロールシャッハ

1日1クリック!応援よろしく! 人気ブログランキング

かなかなさんが、コンセンサス・ロールシャッハについて、情報をくださいました。ありがとうございます。大量の入力、大変でしたね。でも、私たちはよくわかって、とてもありがたいです。

図版はロールシャッハ・テストのものを使用するようです。枚数については言及されていませんが、10枚全部を使うのでしょうかね?

かなかなさんのコメントを引用する前に、Pieさんからのソンディについての質問にお答えしておきます。

8-45のソンディ・テスト、Dが○になっているのはなぜでしょう?記号化は「!」も入れて5種類ではないのでしょうか。

これは出題ミスのようです。記号は「!」も入れて5種類と覚えておけばいいと思います。ただ、「!」は衝動加圧といって、+や-などの記号に付加するものなので、8-45では記号に含まなかったのかもしれません。
いずれにしても、出題に矛盾があると「ソンディ研究会」のHPでも指摘されています。

では、かなかなさんのコメントです。

コンセンサス・ロールシャッハ法について私が持っている本に載っていました。参考になるか分かりませんが、以下がそれです。

コンセンサス・ロールシャッハ法(心理学基礎事典、至文堂、監修上里一郎)
家族内相互作用を研究する方法として、カッター(Cutter, F.)らによって開発された家族アセスメントの一つである。類似の方法として、家族ロールシャッハ法、夫婦ロールシャッハ法、関係ロールシャッハ法、ジョイント・ロールシャッハ法等が知られている。
 すべてのアプローチに共通しているのは、個別のロールシャッハ法に見られる深層解釈的な取り組みを避け、家族員間での相互作用が実際どのように展開するかの解明に向けられている点である。
 研究対象の家族に対して、ロールシャッハ・テストの刺激図版を手渡し、「インクのしみでできた絵をお見せしますが、それが何に見えるかをみんなで話し合ってください。一つに意見が一致したら、知らせてください」といった教示を与える。対象家族がロールシャッハ・テスト刺激に対して家族としての反応を生み出していく過程、すなわち家族成員が話し合いによって合意(consensus)に達する過程を観察することによって、コミュニケーションの流れ、意思決定の構造、成員間の連合と分裂などの家族内相互作用の状態を明らかにしようとするのである。
 家族ロールシャッハ法の特徴は、以下のようにまとめられている(岡堂1991)。
○ 実験手続きの標準化が可能である。
○ 活発な相互作用を誘発することができる。
○ 言葉やコミュニケーションの特徴が観察できる。
○ 知覚、思考、感情の内容とその伝え方を把握できる。
○ 各自の知覚像の間に差異があるときには、葛藤や意見の不一致が生じるので、それへの対応と解決のパターンがわかる。
 本法の具体例を示しておくことにしよう。
第一図版は、「コウモリ」や「チョウ」に見られるが、まず息子が「コウモリに見える」と反応し、ついで父親が「チョウだな」と反応したとする。この父子のやりとりに対して、母親が「そうねどちらにも見えるわね」というか、「そうね、コウモリ(あるいはチョウ)ね、やっぱり」と言うか、あるいは「これはキツネの顔よ」と反応するか、それによってこの家族の関係のパターンがそれぞれに判別される。父子間に緊張が高まったときに、母親がそれを仲裁しようとするのか、どちらか一方の味方になるのか、それには介入せず、静観しているのか、などさまざまなパターンがあり、それらは現実の家族関係パターンを再現していると解するのである。(亀口憲治)

かなかなさん、本当にありがとうございました!

すみません、私の宿題になっている反応領域については、明日以降アップします。ちょっと時間がかかるので、仕事&学会に行っている間はできませんでした。


|

« 心理臨床学会 | トップページ | 反応領域 »

過去問の解説-ロールシャッハ」カテゴリの記事

コメント

tomyさん、コメントありがとうございます。

コンセンサス・ロールシャッハの図版の枚数の問題はまだ解決していません。調べる方法がありません。
私が5枚が○と思ったのは、昨年試験の直後に以下のコメントをいただいたからです。

コンセンサス・ロールシャッハ法は60年代、アメリカで家族研究のひとつの手段として援用されてきたもののようです。
5枚のカードを1枚ずつ渡し、何に見えるか相談して家族で一つの答えを出してもらうコンセンサス段階(第1段階)と、各員のイメージを尋ねるイメージ段階(第2段階)があるようです。

『家族療法の視点』中村伸一著、金剛出版 
の中に記載されているのを見つけました。

引用以上です。お答えにならなくて、ごめんなさい。

投稿: ひろみ | 2005.09.11 00:54

コンセンサスロールシャッハについてですが、使用する図版の枚数は、5枚でよろしいでしょうか?ひろみさんのテキストの記述と試験問題の解答が違うので、よろしくお願いします。

投稿: tomy | 2005.09.10 21:58

いつもありがとうございます。

8-91がさっぱり分かりません。企業内カウンセリングに詳しくないせいもあるでしょうが、企業内にカウンセリングルームがある場合、行くのに上司の許可(!)が必要なんですか?また、未成年でもないのに、なぜ家族への連絡が必要になるのでしょうか?教えてください。

投稿: Pie | 2005.09.08 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンセンサス・ロールシャッハ:

« 心理臨床学会 | トップページ | 反応領域 »