« 追加問題14-24 | トップページ | 集中力を持続する方法は? »

追加問題14-63

試験まであと7日 がんばりましょう! 人気ブログランキング

追加問題をまとめてご覧になりたい方は、右側のカレンダー下「カテゴリー」から「追加問題」を選んでクリックしてください。今までの分をまとめて読むことができます。

自閉症に関する問題

A.Kanner, L. が「早期幼児自閉症」を発見した直後に,Asperger, H. も「自閉的精神病質」を発見していた。
B.Kanner のいう自閉症は言語や知的障害が大きいのに対して,Asperger のものにはそのような障害が少ない。
C.Kanner のいう自閉症には妄想が生じることはないが,Asperger のものには妄想・幻覚が生じる。
D.自閉症に共通するのは他者との関係を持つことの困難さであり,そこに彼らの傷つきが生じる。

a.○○×○
b.×○○○
c.×○×○
d.○×○○
e.○○××

A→○…カナ-が早期幼児自閉症に関する論文を発表したのは1943年、アスペルガーが「小児期の自閉的精神病質」という論文を発表したのが1944年。
B→○
C→×…自閉症では妄想・幻覚は生じないと理解してよいのでしょう。
D→×…根拠がわかりません。「そこに彼らの傷つきが生じる」が×なのでしょうか?

こちらが参考になります。

|

« 追加問題14-24 | トップページ | 集中力を持続する方法は? »

過去問の解説-精神状態」カテゴリの記事

追加問題」カテゴリの記事

コメント

ひろみさん、いよいよ迫って来ました。
応援ありがとうございます。
さて、マニュアル本のことで質問というか確認があります。
1.心理学の基礎でふれられている「愛着」のところです。
①も②もBowlby,Jになっていますが、これは敢えて何かを分ける意図で書かれたのですか?
p16にある愛着に関する子供の四つのタイプについての説明であれば、Ainsworthがストレンジ・シチュエーション法によって査定されたものなので、①はAinsworthではないかと思うのですが…。

もしどこかで何か訂正コメントなど出されていたらごめんなさい。

投稿: なっきー | 2005.10.10 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追加問題14-63:

« 追加問題14-24 | トップページ | 集中力を持続する方法は? »