« 試験が始まりました | トップページ | 受験報告-全般 »

2005.10.17

終わりましたね

人気ブログランキング

お疲れさまでした。今日はゆっくりお休みください。

すでに何人かの方が報告をあげてくださっています。訂正が多かったというのは…集中しにくかったですね。

感想や報告はこちらにコメントをお願いします。

|

« 試験が始まりました | トップページ | 受験報告-全般 »

H17年度受験」カテゴリの記事

コメント

皆様お疲れ様でした。ここにはとてもお世話になり感謝しています。
試験環境については、あんなに多くの人が1つの場所に集まればいろいろありますよね。くしゃみと咳連発の人もいました。迷惑というよりいつか倒れるんじゃないかって心配の方が大きいくらい可哀相でした。
 あと他の方も心配されていたお手洗いは、並ぶけど回転早かった?気がします。あとこれも知ってる方は多いのかわかりませんが、西ホールの出入り口を出てちょっと行ったところにもお手洗いあるのですね。お知らせまで・・・。
 そう言えば、問題を配布されて試験開始までじーっとしてる間に、お手洗いに行く方も少しいましたね。
 それから、お座布団持って行くといい、とここで書き込まれてありました通り、冷えることもなく、お尻も痛くならず私にとって◎でした。
 何はともあれ、試験の前はいくら勉強しても考えても尽きないことが辛かったけど、今はそういう学問や仕事にめぐり合えて、(この年になって!?)勉強するということが純粋に面白いし良かったなと思うことができました。

投稿: 道 | 2005.10.18 22:33

みなさまご苦労さまでした。
最後の数日のチェックにこちらのHPを利用させていただきました。本当にありがとうございます。
当日は,M線の人身事故のために会場に到着した時間もギリギリであり,試験に集中するのもやっとでした。。

しかもミスの多さには辟易させられました。アナウンスで集中力を保つのもやっとでした。私は西棟だったのですが,レセプションセンターではアナウンスの方が,「消しゴムのカスを練っている人がいる・・・」とか「古めかしい時計を持っている人も・・・」など,試験内容に関係ないこともベラベラしゃべっていたとか。心の理論くらいは理解しておいてほしいものです。

私は問題ごとにマークを塗りつぶすのではなく,薄い線でチェックを入れていってました。そして,アナウンスが始まる度に,塗りつぶす作業へと移行して,惑わされないようにしていました。

マーク問題の難易度は,難化傾向には歯止めがかかったように感じました。過去問との比較で言えば,去年よりは平易でした。より専門的な内容に踏み込もうとする姿勢も見えましたが,専門家であるほど選択肢が微妙になる問題もありました。(自称)専門家が作成したと思われる問題もいくつかありました。

論述は,「あなたの心理臨床経験(学部や大学院における実習を含む)の中でイニシャルケースと考えられるケースにおいて,心理臨床の技術の修得に資すること」がテーマでした。とりあえず書けるといった点で平易であったと言えますが,マークの点数がボーダーの場合,2次でつっこまれるととても大変な気もします。
あと,ソンディが大問としては出題されませんでした。(笑)

やはり仕事に追われながらの勉強はきつかったです。
それでは,みなさんに良い結果が来ることを祈っています。

投稿: ふじりんご | 2005.10.18 20:32

初めまして。やっと終わりましたね。今日は腰が痛く、疲れきってしまって仕事を休みました。何だか、身体から力が抜けきってしまって脱力感に襲われています。やらなきゃいけない事はいっぱいあるのになあ。試験は緊張しすぎて、最初何が書いてあるのか読めませんでした。キャー、読めないよー、落ち着け―、と自分で励ましていました。問題も、人名とキーワードのマッチングだけでなくて、内容も理解していないと解けない問題が多かったです。最後の2択で迷って、こっちにしとこうかな??なんて、とってもいい加減。皆さんがおっしゃるように、何度もアナウンスが入ってうるさかったですねえ。今回は、仕事や学会発表でとても忙しくて十分に勉強できませんでしたが、家事一切を引き受けて協力してくれた旦那にとても感謝しています。子どもたちはほったらかしでかわいそうでしたが、「ママ、べんきょうがんばてね。じゃましてごめんね。できるだけでいいからいしょにねてね」と、つたない字で手紙を書いてくれました。いつも怒ってばかりの私なのに、逆に励ましてくれて・・・。受験勉強を通していろんな事を経験しました。来年もこんなに勉強しないといけないのかな?歳をとると、夜は起きてられないし、覚えられないし・・。出来たら今年限りにして欲しいのですが。神のみぞ知る、ですね。皆さん、お疲れ様でした。発表まで、素敵な時間を過ごしましょうね!!

投稿: みかん | 2005.10.18 15:53

みなさん、おつかれさまでした。そして、ひろみさんはじめ、皆さんありがとうございました。このブログに励まされて、勉強を続けることができました。捨てる分野を作らずにやってこれたことは、すぐあきらめてしまう自分にとって、本当に貴重な経験となりました。

それから、おかげさまで、無事搾乳もできました!このことで素敵な方と知り合うこともでき、人の温かさをつくづく感じています。

当日は度重なるハプニングもあり、大変でしたね。協会のあり方はともかく、私は「放送を受けたのは皆同じ」と考えることにしています。どなたかも書かれていましたが、受験にいたるまでの環境や条件は、みな一人一人違う中頑張ってきたんですから、そのことを思えば、このくらいは同じ条件かな、と。
ちなみに私は前半で悩みすぎて、後半じっくり事例を読めず、やや後悔してます。事例を読まずに、選択肢だけ読んで回答した問題もありましたが、そんなことができること自体、事例に関してはやや平易な問題だったんでしょうね。

これまで、何もかも受験に向けて頑張ってきたので、帰りの新幹線では対象喪失(?)のさみしさか、涙がこみあげてきました。モーニング・ワークをしていかなくちゃ、かな(^-^)。

投稿: chao | 2005.10.18 13:56

初めまして。
1次試験終わりましたね。ひろみの勉強部屋には、一人の孤独な勉強をサポートしてもらっていました。ありがとうございます。

覚えていることを来年のために還元したいと思います。
直前に出された、追加問題に関連するものが、今回の試験に出ていました。16PFとダブルバインドです。ダブルバインドは、「2者以上の間で~」という設問でした。
 わたしもリベンジ組なので、今年の印象を言うと、法律関係が多かったこと、去年と引き続き自閉症スペクトラムなど、学校関係の問題が多かったです。皆さんも書いていますが、ピアジェ、遊びの発達が出ました。あとは、長谷川式のカットポイントは何点か、を問う設問、SDS、などうつ病に関する検査、事例の評価に長谷川式やSTAIが入っていました!!そして精神医学関係(気分変調性障害、PTSD、事例から診断名を推測するもの(2例)事例は48歳の女性、息子夫婦と同居している70代だったかな、の女性)、精神保健福祉法、DVにより避難中(?)に生活保護を受けた場合に、税制に特例(免除?)があるか、など、、、、なんじゃ、それは??という設問もありました。あれさえなければ、みんなあの問題は正解できたはずです!脳波は全くなく、ソンディは強制運命-自由運命の記述がちらっとあったくらいです。WAIS-Rについては、動作性検査が絵画完成と・・など、普通に解ける問題でした。田中-ビネーⅤ(?)は、偏差IQ を取り入れている、、、という設問もありました。基礎心理では、マスローの言う自己実現した人間とは・・・という問題もありました。
 
 まとまりなくてすみません(><)
まるでわたしの頭です!

 わたしは2次試験の設問の日本語の意味がつかみにくく、なんだかぼやーっとした論文になってしまいました。
 『あなたのイニシャルケースにおいて専門的な技術を習得するに資するものがいかなるものであったのか』という題です。とにかく、習得するに資する・・・って、『資する』って、なにが言いたいの??と聞きたかったです!
 あれをまさか、面接試験に使おうなんて考えてないですよね?!こわい。
 

投稿: step | 2005.10.18 12:06

みなさん、本当にお疲れ様でした。
私は昨年、出産で受検できず今年初めての受検。会場にはお腹の大きな女性も何人かみかけましたが、体調や赤ちゃん大丈夫でしたでしょうか。他人事と思えず・・。

私は指定校では大学院だったので来年が最後。出産がなかったら3回チャンスがあったのになぁと思いますが、出産や病気の人はもう1回受けられるとか、そういう配慮を求めたら際限なくなってしまうのでしょうね。でも、できれば機会均等だとありがたいなぁと思いました。

試験は過去問を平成14年までしかやっていなかったので、「えぇ~難しい?!」とびっくりして動転してしまいました。今年落ちたら、来年1回残すのみ。もし来年もだめなら仕事と子育てしながら大学院受験からやり直し?と起きてもいない心配が頭をかけめぐり、もんもんとしてしまいました。。

昨年受検された方、一次試験の結果がでるまでの2週間どうやって過ごされたのでしょうか。

投稿: かなかな | 2005.10.18 10:15

今回の試験は、出題ミスや誤植訂正などが相当あって、そのたびに、放送がかかり、
回答リズムが著しく狂わされました。
問題の削除なんていう初歩的な、あってはならないミスには驚きました。
というわけで全問99問題になり、削除された問題は、解答しなくて良い、受験者全員を正解にする(?)とか、係りの人が言っていましたが、放送がかかるたびに、回答をやめさせられて、時間もかかり、私は、最後の事例問題の文章を読んでいる最中に試験時間終了になってしまいました。確か、不登校(?)関連の問題だったと思うのですが、私の得意問題だっただけに、回答ができなかったので、なんだか腹が立ってきました。
試験時間を10分くらい延長するとかして、放送で、ミスを謝罪するだけでなく、もっと受験生の身になって善処して欲しかったです。
皆さんも、訂正放送のせいで、テストに集中できなかったみたいですね。
文章の長い事例問題から先に回答すればよかったかなと後悔しきりです。
過去の試験にも、今回のような訂正放送とかあったんでしょうか?
仮にも、今国会で、臨床心理士を国家資格にするかどうかの問題も上程されていますし、
すでに事実上は、学校や医療機関などにおいても、心理職は臨床心理士有資格者であることが半ば前提となっており、また心理関連の学会、協会の中で最大の組織である日本臨床心理士認定協会が、あのような怠慢を許されるのでしょうか。
1問回答しなくても良いと言われても、何度もかかる放送で、本当にやりにくい試験でした。協会のミスで、多くの受験生が、リズムを狂わされ、放送を聞いている時間のために、最後のほうはあわてて回答したり、最終問題まで読みきれなかったりしたのは事実です。1問全員正解にすれば条件は皆同じであると言う考え誤りです。
2次試験の面接試験があるので、協会関係者に文句も言いにくいし・・・。
来年の試験問題はしっかりチェックをして、
間違いのないようにしてもらいたいですね。
長文にて失礼しました。

投稿: noko | 2005.10.18 02:48

こんばんは。書き込みは初めてです。
このブログと必勝講座の本&通信講座にはずいぶん助けられました。どうも有難うございました。
私はリベンジ組ですが、事例などは例年と比べて比較的、実践・経験からなんとか解答できるor選択肢を絞り込める感じの問題が多かったように思います。また、文章の穴埋めが多かったです。あと、やっぱり?ヘンなところが(具体的にどうとかは言えないですが)マニアックな問題も多かった気もしました。
多くの方が書いておられますが、誤植やら問題削除やらで何度もアナウンスが入ったのには困りました。最終チェックとかしないのかなぁ?
恥ずかしい話ですが、鉛筆を買いそびれてしまい、会場で借りたのですが、手を挙げてもいちばん後ろの席だったためなかなか気付いてもらえず困っていたら、隣の男性が一緒に手を挙げて合図してくれました。この方、とても気さくな方で、マークシート終了後や論文試験前に話しかけてくれたりして、ずいぶん緊張がほぐれました。しかも論文試験の最後に私、消しゴムを落としてしまったのですが、終了後その方が拾ってくれたんです。この方には本当に感謝しています。このブログ観てるかな??どうも有難うございました(ちなみに大阪の方だったのですが、私が茨城から来たと言ったら、「俺茨城ってどこにあるかわからへんねん」と言われて、ちょっとびっくりしました。関西の人にはなじみないかもしれないですね、茨城……)。

問題についてはあまり覚えていないですが、社会心理学の問題が殆ど出てなかったような……?
MMPIについての○×組み合わせとか、事例だと子ども対象の相談機関に母親しか来談せず云々(しかも相談員の態度に問題ありすぎだった)というのがあったと思います。境界性人格障害についても出題されていました。

今年は学部卒の方が最後の試験でしたし、指定校外の院卒の方も来年で最後なので(私も来年までです)、みんな合格されればいいのですが……
私は、自信はまったくないです。でも、ダメでも来年最後のチャンスにかけようと思います。ここまできて諦めるのも悔しいので……

長くなりましたがこの辺で。無事に1次試験を終えられたのも、ひろみさんやここに来ている皆さんのおかげです。本当に有難うございました。

投稿: chisa | 2005.10.18 02:23

17年度の問題の続きです。

あとは、出ていたことで印象に残っているものを・・・

1.森田療法について
2.日本の心理療法家?についての文章の正誤
 (河合隼雄と箱庭
  成瀬悟策
  森田正馬と森田療法
  吉本伊信と内観療法だった気が・・)
3.気分変調性障害について
4.描画法
5.DSM-Ⅳ-TRについて間違った文を選択
6.統合失調症について(多分出ていた)
7.失語症について(運動失語と感覚失語などがあった)
8.SCTについて
9.学校におけるコンサルテーションについて

投稿: ダック | 2005.10.18 01:28

17年度の問題の続きです。

1.ロールシャッハの事例はひとつだけでした。片口。どんな事例だったかは忘れました・・

2.給食の時間、女の子が牛乳を持って、机にこぼれた牛乳を拭いたたところ、男の子が「どろぼう!」と。
この子は(A)の可能性が考えられる。これは(B)でも説明できる。学校では(C)を配慮することが大切?
・・このような文章で空欄の正しい組み合わせを選択。空欄はもうひとつあったような気もする・・・
ちなみに、A→広汎性発達障害or注意欠陥多動性障害
      B→心の理論or関係の理論?
      C→柔軟化or構造化

3.不登校(神経症レベル)の男の子の箱庭。最初は町並み?を作っていたが、恐竜(怪獣?)でその町を壊し始めた。壊し方が激しかったので、①Thは「やめよう」と言った。それを聞いて男の子はその恐竜を砂の中に埋めた。Thは②「今度はそこに花を埋めようね」と言った。男の子が自分から箱庭を片付け始めたので、③Thは「偉いね」と誉めた。その次の回、男の子は箱庭をちらちら見ながらもボール遊びをしていた。④Thは前回の約束があったが、男の子の動きに付き合った。(みたいな文)

この①~④(実際は下線部)のThの対応について、正しいか誤っているかの組み合わせを選択

4.スーパービジョンについて
5.PTSDについて。
  実際の症状が書いてあり、この中でPTSDと診断されうるものの組み合わせを選択
6.特別支援教育法についての正誤
  目的とか、特別支援コーディネーターの役割とか、特殊学級は廃止になり・・などの選択文があった。
7.精神保健福祉法について間違っている文を選択
8.児童虐待防止法の第一条
  空欄に入る言葉の正しい組み合わせを選択(空欄はもうひとつあったかも)

この法律は、児童虐待が児童の人権を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の(A)にも懸念を及ぼすことにかんがみ、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び早期発見その他の児童虐待の防止に関する国及び地方公共団体の(B)、児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支援のための(C)等を定めることにより、児童虐待の防止等に関する施策を促進することを目的とする。

9.少年法
10.ロールシャッハやTATは家族面接で使われることがあるが、その意味(効果?)に関する文の正誤(みたいな問題)

投稿: ダック | 2005.10.18 01:08

初めまして。
皆さんお疲れ様でした。
会場の状況などは皆さん書かれているので、省略します。
私は、池袋のイベントから合宿、通信講座とお世話になったものです。
今回試験以外で驚いたのは、祐美さんの本を多くの方が手にしており、私が見渡しただけでも、8割は持っていました。(ホントですよ)
これはご報告しないと!!と思い帰ってきました。
私は学部卒なので、今回でラストです。出来具合は最悪でした。
しかし、ひろみさんをはじめ、多くの方と出会えたと感謝しています。どうもありがとうございました。お礼を言いたくて書き込みしました。つたない文章でごめんなさい。

投稿: ミラクル | 2005.10.18 00:31

みなさん、一次試験お疲れ様でした。
私にとっては、難しい問題でした。マークシートですが、ひととおり終わったのが、終了5分前・・・もちろん見直しなんて出来ませんでした・・。
忘れないうちに、今年の問題を書きとめておこうと思います。

1.子どもの遊びの発達について(?)
2.Piaget,Jの発達段階(感覚運動期~形式的操作期の4段階)
  それぞれについて記述されていて、文の正誤を問う問題。
3.メタ分析について、正しい文を選択
4.YG検査について、文の正誤。
 (特性論や類型論との関係が出ていた)
5.WISC-Ⅲについて
6.WAISも出ていた気がするけど、確かではない・・
7.統計 文の正誤
  A.信頼性が高いと一般的に妥当性も高い
  B.妥当性が高いと一般的に信頼性も高い
       ・・などの記述があった
8.自閉症については、ローナウイングとかショプラーとか出てました。
9.ロールシャッッハ、片口とエクスナーについて正しい組み合わせを選択。だったかな?文章はこんな感じ。
 A.「水に映っている」という反応は、両方ともFKに分類される
 B.両方とも各領域には同じ番号がついている
 C.人間運動は両方ともM反応が与えられる
 D.両方ともP反応というのがあるが、その基準は異なっている)
10.「リフレーミング」について正しい文を選択

ひとまず、ここまで。

投稿: ダック | 2005.10.18 00:29

今年の選択式の福祉行政分野の問いについて、戸惑いました。

私は福祉行政の職務に携わっているのですが、選択肢の内容は現場の人間としてはちょっと納得いかないものもありました。でも、消去法でそれを選ばざるを得ない歯痒さ。。

生活保護の事も出ていたし、この認定試験が目指すものが何なのか…その方向性が何を意味するのか。何だかなぁ。。

投稿: hana | 2005.10.17 23:58

 ひろみさん、試験は兎も角として、勉強をさせて頂きありがとうございました。
 さて、今日の試験ですが、既に他の方々からも寄せられている通り、試験開始後の会場で、しかも問題を解いてる最中に、数回の問題ミスのアナウンスで参りました。普通は先ず考えられないことです。
 問題74番は回答に同じ組み合わせが2つあるので無効問題とされました。従って、今回100問の問題が99問に減りました。更に、たたみかけるように、しかも試験の最中に、会場で3回位誤字、訂正がありました。イヤー、参りました。その度に言われたページをめくりました。私は心理だけでなく情報処理や幾つかの資格試験を受けてきましたが、こんなに多いのは初めてです。主催者側に何か気のゆるみといったものが在るのではないだろうかと余りの多さに、会場で思った次第です。

投稿: 真助 | 2005.10.17 23:36

こんばんわ。私も今帰りつきました。遠方なので移動にも疲れ果ててしまいました。みなさんのメールを早速読みました。何人かの方が割りと平易だった印象を感じられているようで,うらやましく思っています。私は正直難しかったです。法律関係も押さえていない分野でした。論述は(以前から苦手なのですが)伝えないといけない事を伝えられずに終わってしまったように思います。あ~ もっとあ~すればと後悔とかしちゃってました。最悪なパターンですけどね・・・。終わった!ゆっくりするぞというような心理になかなかなれずに,くよくよしちゃってます。きっとこれも皆さんと勉強してきて,以前よりも勉強した気になれていたから。分からないところがなんとなくはっきりしてしまっているからなのかもしれませんね。変なメールになってしまいましたが,今の正直な気持ちを書きたくて,ぐちゃぐちゃ書かさせていただきました。ごめんなさい。みなさんお疲れ様でした。

投稿: ちい | 2005.10.17 23:01

さきほど札幌に戻りました。金曜夜から所用で上京していたので、試験直前に書き込みができず、ひろみさんにお礼を申し上げることができませんでした。この場をお借りして、これまでのさまざまなサポートに感謝いたします。

試験に関しては、少なくとも昨年の問題よりはマークシートも論文も平易だったように思います。でも本当に誤植のアナウンスは勘弁して欲しいですよね。しかも一度ではなく何度も何度も。少なくとも4回はアナウンスがあったように記憶しています。

とにかく、今はとても不毛な試験勉強から解放されてほんとにうれしいです。皆さんもゆっくり休んでくださいね。

このHPのお陰で、1人孤独に試験勉強をせずにすみました。ひろみさん、本当にありがとうございました。

投稿: Pie | 2005.10.17 22:44

前半は非常に(かつ、無駄に)難しく、後半の事例、法律はすごく表面的で易しく感じました。
アサーションが初めて出題されましたね。私はアサーショントレーニングにわりと深く関わっていて、アサーションを教えている先生方とディスカッションする機会もよくあるのですが、あの問題は悪問だと思います。おそらく肢C「上達のために必要なのはロールプレイと、その合間の日常生活での実践」と肢D「上達のために必要なのは同じような問題を抱えた人たちでトレーニンググループを作ること」のどちらか一つを○にしなくてはいけない問題で、肢Cを○にすることが要求されているのだと思いますが、肢Dは現在トレーニングの最前線で、新しいプログラムとして採用することが検討されている内容です。ですからこれを×にするのだとしたら、非常に浅い問題と言わざるを得ません。
私はアサーションくらいしか確信的なことは言えませんが、他にも現場で専門的にやっておられる方から見れば違和感のある問題があったのじゃないかなと思います(毎年そういう問題ありますよね)。誤植については言うまでもありませんが、いたずらに難易度を上げるのではなく、もっと問題の質を上げてほしいと思います。

投稿: はる | 2005.10.17 22:33

 みなさん、雨の中ご苦労様でした。また、ひろみさん、本当にお世話になりました。祐美さんの本を紹介してくれたTさん、感謝しています。
 さてリベンジなので、昨年との比較ですが、Rテストが、片口とエクスナーの比較があり、さらに設問は、どちらか知っていれば解けるような書き方で、折衷的な設問でした。
 事例は相変わらず多かったのですが、昨年よりは表面的な設問が多かったように思いました。また、病名診断を求める設問が幾つかあり、ちょっと気になりました。
 内容は簡単に感じたり、難しく感じたり、色々でしょうが、人名や項目の説明など、より広く、かつ言葉だけでなく深く内容を知らないと解けない問題も多かったです。
 例年の基礎的な問題は少なく、虐待、DV、法律、と幅広く、さらにナラティブセラピーの内容についても出ていました。本当に色々で、これからはどうなるのでしょうか。
 結果はどうであれ、今年が最後の機会。精一杯頑張ったので悔いはありません。本当、みなさん合格するといいですね。

投稿: にっちゃん | 2005.10.17 22:20

 ひろみさんの「25問を30分で解いていく・・」という作戦は大成功でした。残り30分を見直しにあてることができました。みなさんも書かれていますが、妨害は何回も何回も入る訂正のアナウンス。よほど急いで作った試験問題なのでしょうか。誤字やミスがあまりにも多過ぎます。あれでリズムを狂わされた受験生は本当に多いと思います。私も喉まで出かかっていた答えがアナウンスと共に消え去りましたから。そしてその答えはもう2度とよみがえりませんでした(涙)。
 論文も今年の題はとても書きやすいものでした。去年のものが難しすぎたと思います。
 まあ、結果がどうであれベストは尽くしました。今まで本当にありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いします。

投稿: HAPPY | 2005.10.17 22:19

私は9月の半ばにひろみさんの本に出会い、全面的に頼らせていただいて準備しました。本当に助かりました。神様が与えてくださった本だと感じました。今日もお守りのようにして試験会場に持っていき、直前まで見ていました。本当にありがとうございました。

私にとっては今日の試験はそれほど難しくないように感じました。できればすべての方が合格したらいいなと思いました。

投稿: tomo | 2005.10.17 21:43

今、疲れ果てて帰宅しました。過去問をあれだけやったので、ちょっとは取れるかと思いましたが、悲惨な状況でした。聞いたこともない人の名前がたくさん出ていました。私は後半の51問から解いたので、48~50問が最後になりました。それがたまたまロールシャッハで、問題は「こんな状態のこんなロ法の結果が出て、次の問いに答えよ」という質問が3問でした。しかし答える時間が5分しかなく、本当に事例文を読む暇もなく、適当に書いておきました。
午後の論述は「今まで持った事例(大学院や学部のときの事例でもよい)で、あなたのイニシャルケースとなったもので、それで専門的技法など修得したものを述べなさい」など(不正確)のもので、これはそれなりに誰でもが書けたかと思います。しかし、放送で、一次合格は選択式の問題だけで判断すると言ってましたので、論述文は、合否には無関係のようです。
疲れました。来年、再度挑戦する気力が今はありません。

投稿: かなかな | 2005.10.17 21:38

今年、初受験となりました。
天候には恵まれませんでしたが、なんとか無事に受験でき、嬉しかったです。(受験できた、ということが…)

試験の内容は、とても難しく感じました。正直言って、あそこまで意味不明な問題が出題されるなんて、思ってもいませんでした。
1年弱、準備してきたつもりでしたが、その努力が報われない程難しい・・・と感じました。つめが甘かったのかもしれません(^_^;)  

訂正が多く、何度も放送がかかり、集中力が途切れてしまったのは残念でした。私は、後半から解いていたので、削除された問題、普通に解いていました…。

投稿: rin | 2005.10.17 21:12

 終わりました…。こちらのサイトと皆さまの情報には本当に助かりました。専業主婦で一人で勉強している環境だったので、本当に心強かったです。ひろみさん、みなさん、ほんとうにありがとう。

 しかし、今朝は武蔵野線がとまって試験場到着がぎりぎりになってしまいました。案内をよく見ていたら、当日の緊急連絡先がちゃんとのっているのですね。なあんだ、連絡すればよかったのか・・・。

 誤植の多いテストだったので、皆さんも集中力が途切れたとおっしゃっていますが、わたしは途中から1個ずらしてマークミスをしてしまい、見直しながら消しゴムで消して必死で直していました。よくあることなので、放送のせいだけとはいえませんが…。あとは
待つだけです。ゆっくり休みます!

 

投稿: てん | 2005.10.17 20:26

皆さんお疲れ様でした。
あいにくの雨でしたし、出題のミスがあって、集中力が途切れてしまいました。
今までいろいろな試験を受けてきましたが、問題削除とか、あれほど多い誤植のある試験は初めてでした。
しかも当日までミスに気がつかないなんて!?

私のほうは、時間ぎりぎりに何とか間に合い、腎臓結石の発作の痛み止めを飲みながらの受験でした。
途中、何度か激痛がありましたが、何とか耐えました。
それなのに、出題ミスなどの放送が何度もあり、最悪の環境でした。

今日はゆっくり休んで、明日はまた病院です。

ひろみさん、その他、励ましのお言葉をいただきありがとうございました。
何とか1次試験を受けることができたのも、皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

投稿: ことり | 2005.10.17 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わりましたね:

« 試験が始まりました | トップページ | 受験報告-全般 »