« 受験報告-全般 | トップページ | 発表までの2週間 »

2005.10.18

受験報告-試験問題

人気ブログランキング

昨日は本当にお疲れさまでした。

何人かの方がコメントをくださっていますが、「こんな問題だったよ」という報告はこちらにコメントをください。
やはり毎年傾向が変わるようですね。それでも、情報は多いほうがいいです。今後受験される方のために、よろしくお願いします。

|

« 受験報告-全般 | トップページ | 発表までの2週間 »

H17年度受験」カテゴリの記事

コメント

 SCから教育相談所に、不登校女子の母子面接をして欲しい、というリファーの電話が…という事例の補足です。不登校の事例ですが、確か家庭の事情が絡んでいるもので、どちらかというと怠学とか無気力型という感じで、来談動機の低い子どもだったと思います。

問「正しい対応はどれか」
・ダブルセラピストにならないように、SCには今後母子の面接をしてもらわないように頼む
・SCからできるだけ情報をもらっておく

といった選択肢があったように思います。

 その後、母子は相談所に来談(細かい経緯は忘れましたが)、子どもは面接中も携帯電話でメールをチェックしたりしている。面接へやって来ても、学校への不満やSCの悪口ばかりを口にしている…といった記述を挟んで、

問「この子どもについての正しい理解と対応(?)」
・SCの対応に問題があるからだと考え、不満を共有する

みたいなものがあったような…

以上、補足とは言うものの、不足している部分が多すぎますが…(--;)この問題は、「なんだかすごい選択肢が多いな…」と思った記憶があります。他にも書いてらっしゃる方がいらしたかと思いますが、私個人としても、今回は学校関係の問題が非常に多かったな~、という印象が強いです。

投稿: まさ | 2005.10.22 11:27

ふと、想い出しました。(かなり曖昧な記憶ですみません…)

・「リフレーミング」とは、どのようにthが働きかけることか?その例を挙げた文章の中から適切なものを選ばせる問題。

・精神保健福祉法に関するもの。

 様々な施設に関する問題。
 最近、名前や制度(あつかう年齢)が変わったものはどれか?
 乳児院であづかる年齢の上限が上がったか否か?(○歳~○歳)
 児童養護施設は養護施設になったか?
 援護寮は、児童自立支援施設になったか?

 ○○という施設(保健所関係だったような…)の○○という役職の人(○○相談員っぽい名前だったような…)が扱う対象は、専門性の高くない、軽微な方の相談を扱うことになっているか否か?

 
 

投稿: XYZ | 2005.10.22 11:14

低感情表出家庭のほうが、統合失調の予後がいい
というような記述もありましたね。

投稿: cpnp | 2005.10.22 01:19

>だとしたら、そのおかげで、その後の正誤問題に出てきた「16PF⇒Cattel,R.B」のほうが誤りなのかと惑わされてしまった人もいるのではないかと思います。

→おかげで惑わされた方も他にいらしたときいています。

>これなら中途半端にCattelちがいについて知らないほうが楽だったぁ。

→ほんと、そうですよね。
 16年度も「Cattelちがい」について、出題されていたのに、悲しい限りです。
 FAXでは、
「受験生にとっては、日々、臨床心理学にまつわる勉学を正確に身につけるよう、精進して参りましたので、その姿勢が、正しく、等しく報われることを、心から願っております。」
 と書かせていただきました。。

投稿: ☆ | 2005.10.21 23:51

ひょっとすると、「Cattel,R.B」は誤植というか問題ミスだったんですね。
だとしたら、そのおかげで、その後の正誤問題に出てきた「16PF⇒Cattel,R.B」のほうが誤りなのかと惑わされてしまった人もいるのではないかと思います。
わたしは少なくとも数分迷い、数度マークしなおしましたよ。

「メンタルテスト」のCattelと「16PF」のCattelは違う人だったような気がしつつも
2問とも間違うよりはいいやと思い、矛盾をのみつつ両方とも「Cattel,R.B」でよしとしてしまいました。

これなら中途半端にCattelちがいについて知らないほうが楽だったぁ。

投稿: ほぅ | 2005.10.21 23:32

そうなんです。
メンタルテストについては、Cattel,Jがなく、Cattel,Rでした。

本当にそのときは、迷い迷いでした。
「J.M」の誤植なら、ショックです。他にもあるんじゃないかと不安です。

投稿: 不安 | 2005.10.21 17:06

初めて投稿させていただきます。
ひろみさんの、お心遣いや尽力には、いつも深く感謝しております。

さて。「ほぅ」さんのコメントを読んで、同じく思われていた方がいらしたことに感激しました!!

「ほぅ」さんの言うとおり、「メンタルテスト」については、選択肢に、「Cattel,J.M」がなく、「Cattel,R.B」と「Simon,T」があったことは、ハッキリと覚えています。

ちなみに、その問題では、4つの空欄をうめるもので、

①個人差心理学(研究?):ゴールトン(?)
②積率相関係数:Pearson(他にSpearman)
③メンタルテスト:「Cattel,R.B」(他にSimon,T 「Cattel,J.M
」は無かった)
④集団知能検査:ビネー

と記憶しています

③で、Cattel,R.Bを避け、仕方なくSimon,Tにすると、選択肢上、”積率”相関係数のところがSpearmanにならざるを得ませんでした。(正答はPearsonだと思います。)

私は、ひょっとして「R.B」と「J.M」の誤植なのではないか?と、協会に電話すると、
「現在、事務員しかおりませんので、匿名でかまわないので、お手紙かFAXでお願いします。こちらのミスでしたら、会議にかけて、それなりの対処をさせていただきます」
と、快く、丁寧な対応で受けてくださいました。

私は既にFAXさせていただきましたが、1人では届かぬ声かもしれないので、もし同様に思われた方がいらしたら、FAXしていただけると大変助かります。
FAXだったら、明日までに間に合いますもんね。
(なお、私としては、この1点に関してのみのFAXとさせていただきました。)

投稿: ☆ | 2005.10.21 13:32

ちなみに、変な生き物が近づいてくる~という主訴の事例は、妄想ではなく、幻覚です。(ですので、問もヒステリー性妄想ではなく、ヒステリー性幻覚だったと思います)

また、ゆっこさんが書いてくださった
4)「精神分析的~」の穴埋めは
 (   )は妄想を(   )と捉えた。
というような、理論的なものがあったように思います

という部分ですが、前半の(  )の選択肢にはフロイドとクラインがありました。(あと、これも“妄想”ではなく“幻覚”)


投稿: ダック | 2005.10.20 21:59

初めての者ですが、失礼いたします。

心理査定・評価に関する歴史のような内容の穴埋め問題があったかと思います。
で、そのなかで、「メンタルテスト」という用語を初めて使ったのは誰かと問うような穴埋め箇所があって、キャッテルでいいと思うんですが、選択肢には「Cattel,J.M」が無くて、「Cattel,R.B」か「Simon,T」だけだったように記憶しているんです。
わたしの全くの勘違いや記憶違い、知識不足だったらとても恥ずかしいんですが、どなたか覚えていて、説明していただけたらありがたいと思います。

とにかく皆さんお疲れ様でした。

投稿: ほぅ | 2005.10.20 21:47

17年度問題について

・事例問題(の大まかな概略)
中年女性。記憶がとぶという訴え。
聞くと、記憶がとんだのは2回だけで、内容は「長男の婚約者と会う約束をしたようだが、記憶にない」「長女の振袖をどこにしまったか忘れた(もしくはどこかにしまい忘れた)」ということ。
夫・長男・長女は同じ大学。Clは疎外感を感じている。長男は結婚に反対していると非難するが、Clは自分の結婚の時に、夫の両親から反対された経験があるので、そういうつもりはない。
(事例の途中部分に関しては、忘却)
カウンセリングを進めるうちに、Clは自分の母親に愚痴を聞いてもらっていたことを思い出した。Coに対して話ができたのは、このことが影響していたかも、という話になった。(この辺も曖昧・・)
(最後は改善、の方向だったと思う)

問いは
・Clの診断として妥当なものを選択
・Coに対して、どんな転移があったと考えられるか?(文章になっていて、空欄に入る言葉を選択)
・他にも問がありましたが、忘れました・・(でも他の方がカキコして下さっていたと思います)

投稿: ダック | 2005.10.20 21:43

追加です。

・描画法 選択問題 枠付けについて
「風景構成法では、あらかじめ枠が印刷された用紙を使う」といった選択肢がありました。

・投影法の歴史(?)
 穴埋めで人名を答えるものでした。「rapaport」の名前が出てた気がしますが…(たぶん…)

・テストについての選択問題
 改訂版長谷川→カットオフポイントについて
 田中ビネー→「DIQの採用によりMAは基本的に算出しなくなった」とかなんとか・・・
 コース立方体組み合わせテスト→「言語を使えないと実施できない(?)」だったかな・・・(ちなみに非言語性検査です)
 SDS→自己評価尺度である
 あと一つ何かあったのですが、忘れました…

・虐待について 選択問題
 「kemp-バタードチャイルドシンドローム」しか選択肢が出てきません…

・WISCの問題
 下位検査が言語性と動作性のどちらに入るか…みたいな問題であった気がします。

 いずれもぼんやりですいませんm(_ _;)m

投稿: まさ | 2005.10.20 19:17

ちらっとのぞいてみたら、ものすごいコメントの数にびっくりしています(/;-o-)/!!みなさん素晴らしい記憶力ですね~、コメント読みながら「あ~、あったあった」と、もっぱら「再認」オンリーです…
 しかし、みなさんのコメントによってプライミングされたものも、多少浮かんでまいりました!

・ロールシャッハの選択問題(片口とエクスナーの共通点を問う)
→選択肢の中に、「P反応の基準(?)はどちらにも共通している」というのと、「反応領域はどちらにも共通している」という感じのものがあったような…

・認知行動療法
 選択問題にあった気が…内容はすっかり忘れてしまいました(涙)

・自閉症の概念の歴史(?)
 選択・穴埋め式問題で、人名を答えるもの

・DSM-Ⅳ-TRの選択問題
 たしか「気分変調性障害」についてだったような…選択肢には、「感情表現性障害のカテゴリーに含まれるかどうか」みたいなものがあったような気がします。
 人格障害について、「第一軸か二軸か」という設問があったように思います。

 いまのところこのくらいしか思い浮かびません…また思い出したら書き込みますね。

投稿: まさ | 2005.10.20 12:20

皆様、お疲れ様でございました。
試験前は時間がなくてイライラしがちだったのが、終わったとたん時間をもてあましてしまって落ち着きません。終わったら~やろう、と思って我慢してたことが沢山あったはずなのに…。

問題はあまり記憶していないのですが、印象に残っているものだけ、お伝えします。
・WISC関連
⇒詳しく覚えていません。
・特別支援教育関連
⇒特別支援コーディネーターの役割についての問題だったと思います。他機関と連携をとれるよう情報収集をする、とか、対象になる児童についてとか、校内支援委員会のこと、とかだったと思います。
・境界性人格障害
⇒診断基準だったかな…?
「DSM-Ⅳ-TRにおいて~」から始まる問題が数問あったように思います。

思い出したら、また…。

投稿: ハル | 2005.10.20 10:31

SCT 刺激文は用途に応じて自由に変えてよいのですよ。

投稿: cpnp | 2005.10.19 13:03

SCTの問題がありました。
A センテンスコンプリートテストである。
B 語頭の文章を適宜変えてよい。
C 
D 数量的、??解釈が可能である。
正しいものは、ADだったと思います。
(もう思い出せませんが)
Cの選択肢も全く的はずれだったので
正答するのは簡単だった問題の一つでした。

投稿: さこ | 2005.10.19 12:52

すみません、うそを書いた気がします。

ハセガワについての出題です。
「HDS」なのか「HDS-R」なのか思い出せません。

そして追加として挙げさせてもらった選択肢の「ウェルニッケ」ですが、自分のホームページには「コルサコフ」と書いておりました。
どちらか、みなさんの聞き覚えのある方が正しいかと存じます。

投稿: ゆっこ@仕事中 | 2005.10.19 11:32

みなさんの記憶力に脱帽。
私が思い出したのは、皮肉にも、忘却について。

・エビングハウスの忘却曲線ー実験の方法は
 「再学習法」であるか      
            です。

投稿: huwahuwa | 2005.10.19 09:22

前半に時間がかかりすぎて後半が一問1分のマークとなってしまい、あまりのていたらくに終了後は寂しさ一杯。
ほとんど自分から思い出せるものが無い中でかろうじて1つ思い出したので・・重なっていたらごめんなさい。
・内分泌ホルモンは髄液or血液にて体内を運ばれるか。
・シナプスorチャネルの選択
・内分泌?と神経の伝達速度、どちらが速いか。

投稿: ゆうちゃん | 2005.10.19 04:52

初っ端から、問題文の長いものが続き、やるきがそがれました。

・ピアジェの感覚操作期~形式操作期の詳しい文がでてました。
・PTSD、「自分が死ぬ目にあった」「他人の死ぬ目をみた」「恋人に暴力振るわれた」などからの洗濯。PTSDといえるかどうか。
・リーダーシップの形式で「変革(?)リーダーシップ」とかいうやつ。
・感覚言語野が損傷すると「言葉の意味」がわからなくなるか?

皆さんよく覚えていますね、すごいです。
今のところこれくらいしか思い出せませんでした。

投稿: ちゃりんこ | 2005.10.19 02:00

追加です。ほんと皆さんよく覚えていますね。皆さんの読みながら「ああ、そうそう」って他人事みたいに・・・。ロールシャッハは予想通り片口でしたが、一問片口と包括との共通する記号について、ありました。たしかTkとMと、あといまは忘れました。

投稿: はるき | 2005.10.19 01:15

ロジャーズお宅の私としては、どなたもこの問題を思い出されないので、投稿させて頂きます。

ロジャーズの必要十分条件が一問ありました
①カウンセラーは一致している
②クライアントは不一致の状態にある
③カウンセラーはクライアントの準拠枠を分析する
④クライアントはカウンセラーの受容や共感を最低限経験してなければならない

という選択肢だったと思います

投稿: PCAっ子 | 2005.10.18 23:21

みなさんよく内容を覚えていますね。
私は傾向だけ・・・あとは思い出してきたという感じです。
精神分析が思ったより多かったことと、ユングが2問ほどだされて意外と思ったこと程度です。統計と社会がほとんどなく、査定も基礎的なものだけで、傾向が変わってきているのだなという感じでした。後半はご指摘どおり法律等、事例を読んでの解釈。(診断には疑問を感じますが)次の年の再受験は避けたいです。


投稿: Emi | 2005.10.18 22:23

覚えているところでは、
・ユングのタイプ論に対する記述の正誤

・フロイトの転移論 転移性治癒等

・YG MMPIの構成と適応 ユングの理論が使われているとか

・マーレーの欲求-圧力理論

・やたらとクレッチマーがでていましたね

・TATの男女別の絵と子供用、老人用

・風景構成法の描画手順、色彩分割法の侵襲性

・SCTの項目は自由に変更していいとか

・統合HTP

・統合失調の一級症状

・自己愛性人格障害の特徴を二つ選ぶ みすてられ不安

・家族療法におけるスーパーバイズ

・うつの日内変動

・統計 メタ分析 検定の方法(片側 両側の意味)

・事例は出ている通りですが、主婦の事例で、自分だけのけものにされている、とのべ学歴のことなどを話していた例がありました。
「家事を終えたあとにお茶を入れたり花を生けたりして楽しんでます」と報告したケースです。
母親に昔よく愚痴っていたということを思い出す。
問いは、このケースの診断予測。
花を生けるなどの行為は防衛機制の何によるか。
また母親を思い出したのはCoにたいする何転移か(陰性 陽性 母 息子 夫)だったかな。

投稿: せと | 2005.10.18 22:23

ウェルニッケ以外にも脳脚があったはずだ。

投稿: isola | 2005.10.18 22:12

ユング心理学
思考、感情、感覚、直観についての説明。

投稿: isola | 2005.10.18 22:09

後半の穴埋め
ラカンの排除の概念

投稿: isola | 2005.10.18 22:05

個人情報保護法について調べてみたところ、第一条でした。(虐待防止法も第一条でしたよね~。同じパターン)問題はこんな感じ。

この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の(A?)な取扱いに関し、基本理念及び(B)による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う(C)の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の(D)に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする。

ちなみに、Aの部分は不確か(多分ここだったと思うけど・・)
B→司法or政府
C→団体or事業者
D→有用性or危険性?

投稿: ダック | 2005.10.18 21:59

また思い出したので、17年度問題を追加。

・個人情報保護法(条例?)
 説明文が載っており、空欄に入る言葉の正しい組み合わせを選
 ぶ問題

・集団療法とエンカウンターについて(比較)

投稿: ダック | 2005.10.18 21:49

ついでなので…。
ダックさんが書いてくださっている「不登校の子ども+母親」の事例です。(一番下をご覧下さい)

【問1】Thはどういう対応をすべきであったか。○×。
a.Thが何度も「子供さんを連れてきてください」と促したのは、
 子供の問題なので当然である。
(事例では、1度目は母親に子どもさんを連れてくるように促し、2度目も母親のみであったので、子どもさんをつれてくるよう「強く」促しています)
b.
c.本事例においては、母親の問題の方が大きいと推測されるので、
 母親をどこかの相談機関に紹介するべきだった。
d.子供の来談したくない気持ちにももっと添うべきであった。

【問2】箱庭制作に関して
正しいものを2つ選ぶ問題。
A.
B.攻撃性を出すことが出来た
C.娘さんはCPに対して不信感を抱いた
D.

【問題3】「娘も私と同じ事をしていたのですね」という母親の言葉がさすものは?
正しいものを1つ選択?

a.学校に行きたくなかった
(事例の子どもは小学生の頃から登校しぶりがあり、その頃は母親が無理やり登校させていた。カウンセリングが進むにつれて、母親は自分も幼い頃学校に行きたくないと言い、母親に無理に学校に行かされていたことなどを語った。…そのことに関連させてできた選択肢では?)
b.
c.親から自立しようとしていた
(進学先は通信制の高校でした)
d.
e.

「親を困らせたかった」などもあった気が…。

長い事例は他に
「パニック障害男性」(ロールシャッハ)
「記憶が2度とんだ中年女性の事例」(ヒステリーの解離性健忘だった気がします)
「"あなたのお父さんが生活保護を申請しています"(なので生活費を出せ)と保護課から連絡を受けた女性の事例」(生活保護や福祉課と関連する問題あれこれ)
「学校心理士と外部相談機関の心理士とのやりとり」(最終問題)

があったように思います。

投稿: ゆっこ | 2005.10.18 17:41

目に留まったのでひなさんの付け足しを。

1)の「***脳症」は「ウェルニッケ脳症」でした。

2)の根拠は1)の判断の際まったく考慮されなかったものの選択。
 「Clが認知症であるため」というような選択肢がありました。

4)「精神分析的~」の穴埋めは
 (   )は妄想を(   )と捉えた。
というような、理論的なものがあったように思います。


また、ダックさんが書かれている失語症男性の事例。
最初の問題は失語症の種類について問われていました。(1問目)

2問目
a.Clの不安は、状況によるものが大きいので、Thはその点に留意しなければならない。(テストの点数だけ見て、それを鵜呑みにしちゃダメよ、風味でした)
b.Clはもともと不安をもつ人なので~。
c.Clには認知症があり~。
d.Clには認知しょうがなく~。

~の部分はそれなりに「もっともらしいこと」であったと記憶しています。

3問目
a.
b.
c.(要約)Clは抑うつが強く、自殺の危険性があるのでClの行動観察をする必要がある。
d.

3問目はその後の対処について問われていたと思います。(見立てのようなものも含まれていました。自殺の危険性にはいかないまでも「身体のマヒによるClの抑うつが~」や「Clには認知症が~」というような…)

質問紙の点数は私が記憶しているものとダックさんが書かれているものと同じです。

事例のほかに出ていたHDS-Rの問題は。
「HDS-Rのカットオフポイントは30、31である」というようなものでした。

投稿: ゆっこ | 2005.10.18 17:22

 昨夜から皆さんの報告を読ませて頂きながら、落ち込んだり、励まされたりしています。
色々と大変な状況の中で、私も皆さんも頑張ったんですね。ほんと、お疲れ様でした。
 事例問題、皆さんのを読みながら、脳裏に蘇ってきた部分を少し、書いてみます。
 50(?)代、女性の事例
夫と自分とで暮らしていて、以前、家で夫(がorと)仕事をしていたが、今はやめている。息子夫婦が(別棟)一階に同居している。主訴は「(夜になると)気味の悪い生き物がたくさん現れ近づいてきて、恐ろしくてたまらない。」精神科を受診したが異常が認められず、心理療法を勧められ来所。
夫は以前から、自分とあまり関わらず、息子達も何をしているか、いつ帰ったのかも分からず、淋しい。姑の介護も一生懸命やったが、(亡くなった)。
 何回かのCoの後、息子に「返ってきたときには、声をかけてほしい」と言うことが出来た。また、気味の悪い生き物に、「何故、出て来るのですか、どうか来ないで下さい。」と思い切って言ってみた。その後、気味の悪い生き物の出現がなくなりCoは終結した。
 最終回に初めて、嫁の父親が亡くなったため、母親を二階に同居させることになっていたこと、それでは、狭いだろうから、仕事に使っていた所を改装して、住んでもらおうと思っていることが語られた。
 
 1)女性に考えられる病名として最も
適切なもの
   a)ヒステリー性妄想
   b)認知症
   C)(**)性脳症・・見たことのない名でした
   d)アルコール依存症

 2)その根拠
   a)病院で異常が認められていない
   b)Coで症状が消失した
   C)(状況把握が出来ている)
   d)(虚言がある)
 
 3)症状が改善したのは何故か
   a)自分の気持ちを言葉にできた
   b)(thに淋しさを受容してもらった)   c)(夫との関係が改善された)
   d)息子に話し掛けて貰えるようになった

 4)精神分析的にこの症例を説明すると..(穴埋め)
   女性は自身の(A)を(B)することで症状を呈していたが、気味の悪い生き物に「来ないで下さい」という言葉は嫁の母親の同居にたいする気持ちで、(C)と言える。
  A寂しさ/怒り B抑圧/? C/同一化
/投影

   長くなってしまいましたが、覚えてる範囲で忠実に再現してみました。無意味かもしれませんが、来年受験の方に少しでもリアリティーが伝わればと思って..というより自分が落ち着かないから気を紛らわせているのでしょうね。文中( )は、不確かな箇所です。
   
 ちなみに私は論述で失敗しました。ケースの説明に字数を取り過ぎ、「専門性に資するところ」という質問の要点が掴めていない最低の出来です。それを挽回できる程マークが取れたとも思えません。一次はマークのみの結果で、という放送があったというのは全く記憶になくて、如何に論述後、頭が真っ白になっていたかがわかりました。あの論述はどう書けば高評価なんでしょう..?論述ってどの位見られるんでしょうね。ご意見頂けたら嬉しいです。


 

投稿: ひな | 2005.10.18 16:40

ひとつ、BeckのDepression Inventoryに関する問題が出ました。質問紙法の中で私がまともに知っているのはこのテストだけなので、何だかうれしかったのを覚えています。試験中に喜んでいる私もめでたいですが。

それにしても皆さん、よく試験内容を覚えていらっしゃいますね。私なんか午前が終わった瞬間に試験内容は8割がた忘れてしまったように思います。そうでなければもっとここで貢献したいのですが、すみません。

投稿: Piea | 2005.10.18 14:31

17年度の続き。あとはもう細切れに覚えているものを書き出します。

・HDS-Rは事例にも他の問題にも出ていましたが、カットオフポイントを知らないと答えるのが難しかったです。

・児童自立支援施設・乳児院・養護施設などの改正点(名称変更や、対象の変更・拡大など)についての説明文の正誤を問う問題

・動的家族描画法

・Tellenbach.Hのメランコリー親和型

・最近?の動向についても、いくつか。
 文の正誤を問う中で、下記のような記述がありました。
 ・不登校は中学生より小学生の方が多い
  (もしくはこの逆の文)
 ・不登校は14・15年度は連続して減少したが、10年前よりは増加している
 ・少年法では、最近の議論で、14歳未満でも重大犯罪を犯した者については少年院送致をすることが検討されている。
・・・などなど。

投稿: ダック | 2005.10.18 12:19

17年度問題の事例

老年期の女性。たしか2世帯で、1階に夫と住み、2階には息子夫婦が住んでいる。女性は「動物?が来て、怖い」みたいな訴えをする。(このあたりは不確実です。)検査をしたが、器質(機能?身体?)的には異常なし。
面接を続けるうちに、「来た動物?を追い払う?」みたいなことも言うようになった。それに息子夫婦が何をしているのか分からず、淋しい思いをしていたことを話し、息子に「声をかけてほしい」みたいなことを言った。
そのうち、動物?は来なくなった。面接の最後に、実は息子夫婦が嫁の母親を引き取とり、その母親が2階に住むようになったことを語った。
・・・と、かなり不確かですが、こんな内容でした。みなさん、訂正をお願いします。

問1.この女性の診断名を選択
問2.この女性の症状について
問3.この女性の症状が解消したのは何故か
他にも問があったような気がしますが・・

投稿: ダック | 2005.10.18 12:05

17年度問題の続き。

1.最後の事例は学校臨床心理士から、教育委員会の相談室に電話があり、不登校の女の子とその母親を紹介され、連携を依頼された、というような内容です。
問われたのは、その紹介の受け方に関することでした。この事例から2、3問くらい出ていた気がします。

2.脳血管なんとかで、失語症の老年期の男性。「うまく話せない」といったことを訴える。確か、HDS-RとSTAI、SDSを実施。
確か、HSD-Rは20点、STAIは特性不安が32点?状態不安が54点(確かな点数は忘れましたが、特性不安より状態不安の方が得点んが高かった)、SDSは確か30点。
実際の問題文はもっと長く、もっと詳細です。

問1.男性の状態の理解に関すること
  (つまりテスト結果の解釈を問われていた。)
問2.男性に対する関わり方
  (どんな視点・理解にたって、援助するか・・みたいな感じ)
他にも問があったかもしれませんが、忘れました・・・

投稿: ダック | 2005.10.18 11:52

ひろみさん、こんにちは。
またまた17年度の問題です。覚えているものを書き出します。

事例は全部で5つくらい?
1.不登校の中学生の娘の母親。
娘は行きたくないというので、母親だけが来室。最初から母親自身とその母親との関係を話しだす。Thは娘の話をするように言った。そして本人を連れてくるよう伝えた。
その後、本人も来室。攻撃性を表現した箱庭を作り、Thに微笑んだ。母親が箱庭を見たいというので、Thは箱庭を見せ、本人に説明するよう言った。本人は母親に、箱庭の説明したが、それ以降「相談室には絶対行かない」と言って来なくなった。
それ以降は母親のみが来室。ずっと自分の母親には逆らえないできたことなどを語った。(ここはもっと詳細に書いてあった)
その後、娘は高校に合格したが、それは親の希望とは違う高校だった。母親が「娘と自分は同じことをしたのですね」と語った。
(大体、以上のような事例)

問1.最初のThの対応について
問2.来所した本人は、どんな感情が湧いたか?
    正しい組み合わせを選択(みたいな問題)
問3.「自分と娘は同じことをした」というのは、どういう意味か?
    正しい文を選択

・・・私は今日、仕事が休みで、でも何かしていないと気持ちが休まらないんです・・。こうやって、問題をUPすることで、少し落ち着けるような気がしています。

投稿: ダック | 2005.10.18 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験報告-試験問題:

« 受験報告-全般 | トップページ | 発表までの2週間 »