« よって立つ理論は? | トップページ | 緊張の糸が… »

2005.11.05

ご意見ありがとうございます

SVについて、また資格を取る意味について、たくさんのご意見ありがとうございます。
「よって立つ理論」はちょっと難しいですね。かんさたん、マッハさん、ご意見ありがとうございます。

管理人は、以前に自分の見解は述べているなぁと思ったのと、精神的余裕がいまいちなくて、自身の意見は控えていました。すみません。こちらで、まとめをさせていただきます。

資格を取る意味は、いろんな意見があるなぁと改めて思いました。

臨床心理士資格を持っているメリットはやはり大きいです。私は学校心理士資格も持っていますが、私の居住する都道府県では、SCの条件は臨床心理士資格です。学校心理士資格を持っていても、SCにはなれません。ほとんど意味のない資格なのです。
臨床心理士は、ある意味ステイタスではないか、というご意見もありましたね。そういう側面はあると思います。それも、いいじゃないですか。でも、外からみてわかるステイタスというよりは、自分の内面からの効果として自信がついた、ということが私にとっては大きいです。

私は、心理職を目指すならば、臨床心理士になってようやくスタートラインに立てたという思いです。私の友人は「根っこができた気がする」と表現しました。他にも資格はあります。臨床心理士が全てだとは言いません。でも、私はそのように感じます。

資格が欲しければ、なりふりかまわず欲しがっていいと思います。勉強方法について、あんなのは邪道だとか、誰にも言う権利はありません。どんな方法で勉強をしても、合格できた人には、それに見合う力があるのです。

SVについては、条件面の整備の問題があるというは、あまり認識していませんでした。
試験対策ににSVを受けるのもありでいいと思います。別にそれっきりで終わるわけではなく、今後につなげていけばいいし、なによりご自身の臨床とClのためになります。臨床になんのプラスにもならない、本当に試験対策のためだけのSVなら、試験にも役に立ちませんよ。

まとまりがないですが、2次試験に向けて、がんばりましょう!

|

« よって立つ理論は? | トップページ | 緊張の糸が… »

臨床について」カテゴリの記事

コメント

1次試験が終わってしまったらなんだかすっかり魂まで抜けてしまったようで毎日ボーっとしています。仕事はちゃんと行っていますが、自分の中で試験への緊張の糸が切れてしまったようです。
まだ試験は全部終わっていないのにです。自分の中のエネルギーが枯れてしまっています。
当然のごとく全く2次の準備が出来ていません。
 
面接はたった10分・・・されど10分です・・。そのためにまた東京に行くのですね。行けることに感謝しなければなりませんがやっぱり東京は遠いです。

あと一息頑張ります・・・・・。
どうやらバーンアウトっぽいです。
というかほんとにそうみたいです・・。

投稿: ゴホン | 2005.11.05 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご意見ありがとうございます:

» 元気を出して歩いていこう☆ [元気☆]
よかったら見てください☆ [続きを読む]

受信: 2005.11.05 11:01

« よって立つ理論は? | トップページ | 緊張の糸が… »