« 勉強方法-参考書 | トップページ | 新たな年に向けて »

2006.01.04

あけましておめでとうございます

みなさん、あけましておめでとうございます。

昨日帰省先より戻りました。2006年になりました。みなさん、いかがお過ごしですか。

私は正月は完全休養でした。やることがあるのに…なんだかだらけてしまって。はあ。
どうもエンスト状態が持続しています。

そんな状態ですが、年のはじめなので…今年の抱負など。
こういう場でオープンにしてしまうと、やらないわけにはいかないですから。私は正直者なので、言ったことは必ず実行します。(きっぱり) 弛緩しきった状態から脱却のためにも、自分で自分に縛りをかけます。

昨年やってきたことは、一昨年の続き、まとめでした。私にとって。必勝マニュアルの出版も、通信講座もです。一昨年の勉強部屋の成果をなんとかまとめよう、引き継いでもらえる形にしようとして、それだけで終わってしまいました。
ところが、大急ぎでやったこともあり、いろいろ不完全な部分がありました。ご迷惑をおかけした方々にはお詫び申し上げます。

今年の私ですが、昨年がそういう状態だったので、さらにその後始末から始めなければいけない状態です。それを年明けから2月までに終わらせないといけないのに、まだエンジンがかからないというわけです。

昨年、始められてうれしかったことは、大学院の外の臨床の先生にSVを受け始めたことです。実はこの先生の手法こそが、私が臨床で本当に目指しているものなのです。学会もあります。昨年はその学会の研修にも一度も出ることができませんでした。今年は基礎研修から始めて、その学会認定のカウンセラーの資格が取れるように、一歩を踏み出したいです。

昨年は研究論文を2本仕上げようとテーマも決めていましたが、みごとに流してしまいました。不本意だし恥ずかしいですが、体は1つしかないので、転勤先での仕事に慣れることと受験生の支援を選びました。これは自分でやろうと思って決めたことで後悔はありません。

研究1は半分でお茶を濁すように形にしてしまったので、続きは実践を踏まえて、長期的に考えます。
研究2は中身はあるのですが、形式をどうするのか、まだ考えられません。今年はおいておきます。

というのは、昨年別のテーマに出会って、そちらを先に形にしたいからです!
形は論文ではなく単行本です。論文より先に単行本というパターンも、研究者としては邪道だと思います。ますます評価されない実績を積み上げてどうするねん、と自分でも思います。

でも、私はライターでもあるし、自分の感性から発したものを分析して、論を展開するのが好きです。今はやっぱり本を書きたいです。(書きたいのは中島みゆきさんではないアーティストについての、歌詞分析が中心の音楽評論です)昨年資料集めもある程度して、整理もかなりしたのですが中断中。なんとか再開して、書き上げるのが、今年の目標です。
そして、先の著書も今回も、いつかは病跡学研究に仕上げることが、私の夢の1つです。

みなさんも夢に向かって、新たな1歩を踏み出せる年にしましょうね! ファイト!

|

« 勉強方法-参考書 | トップページ | 新たな年に向けて »

コーヒーブレイク」カテゴリの記事

コメント

ひろみさん、みなさん、
新年明けましておめでとうございます!(^^)!

帰省から帰ってみると、ポストに臨床心理士会から、九州(福岡だったかな?)での研修会のお知らせが入っていました。来年4月登録組は、ポイントに含まれないようですが、内容的に興味深いものでした。
参加したいなぁ・・・と思いますが、やはり、交通費がばかにならず、この度は無理そうです(^_^;)

臨士会の研修会に限らず、今年は昨年あまり出席できなかった分、すこしずつ参加していきたいと思っています。

臨床心理士に限らず、日々臨床に携わっておられる方なら参加できるような研修会など、情報交換できる掲示板などあるといいのですが。

投稿: saia | 2006.01.06 12:25

みなさん、明けましておめでとうございます。
さて、今までこのサイトでいろんな情報を得ながら、自分自身も臨床心理士資格認定試験に向け頑張ってきました。何とか合格させていただきました。ひろみさんやコメントを下さっているみなさんに感謝の気持ちで一杯です。
かなかなさん、実は私は、昨年度、かなかなさんと同様、2次試験で不合格でした。
いっしょに頑張ってきた一次通過の仲間はというと、みなさん合格していました。まわりの状況を見た時、「なんで自分は不合格だったのか」という思いが頭の中を駆けめぐり、「自分自身を否定された」ような気持ちになり、かなりしんどかったことを覚えています。
しかし、まわりの人たち(もちろん合格した仲間たち)に励まされ、支えられる中で、自分にとってこの結果は意味あることなのだと受け止めることができるようになりました。
今確かに「この一年は、臨床家として今後も活動し続けるための、必要なイニシエーションだったのだ」と思えます。
かなかなさんが、今後どんな結論を出されるか分かりませんが、何か参考になれば幸いです。

投稿: リトルダック | 2006.01.05 14:44

あけましておめでとうございます。

昨年末に不合格通知が届き、それまでは「落ちてもまた頑張ろう」と思っていたものの、やっぱりショックだったようで。大切な人が亡くなったり、夫が病気になったり、赤ちゃんの世話もしながら、仕事もし・・とそんな中で踏ん張って試験勉強を頑張ってきた1年だったので、不合格通知で糸がぷつんと切れてしまったようになり落ち込んでなかなかこちらに報告にこれませんでした。

あまりにショックだったようで、「2次で落ちるなんて、自分はよっぽど何か問題があって、職業人としても、母としても、妻としても私はダメダメだ」と自分を責めまくっていましたが、少し時間がたち、友人や夫や子供たちに支えられ少しずついつもの私らしく元気になってきました。

臨床を続けるも続けないも、また試験を受けるも受けないも、妻としても母としても、自分でできるとかできないとか決めつけず、流れにのって素直にいこうなとそんな風に思っています。

同じように落ち込んでいる人や、昨年2次て落ちたけど、今年受かった方、何かアドバイスがありましたらいただければ幸いです。

風邪がはやっています。みなさん体調にはお気をつけくださいね。

投稿: かなかな | 2006.01.05 12:33

あけましておめでとうございます。
昨年は本当にお世話になりました。
ひろみさん&みなさまにとって、よい1年となりますよう。

投稿: ゆっこ | 2006.01.04 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 勉強方法-参考書 | トップページ | 新たな年に向けて »