« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

臨士会

パワーさん、マリブさん、hiltonさん、コメントありがとうございます。

マリブさん、よろしくお願いします。大事なのは「やる気」です。時間的に厳しいものもあるかもしれませんが、みんな苦しい中乗り越えてきましたよ。マリブさんも、ファイト!です。

パワーさん、同じような質問を私はよくされます。どう語ればいいのか、自分なりのカミング・アウトの方法を、今考え始めているところです。

hiltonさん、臨士会ですね。私の場合は両方入っています。

続きを読む "臨士会"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

ありがとうございますm(__)m

まいごるるさん、こうさん、コメントありがとうございます。

今、いろんな仕事が重なって、時間と体がついて行きません。ブログも、思いはあるのに更新できず、自分でも寂しいです。

この土曜は学会に東京へ行きます。翌日は勉強会。前回以上にシャープにばりばりやりたいと思います。よろしくお願いします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

確信バイアス

実は先週の水曜日に新規記事として書いたのですが、プロバイダーの不具合でしょうか、ぶっとんでしまいました。気を取り直して、復元、再アップいたします。

17日(水)のNHKの「ためしてガッテン」で、人はなぜオレオレ詐欺に騙されるのか、その脳メカニズムについて紹介していました。

それは、情動生起に関連する、脳の扁桃体の働きです。


続きを読む "確信バイアス"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

医師の受験資格

内科医の方から、どのようにすれば受験資格を得られるでしょうか?というお問い合わせをいただきました。

私は受験資格関係は、大学院修了に関してしか知識がありません。情報をお持ちの方、コメントをお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

過去ログを読まれる方へ

私が新規に記事を書けない場合は、参照過去ログをリンクさせてただきます。そのコメントを読まれる時、1つご注意いただきたいことがあるのでした。

話題が続いている時に読みやすいように、新しいコメントが上にくるような配列になっています。これだと、いちいち新規コメントを読むために、スクロールしなくてすみます。しかし…あとから読むときに上から順に読むと???となります。下のコメントからお読みください。下から順々に読んでいただけば、話題が繋がっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お返事遅くなりました

tomoさん、ののさん、pooさん、コメントありがとうございます。

すぐにお返事できなくて申し訳ありません。本年度に入り、仕事の量が1.3~1.5倍に増えています。そんな中、昨年なみの活動量を維持するのに困難を感じています。

SVに関しては、これまでもいろいろな意見が寄せられています。こちらをご参照ください。

また、昨年のケースですが、こちらで紹介されているだけしか、私はまだ情報の整理ができていません。もし、追加の情報をお持ちの方はここにコメントをお願いします。

ご質問やお問い合わせをいただけば、対応させていただきます。こんな状態ですが、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自分のためのわがまま

本年度の試験日程は10月14日(土)です。

確認されたhitomiさんがコメントをくださいました。

今日認定協会にtelし、日程を再確認致しました。日曜日なら助かるのに・・・と思いつつ。協会の方からは10月14日土曜日に間違いなく、また会場もビッグサイトとのことです。その後上司に申し出て、金曜日を移動日としたい旨を伝え、休暇の許可を得てきました。「あなたの人生を決めるものでしょう?」との言葉にぐっと来ました。頑張る気持ちがまた湧いてきました。やらねば!

hitomiさん、そうですよ。仕事より、ときには家族よりも大事なことはあります。私は自分のために大切な「わがまま」はある!と思っています。

続きを読む "自分のためのわがまま"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

学習曲線とプラトー

昨日話が出たので、さっそく『キーワードコレクション心理学』で調べました。

学習曲線の種類
a.正の加速曲線…思考が増すとともに学習反応の増し分が大きくなる。学習が困難であるものの、困難を克服して徐々に学習が進む場合。
b.負の加速曲線…始めに急速に学習が進むものの、後になるほど学習反応の増し分が減少する。学習が容易である場合。
c.S字型曲線…前半は正の加速曲線、後半は負の加速曲線

プラトー
b.やc.において、思考を増しても学習反応の増加がほとんどなくなる状態

キーワードコレクションには、他にもう一つ学習曲線が紹介されていました。運動学習における学習曲線です。
いったん、プラトーに達した段階から、再び急速な技能の伸びが見られます。

続きを読む "学習曲線とプラトー"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本年度の試験日程

本年度の臨床心理士資格試験は

10月14日(土)

に決まっているそうです。
認定協会に直接問い合わせた方から教えていただきました。

続きを読む "本年度の試験日程"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ご迷惑をおかけしています

通信講座の件でご迷惑をおかけしています。
さっそくファイブアカデミーに連絡をとりましたところ、先週末に全て発送したとのことです。事情で遅れているにしても、時間がたちすぎなので、早急に状況を調べるよう手配をさせていただきました。

私としましては、GWに間に合うように仕事をしたつもりでおりました。まことに申し訳ありません。今回の事態に関しまして、心よりお詫び申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

資質を磨く

hitomi さんからの「こんな私でいいの?」という問いに、たくさんのコメントありがとうございます。

そんな中、にゃさんからのコメントが大変意味深く、私も考えさせられることが多かったので、引用させていただきます。

私はスーパービジョンで苦い経験があります。何人かの先生について気がついたのは”自分の中の何を使って(どのような資質)臨床に携われるのか”ということでした。これはいわゆるその人のセンスを磨くことに通じるように思います。自分に備わっている資質と足りないものを探すことになります。自分の中の資質を見つけるためには専門分野の視点だけでなく(つまりスーパービジョンや教育分析などにこだわるのではなく)実は日常の生活の中で自分の支えてくれる人、育ててくれ人を探すことも重要だと思います。  専門の知識も大切ですし、同時に「こんな自分が・・・」という気持ちがあるなら、自分の資質を見つけて、磨くこと、補うことを考えると良いかもしれません。

「足し算」していく発想がすばらしいですね!
 

続きを読む "資質を磨く"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »