« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

臨床心理士資格試験問題集 平成18年版 (2006)

受験生への応援を込めて! 人気ブログランキング

臨床心理士資格試験問題集 平成18年版 (2006)入手しました。昨年度の問題をやってみましたよ。結果の前に、「はじめに」に気になることが書いてありますので紹介から。

試験問題の公開は、今日の社会の共通認識となりつつあります。こうした現状をふまえ、過年度(17年度版)でも近い将来に過去問の全公開等の方向で検討していることを示唆したところです。しかし、この全公開や正解理由(解説)等の適正な実施手法については、問題作成過程等、さまざまな課題があり、これらの克服を通じて、より有用で整合された問題集として公刊されることの努力が積み重ねられています。

はい、早いことより有用で整合された問題集が出版され、このようなブログの役割も集結して欲しいものです。課題の克服をよろしくお願いします。

昨年度問題は、難問が減っている印象を受けました。でも、ちょっと油断してしまって、ざっとやった私の正答率は5割強でした。(^_^; なぜか、ロールシャッハの事例問題は全問正解!! 先日の特別講義の成果です!!

公表問題の項目を紹介しておきます。

続きを読む " 臨床心理士資格試験問題集 平成18年版 (2006)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

増補改訂 試験にでる心理学

受験生への応援を込めて! 人気ブログランキング

増補改訂 試験にでる心理学 一般心理学編
について、途中になっていたので続きを書きます。

私が著者の心意気に心酔しているのは、以下の理由によります。

1.声高に「学問」と言う人たちに対して、試験のための勉強はおおいに結構と言っている点

2.試験のためだけという目的を越えて、心理学テキストとしてきちんとしたものを作ろうとしている姿勢

続きを読む "増補改訂 試験にでる心理学"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昨日のラジオ

受験生への応援を込めて! 人気ブログランキング

昨日のラジオの放送時間ですが、2時すぎからでした。3時と書いてしまってすみませんでした。確証がなかったので後に?を入れるつもりが、あわてていて忘れました。

以前に放送されたのが、アンコールの希望が多かったための再放送でした。

続きを読む "昨日のラジオ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青本の最新版

ようやく出たようですね。

臨床心理士資格試験問題集 平成18年度版

Amazonでは在庫切れのようです。早急に入手して情報をお伝えしたいと思います。

受験生への応援を込めて! 人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恩師の出演

今から、NHKラジオ第一放送です~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増補改訂版 試験にでる心理学

受験生への応援を込めて! 人気ブログランキング

タイトルについてアップしようと思っていたら、NHKのラジオ(第一放送)から情報が聞こえてきました。3時頃、私の師が、PTSDについて出演して話をするようです。必聴!!

ネットで見つけて即注文していましたが、届きました。

増補改訂 試験にでる心理学 一般心理学編

私は著者両氏の心意気にほんとうに心酔しています。
いろいろ書こうと思ったのですが、ラジオが気になるし、娘が帰ってきたりしたので、中断します。また夜にでも…ラジオ聞いてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストバッテリー

応援ありがとうございます。おかげさまでランキングは鰻登りです。
 ↓↓↓
受験生への応援を込めて! 人気ブログランキング

みなさまの応援に見合った新規記事をアップしたいのですが、今日の私はあることをして、疲労困憊してしまいました。(+_+)

メールでいただいた質問でお答えしていなかったものをアップしますが、私には回答がよくわかりません。どなたか助けてくださればありがたいです。

過去問の8-49、テストバッテリーの問題で、選択肢D.「ロールシャッハとMMPIのかわりにTATを採用したほうがよい」→これが○だというのが、よく分かりません。 (もしブログに記事があったら申しわけございません。) 心因を検討する目的でTAT、というのはあり得るようなのですが、ロールシャッハとMMPIの代わり??ロールシャッハを用いるのは基本だと思っていたので、しっくりこないのです。 教えてください。

テストバッテリーの問題は、どれもよくわからないものだらけで、私にはお手上げです。

続きを読む "テストバッテリー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

統合失調症のクライエントへの心理療法

今年もまたまたキャンペーンを企画したいと思います。みなさま、ご協力をよろしくお願いします。

受験生への応援を込めて! 人気ブログランキング

応援の気持ち、がんばる気持ちをランキングへの1日1クリックに込めてください。ポイントやランキングがあがっていけば、受験生のみなさんへの励みになるかと思います。

私も、心理ネタで新規記事のアップをがんばります。質問やコメント、よろしくお願いします!

今日は、先月の東京の勉強会で確認をした、統合失調症のクライエントへの心理療法についてです。

続きを読む "統合失調症のクライエントへの心理療法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尊敬される人--ドラマ「チャングムの誓い」評

お勉強ネタで今は頭が働かない、ライターな私です。久しぶりでドラマ評を書いてみようと思います。
ちょっとだけ宣伝。ただいま発売中の「宝塚アカデミアアカデミア28」に1本だけ、公演評を書いています。

ドラマ評と言っても、今観ているドラマは1つしかありません。NHKの「チャングムの誓い」です。

まずは、「おしん」との類似点から。

続きを読む "尊敬される人--ドラマ「チャングムの誓い」評"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ロールシャッハの勉強会

今日は関西地区で勉強会をしました。特別講師にロールシャッハを中心に講義してもらいました。試験対策ではなく、臨床で使うための演習を丁寧にやってもらって、本当にためになりました。講師のSさん、ありがとうございました。

お勧めの本はとっても専門書です。

片口安史『新・心理診断法―ロールシャッハ・テストの解説と研究』金子書房
講師のコメント:バイブルです。

H.ロールシャッハ『新・完訳精神診断学―付 形態解釈実験の活用』金子書房
講師のコメント:『精神診断学』を読まずしてロールシャッハを語ることなかれ!

私もさらなる研鑽に努めたいと思います。<(_ _)>

東京のみなさん、お楽しみに~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

少年法について

メールで質問をいただきました。

ひろみさん、はじめまして。 このたび、「少年法」の問題についてどうしても理解できないものがありましたので、ご質問させてください。

平成13年度の問題99のCの部分です。

C.年齢は16歳未満であるが、J君を死亡させているので、場合によっては刑事処分になり、最初から刑務所で懲役刑を受けることもある。

解答は○となっていましたが、改正少年法の第56条には

「懲役又は禁固の言渡しを受けた16歳に満たない少年に対しては、刑法第12条第2項又は第13条第2項の規定にかかわらず、16歳に達するまでの間、少年院において、その刑を執行することができる。この場合において、その少年には、矯正教育を授ける。」

とあります。この条文からだと、14歳のI君は16歳までの間、少年院において収容されることになるかと思います。したがって、「最初から刑務所で懲役刑を受けることもある」というのは、間違いではないかと思うのですが…。

条文には「少年院において、その刑を執行することができる」とあります。「執行しなれければならない」ではないので、最初から刑務所でということもあるのではないでしょうか。

でも、勉強になりました。教えていただいて、ありがとうございます。
みなさん! 刑法の厳罰化に伴い、16歳未満であっても、14歳以上なら検察官送致の措置はあります。確認しておきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WAIS-Ⅲ

赤本、青本が8月末になるんですね。たいていの受験生は仕事していてるのに、比較的時間のある夏休みの時期に間に合わないというのは、少し配慮がないように感じます。

昨日、必勝マニュアルの2刷目の校正を出版社に送りました。その際、できたてホヤホヤのWAIS-Ⅲについて加筆しました。以下私がまとめた概要です。参考にしてください。

続きを読む "WAIS-Ⅲ"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

集団療法

みんみんさん、ご質問ありがとうございます。

H16の最後の事例ですね…

まず、統合失調症と人格障害の集団療法ですが、8-69dに以下のような記述があります。

人格障害は精神分裂病者と似通った行動パターンを表すので、精神分裂病者と一緒に集団療法を組むとうまくいく→×

これは、H16の最後の事例と矛盾するのではないかと感じていましたが、先日の勉強会でそうではない捉え方を教えてもらいました。

続きを読む "集団療法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報誌編集終わりました

ご無沙汰しています。管理人のひろみです。(忘れられたかなぁ~(^_^; と、ちょっと心配モード) ココログの重かったのも、解消しているようですね。

時間にゆとりができたと感じた日は、まぼろしでした。職場で私を待ち受けていた「○○地獄」「××地獄」…毎日仕事をお持ち帰りし、2晩徹夜してなんとか、なんとか(明日休日出勤して残った仕事を片づけるものの)、同僚に迷惑がかからない程度に作業を終えました。

と職場でひ~ひ~言いながらも、外では他のこともやっていました。情報誌編集講座は明日が最終回です。

続きを読む "情報誌編集終わりました"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お礼と近況

みなさん、コメントありがとうございます。お返事が追いつかなくて申し訳ありません。

みんみんさん、記事はきっと書きかけです。他にも続きを書くつもりでそのままになっているものが多数!です。 もし具体的にここがわからん??と質問いただけば、わかる範囲でお答えさせていただきます。

論述対策については、ちょっとお待ちください。こちらで少しまとめています。

なんだか忙しいなぁ~と思っていたら、なんと5月末から6月はずっと、土日にほぼ終日予定がありました。ほとんど家にいませんでした。しかも平日は朝7時に家を出て、夜は7時過ぎに帰る生活です。また6月は特に夜に会議が多く、一週間に4日会議のあった日もありました。いったん家に帰って、家族の食事を作って、また出かけます。帰宅は10時過ぎるので、疲れます~。

でも、実行委員をしていたイベントも先月終わったし、仕事の山も今日一つ越えました。これからは少し余裕ができると思います。

続きを読む "お礼と近況"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »