« ロールシャッハの勉強会 | トップページ | 統合失調症のクライエントへの心理療法 »

2006.07.25

尊敬される人--ドラマ「チャングムの誓い」評

お勉強ネタで今は頭が働かない、ライターな私です。久しぶりでドラマ評を書いてみようと思います。
ちょっとだけ宣伝。ただいま発売中の「宝塚アカデミアアカデミア28」に1本だけ、公演評を書いています。

ドラマ評と言っても、今観ているドラマは1つしかありません。NHKの「チャングムの誓い」です。

まずは、「おしん」との類似点から。

主人公が逆境を乗り越えて、成功していくサクセスストーリーである点において、2作品は共通している。しかも、主人公はきわめて能力が高く、器量がよい点も同じ。そのために、嫉妬もされるが、よい師匠にも恵まれ、目をかけられる。なぜならば、単に能力が高いだけでなく、教えを受け入れる素直さを持ち、きびしい修行に耐える根気があり、努力も怠らないからである。

しかし恋愛においては、2作品は異なる。「おしん」はNHKの朝ドラのパターンを踏襲し、初恋の人とは結ばれず、他の相手と結婚するが夫に先立たれ、残された子どもたちを一人で育るのに対し、チャングムは初恋の人と結ばれるようである。
一方「チャングム」においては、復讐が重要なテーマである。母を、そして敬愛する師匠を殺されたチャングムの復讐劇は、後半に展開されていく。

以上、考察はなして、2作品を比較してみた。続いて、ある回の放送より感じたこと。

無実の罪を着せられ奴卑の身分に落とされたチャングムだが、医女となり再び宮中に戻ることができた。しかし彼女は、自分が女官だったかつてとは違うことを思い知らされる。奴卑と女官では身分が違うのだ。医女見習いであるチャングムは、女官に呼び出されスキンケアやマッサージをやらされることになる。

しかしチャングムはそこでくさったりしない。効果的なスキンケア、ネイルケア、マッサージまで引き受けて、女官たちは満足し、チャングムのところに集まった。そしてそこへ、かつての仲間であり、ライバルであり、とうとう仇となってしまったクミョンが表れたのだ。クミョンはチャングムの師を追い落とし、今はその地位に居座っている。

「脚をもみなさい」とぞんざいに命令するクミョン。自分は今ではチャングムよりも身分が高い、「私はあなたに勝ったのよ」と誇示するために、彼女は訪れたのだ。しかし、クミョンは完全な勝利に酔いしれることはなかった。逆に「やはりチャングムにはかなわない」と感じてその場を去ることになる。

チャングムはマッサージを拒否したわけではなかった。クミョンの前に跪いて、マッサージを始めた。そして脚の様子から、クミョンの健康状態を掴み、クミョンの身体をいたわって、内臓の疾患のおそれがあるかもしれないと告げた。(えらそうな言い方ではなく「・・・はございませんか? ・・・の場合は・・・のおそれがございます」と言った口調で) クミョンには思いあたる症状があり、まさにチャングムに言い当てられたのだった。
踏みつけようとしても、逆らわずしてその相手を凌駕する力を、チャングムは持っているのである。

チャングムのモデルは歴史上の人物で、大長今として、大変尊敬されたらしい。(長今がチャングム、大は尊敬を表す敬称のようなもの)

このエピソードを観て、私は尊敬される人物とは、こういう人なのだと実感した。不本意なことをやらされても、自分の能力で相手のために最高のことをする。たとえ仇であってもその感情は仕事に持ち込まない。自分の職業意識に忠実に、適切な助言を行う。チャングムを踏みつけようとして来たクミョンは、逆にチャングムの人物の大きさと能力の高さを思い知らされたのだ。

さて、クミョンだが、内臓の疾患はよろしくない状況のようである。しかし、チャングムへの意地だろうか、今は我慢している。今後の展開として…①チャングムの治療を拒み続け命を落とす、②いよいよ命が危なくなったときにチャングムの治療で一命をとりとめ和解…どっちかじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

長々と失礼しました。尊敬される人物になれるはずもないですが、少しでも見習えたらと思い記録に止めました。

|

« ロールシャッハの勉強会 | トップページ | 統合失調症のクライエントへの心理療法 »

コーヒーブレイク」カテゴリの記事

コメント

関東から参加さん、コメントありがとうございます。

私はライターのアイデンティティーが比較的高いので、コメントとてもうれしいです。

チャングムは水戸黄門式の勧善懲悪の物語で、ややステレオタイプですが、はまりますね~。私もBSの放送は観ていません。今後の展開を一緒に楽しみにしましょう。

投稿: ひろみ | 2006.07.26 02:49

チャングム、私も観ていまーす。私も、今期は、観ているドラマは、チャングムだけです。ドラマ好きな私は、つい色々と観てしまうので、受験前なので、観たいドラマを絞っているのです。ひろみさんと同様に、私も、チャングムのドラマから、色々と感じたり、学んでいます。感じながら、楽しめるってほんといいですよねー。BSであってたようですが、観ていなかったので、極力先を知らないようにして、楽しんでいます。勉強中の私には、一つの清涼剤のようなものですね!勉強会で刺激を受けてきたので、勉強も頑張らなくちゃ!そうそう、ひろみさん、ネットワーク、是非大切にして下さい。私には、今、そのような繋がりがないので、これから作っていきたいと思います。特に、この業界では、繋がりは大切ですね!

投稿: 関東から参加 | 2006.07.25 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尊敬される人--ドラマ「チャングムの誓い」評:

» 人生をより充実させより多くを手に入れる方法 [人生をより充実させるためのツール]
ブライアン・トレーシーやロバート・キヨサキ、その 他の成功者は「成功したいなら毎日20分学習するこ と」と言っています。 人生をより充実させるためのツールを手に入れて自宅 にいながら世界でも最高の講師から学習する、毎日い つでも学習する、これに勝る学習方法は類を見ないで しょう。そしてこれ自体が最強のサクセスツールとな ります。... [続きを読む]

受信: 2006.08.05 19:13

« ロールシャッハの勉強会 | トップページ | 統合失調症のクライエントへの心理療法 »