« 行動療法(17-79) | トップページ | Rapaport, D. »

2006.08.18

リーダーシップ理論

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

変革型リーダーシップについて、なんと!「試験にでる心理学」シリーズの著者のおひとりである高橋美保さんからコメントをいただきました。

思いがけなくてびっくりです。「えっ!見られているの」というのはとても恥ずかしいですが、光栄に思います。

コメントを下さったということは、受験生のみなさんのことも応援してくださっているという意味です! 大いに励みにしましょう!!

コメントは埋もれてしまいがちなので、こちらにコピーしておきます。以下高橋さんのコメントです。

変革型リーダーシップについて少々情報提供をさせて頂きます.

変革型リーダーシップがどのようなものであり,いわゆるリーダーシップ理論の流れの中で,どのように位置づけられるかを端的に把握するには,入手しやすい参考書として『新・心理学の基礎知識』(有斐閣)をおすすめしておきます.

定義などは,ひろみさんの書き込まれたものをそのまま参考にしていただくとして,ちょっとだけ『新・心理学の基礎知識』に基づいて,かいつまんで紹介します.
従来のリーダーシップ理論として,①特性アプローチ:優秀なリーダーの有する特性を研究するもの,②行動的アプローチ:リーダーシップスタイル(専制型,放任型,民主型)で捉える理論や,リーダーシップ機能(人間関係重視,目標達成重視)の組み合わせで捉える理論,③コンティンジェンシー・アプローチ:フィードラーの条件即応モデルや,ハウスのパス・ゴール理論など,がよく知られていました.
(このへんは「しけしん」にも書いたかと存じます.)

これらに対して,近年注目されている変革型リーダーシップというのは,その集団自体が創造的な自己変革能力を育てていけるようなリーダーシップです.
変革型リーダーシップという立場からみると,上記のような従来の研究で扱われてきたリーダーシップは,リーダーがメンバーと相互作用しながら集団をまとめていくというものなので「交流型リーダーシップ」と呼ばれるのだそうです.

(ひろみの補足)
②のリーダーシップの機能の組合せで捉える理論がPM理論のことだと理解します。

他にもコメントいただいているのに、お返事しなくてごめんなさい。明日、まとめてさせていただきます。

|

« 行動療法(17-79) | トップページ | Rapaport, D. »

過去問の解説-心理学基礎」カテゴリの記事

コメント

mayami10さん、
南風原朝和著、東大出版の『心理学研究法入門―調査・実験から実践まで』がいいですよ。このブログ左の「みんなの参考書」の中で紹介しています。

投稿: ひろみ | 2006.08.23 00:28

臨床に特化した測定法・研究法の参考書でオススメのものがありましたら、教えて下さい。
そこら辺の知識が少し抜けているのに、重要なんですよね。
臨床に特化したものってあまりなくて・・・基礎系のものはあるのですが・・・。

投稿: mayami10 | 2006.08.22 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップ理論:

» 酸素水!健康になる第一弾 [受験までの道のり]
受験生をお持ちのママさん今日は! お互いがんばっていきましょうね! [続きを読む]

受信: 2006.08.20 03:02

« 行動療法(17-79) | トップページ | Rapaport, D. »