« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

受験票届きましたか?

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

受験票が届き始めたようですね。いよいよですね。

ところで、昨年の今頃は「風邪引いた~」の声が多かったです。季節の変わり目、体調管理にも気をくばってください。なにしろ、体力勝負の試験です!

日本の夏の厳しさは、知らない間に体に負担を強いていると思います。お年寄りで、なんとか夏を越えてがんばった方が、9月の半ばを過ぎて逝かれることが意外と多いです。義父が亡くなったのも、70代の友人(戦前からの女性解放運動の闘士でした)が逝ったのも、9月の末でした。

続きを読む "受験票届きましたか?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CAS不安診断検査

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

受講生の方のために書いた記事をこちらにも一部転載します。
「心理テスト法入門」や大事典では、見つけられなかった心理テストなので。(載っているかもしれませんが、私が探したときは見つけられませんでした) 過去問には出たことないと思います。(たぶん)

古い本で、それほどお勧めではありませんが、以前にも紹介した渡部洋編著「心理検査入門」(福村出版)を参照しました。

続きを読む "CAS不安診断検査"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

あと3週間ですが…

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

残り1か月の勉強方法をアップしようとしてから、どんどん時間が過ぎ…残り3週間となってしまいました。

みなさん、最後に過去問をもう1通りやって下さい! しつこいくらい、全部答えを覚えるくらいやっていい加減です。

過去問は、一回に100問、ざっと通してやるのがよいです。マークシートがあればさらによいです。
ここまで来たら、分野ごとではなく、青本をとにかく最初から最後まで、通しましょう。

問題をやり終えたら、答え合わせをして、やった問題の項目について、今まで読んだ参考書も、もう一度読み返しましょう。忘れていることはないか、しっかり確認してくださいね。

ですから、基本的には今までの総仕上げ、土台固めを確実に! することが大切だと思います。

過去問だけでは不安だし、余裕がある人は、しけしんや他の公務員試験用問題集をやってもいいでしょう。こちらの方は、難しすぎる問題にとらわれすぎないようにしてください。過去問と関連している項目や、補足的な部分だけを選んで使えばいいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

箱庭療法

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

箱庭療法について、質問をいただきました。

過去問を解いていたら、不明な点がありまして、教えていただけたらと思います。 15-77Cでは、「砂に手を触れる程度が大きいほど、クライエントの心理的健康度は高い」は×になっていますが、13-81事例で、クライエントの自我の健康状態を査定するには?で、選択肢A「砂を掘って川を作ったこと」が○になっています。これは、砂をいじる云々より、川のほうに健康状態を査定する何かがあるのでしょうか?箱庭は専門書を読んだ事がなく、どなたか御存知の方、ご教授願います。

続きを読む "箱庭療法"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

達成動機

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

すみません、昨日(9/20)アップした記事で、勘違いをしていました。混乱させてしまって、ごめんなさい。

7-4c は○です。私がもらっていた質問は、どうして正しいのですか?というものでした。書き直しておきます。
解説は間違っていませんので、そのままです。

人間は、達成への動機づけを強くもち能動的に行動するので、賞罰だけの動機づけでは不十分である。→○

行動を生じさせる要因は動因、動機などと呼ばれますが、その種類を整理しておきましょう。

ちなみに行動の目標物が誘因、動因と誘因の相互作用により行動が進行していく全過程を動機づけと呼びます。

続きを読む "達成動機"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防衛機制

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

防衛機制についての質問です。

11-83です。 強迫神経症の女性の事例ですが、ここで、ヒステリー症状の規制は「抑圧」、強迫神経症において働いている重要な防衛機制は「置き換え」が正解になっています。しかし、『心理臨床大辞典』p1332の糖尿病患者の心理のところで、「ヒステリーの症状形成も置き換えの一つである」という記述があり、ヒステリーは「抑圧」という構造が自分の中でしっくりいきません。従来のヒステリーは転換性障害になっているわけですので、ヒステリーの症状の防衛機制は「置き換え」もあると考えていいのでしょうか。

私の理解では、ヒステリー→抑圧、強迫神経症→置き換えです。

続きを読む "防衛機制"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストバッテリー(8-49)

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

関西で開いたプライベートな勉強会で、積年の謎だった、テストバッテリーの問題のヒントをもらいました。でも、謎が謎を呼ぶところもあります…

8-49
うつ症状を訴える30歳主婦。外来の主治医から「患者の臨床像に関係する心因の有無とその内容について」心理検査を依頼されます。
組まれたテストバッテリーは、ロールシャッハ、MMPI、知能検査です。それについて、カンファでもらった指摘のうち、妥当なものに○、妥当でないものに×をつけてください。

A.時間がかかりすぎるので、後半のデータに疲労要因を読む必要あり→○
B.心因検討なので、知能検査をSCTに換える→×
C.MMPIは心因検討には不適切→○
D.ロールとMMPIの代わりに、TATを採用したほうがよい→○…????

ヒントは「これ」の中にありました。421ページ。

続きを読む "テストバッテリー(8-49)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

内田-クレペリン精神作業検査

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

メールで質問いただいました。調べないとわからない質問もあるのですが、これは即答できますよ!

H16・50・a 『内田-クレペリン検査は、Kraepelin,Eが創始した1桁の数字の加算法を内田勇三郎が改良して作 ったわが国独特な検査である』 で○なのですが、 H4・29・a 『精神医学者クレペリンが創始した作業検査を内田勇三郎が日本人向きに改定した検査である』 は×です。

ほぼ同じ内容と思うのですが、H4の問題はどこが間違いなのでしょうか?

続きを読む "内田-クレペリン精神作業検査"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレコックス感

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

スルーしていましたが、勉強会で教えてもらいました。
プレコックス感。

続きを読む "プレコックス感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Frank, L. K.

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

私の仕事でのおっきなイベントが終わりました。

私の長い××生活で最高とは申しません。そのときどきに輝いていた○○を比較したり、順位をつけることはできないので。でも、今私と共にある彼らにとって、2006年9月のあの日の思い出は、生涯最高のものであると、信じられる熱気と盛り上がりと感動でした。

7月以来、ときどきペットボトル飲料を差し入れるくらいで、ずっと見守ってきただけでした。ところが!そんな私でも感じるところがあり、なんと! 十数年ぶりぐらいで、「詩」を書いてしまいました。へたくそなので、とても公開はできません。感動のおすそわけとして、恥ずかしながら短歌(?)だけ、紹介させてください。

  いつまでも見ていたい風景は 君たちの笑顔
  輝いた 人生の宝石

たいへん字余り。おそまつでした。一瞬一瞬がとても precious に思えたのです。

さて、学会も終わりましたが、ついでに関西に集まったメンバーで勉強会をしました。教えてもらったことをアップします。
17-12のFrank, L. K. について

続きを読む "Frank, L. K."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントありがとうございます

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

tonさん、でんきちさん、コメントありがとうございます。

エンカウンターグループについては以前にもアップしたので、間違い個所を明確に示していませんでした。aquaさんのいらないお時間をお取りしてしまいました。すみません。

でんきちさん、情報をありがとうございます。やはり専門書は読まなければならないなぁと思いつつ、概要がつかめてきました。

本職がいろいろ大変な状況で、新規記事のアップもままならず申し訳ありません。みなさんでどんどん話し合いを進めてください。質問も歓迎します。

いよいよあと1ヶ月ですね。どうすごされていますか。よろしければ、そちらの情報交換にもお使いください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エンカウンター・グループ・プロセス発展段階

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

H16年度問題についての質問をいただきました。みなさんもお知恵をお貸しください。

問80ですが、Cの文章は、×ですが、これは、どこが ×なのでしょうか?大学生を対象にした、というのは、特別なエンカウンターグループなのでしょうか?

これは追加問題です。追加問題をお持ちでない方は、こちらをご覧下さい。

大事典」の改訂版ならp.315に載っています。

続きを読む "エンカウンター・グループ・プロセス発展段階"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コンセンサス・ロールシャッハ法

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

H16年度問題についての質問をいただきました。みなさんもお知恵をお貸しください。

問22なのですが、「コンセンサス・ロールシャッハ」について、何か書いてある文献をご存知でしょうか?それと、これは、家族療法か何かに一環で使われるものなのでしょうか?

コンセンサス・ロールシャッハについては試験の直後には全く文献がなく、勉強部屋も騒然となりましたよ。(←おおげさ)

試験後に出版された「臨床心理学入門事典」に、比較的詳しく載っています。

続きを読む "コンセンサス・ロールシャッハ法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナラティブセラピー(2)

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

H17年度問題についての質問をいただきました。みなさんもお知恵をお貸しください。

H17の問70ですが、「ナラティブセラピー」というものが、いまいち、イメージがつかめません。なにか、簡単で、かつその概要をイメージできるような本は、ありますでしょうか?

ナラティブセラピーについては、こちらに書きました。コメントで参考文献も紹介いただいています。

手近なものでは、エスプリ4部作の「心理面接プラクティス」でも、1章使って解説してあります。しかし…

続きを読む "ナラティブセラピー(2)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

意識混濁

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

H17年度問題についての質問をいただきました。みなさんもお知恵をお貸しください。

H17の問40ですが、Aの文章が、×なのは、後半部分の「精神運動性興奮が加わったもの」ということころが違うというので、良いのでしょうか?

続きを読む "意識混濁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り1ヶ月の勉強法

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

心理臨床学会のパンフレットも届き、試験まであと1ヶ月あまりと迫ってきましたね。残り1ヶ月、どのように効果的に使えるか考えてみましょう。

まず、自分はどうだったか振り返ってみます。

続きを読む "残り1ヶ月の勉強法"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

クライエント中心療法

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

クライエント中心療法について、質問をいただきました。

11-58のクライアント中心療法ですが、その学問的背景になっているものでB.アメリカの科学的心理学が○になっています。科学的心理学とは行動主義を基盤とした心理学のことを指しているのではないかと考え、×だと思うのですが。また「人間は絶えず流動的に成長し発展していく存在」としているので、Erikson,E.H.の自我同一性論と無関係とは言い切れないのではないかとも思いました。

続きを読む "クライエント中心療法"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

恩とは

受験生への応援を込めて! 目指せ1位 人気ブログランキング

またまたお勉強ネタではありません。ごめんなさい。
今日の「チャングムの誓い」から。

いよいよチェ一族の崩壊が始まりますね~。いや~、やんわりとではないようですよ。痛めつけて、滅ぼすようです。

さて、だんだんと窮地に陥っていくチェ女官長、とうとう医務官のヨンスに裏切られます。そのときの一言
「恩を仇で返すとは」

もしもし、女官長さま、あなたは、誰に対しても恩人ではありませんよ。

続きを読む "恩とは"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »