« トラックバックしました | トップページ | 2次試験を振り返って-指定大学院以外、他職種からの受験 »

2006.11.28

いじめを生む土壌

果報は寝て待て!? 人気ブログランキング

いじめられている子へのメッセージ、ありがとうございます。

いじめている子への対応もいただきました。参考にさせていただきます。
しかし、今、私の中にむくむくと頭をもたげてきた疑問があります。ご意見をいただければ、うれしいです。

そもそも、いじめを生む土壌はあるのでしょうか。

私自身、夫からの暴力のほかに、小学校時代や職場でいじめを受けたことがあります。
こんな言い方は適切でないかもしれませんが、それは、たとえば「いじめはどこにでもある」と言われる程度のものだったように思うのです。いいとか、悪いとかではないです。でも、自殺する子どもたちが苦しんでいたような、集団による陰湿なものになりきってはいませんでした。(具体的には、複数ではありますが、特定の個人からいやなことを言われたというのがその内容です。荷担しない者の方が多かったです)

いじめがエスカレートしてしまう、そのときには、集団の中になにか力が働いているのでしょうか。それがわかれば予防につなげられるので、知りたいと思います。

私なりに、集団作りや、友人の気持ちを思いやることに日常活動で留意し、まず教師が一人一人の生徒の個性を認めていれば、いじめは起きないのではないか、と安易に考えてしまいます。そんなのは甘い考えなのでしょうか。

自分の子どものことを振り返ると、幸いと言っていいのか、中学では2人とも、たいへんよい学年に所属していました。先生方が集団作りに非常に熱心に取り組んで、特に下の子の学年は、HRでの話し合いを1年のときから、頻繁にしていました。

2,3年の担任の先生は、若い方でしたが、生徒に作文させては、学級通信で全員に伝え、友だちの気持ちを理解し、自分の行動を考えさせることをしてくださいました。ほとんど毎日発行された学級通信は大変な枚数でした。必要に応じてクラスでの話し合いももたれ、泣きながらしんどことを話す生徒もいたようです。

すると3年になり、卒業が近づいて来たとき、私学専願の生徒が先に進路が決まっても、その子たちが授業を聞かなくなるなどの行動がなかったのです。「公立受験がある友だちのために、自分たちも静かにしよう」と、自分たちで歯止めをかけることができたようです。

学年全体にそのような雰囲気ができていたようで、先生方の取り組みのたまものと、感謝に絶えませんでした。

一方上の子は、どちらかと言えばいじめられやすいタイプで親は注意をしていました。お弁当を1人で食べる子です。1年のときの担任の先生はそのことを取り上げて、上の子が問題があるように言いました。慢性扁桃炎で高熱が続き欠席が多かったのを、不登校と決めつけられ、頭にきました。

ところが3年の担任の先生は、「1人で食べてもいいじゃないですか。そのほうが気楽でいいという子はいます」でした。「いろんな子がいて、それぞれの成長があればいいのです」みたいなことも言っておられました。どれだけホッとしたかわかりません。

上の子は、結局クラスには友だちがほとんどいなかったようですが、行事にも積極的に参加し、そうじ当番もまじめにやり、扁桃腺の切除手術後は欠席もなく卒業しました。でも、地元の公立高校には行きたくないと(いやな子がいくから、みたいなことを言っていました)、1時間半通学時間がかかる、他府県の私立高校に進学しました。土曜に授業がある日に寝坊して1日遅刻しただけで、欠席0で元気に通っています。来春には、美術系の大学に進学が決まっています。

という感じで、私の経験では、いじめを予防してもらったようなのです。ですからいじめを生む環境があるのか、今ひとつピンときません。ご意見をお願いします。

|

« トラックバックしました | トップページ | 2次試験を振り返って-指定大学院以外、他職種からの受験 »

臨床について」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
臨床心理士試験ではひろみさんの部屋にお世話になりました!!

いじめの問題について私が思うことですが。
今の時代は、個人の個性を大切にしようという風潮がありますよね。
それなのに、学校では相変わらずひとつの教室に子どもをつめこんで同じことをさせようとする。
それでは、ひずみが出るのは当たり前のように感じてしまいます。
もちろん学校もいろいろと変わろうとしているのだと思いますが・・・

普通に考えれば、教室のようなプライバシーも何もない場所で、他人と机を合わせて集団活動しろっていうのは、なかなか大変なことだと思うんです。
今までは、ある程度軍隊的な、というか強制的に子どもに何かをさせることは当たり前だったからそれがうまくいっていた。でもそれはよくないってことになって、それなのに学校のシステムはそのまんま、というのが現状なのかなあと。
どちらがよいのかはわかりませんが。

まとまりのない話になってすいません。

投稿: tomato | 2006.11.30 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめを生む土壌:

« トラックバックしました | トップページ | 2次試験を振り返って-指定大学院以外、他職種からの受験 »