« 今、教室で起こっていること | トップページ | 教室での傷つき »

2006.12.04

今、教室で起こっていること-お返事

果報は寝て待て!? 人気ブログランキング

「今、教室で起こっていること」にたくさんのコメントありがとうございます。臨床をしている方ならでは貴重な意見を承りました。

でも、正直、学校ってそんなにしんどいところなのかなぁと、悲しくなりました。私なりのお返事を書かせていただきます。

コメントからまとめてみますと

教室は大変ストレスフルな場である。逃げ場はない。
大人は自分のことしか考えていない。
教師はうわべだけを取り繕っている。

逃げ道は、不登校やいじめしかないのでしょうか。

私が感じている、生徒たちのクラスへの期待度は、「楽しみたい」「盛り上がりたい」です。間違っているかもしれませんが。「何をしたい?」と聞けば、「別に」と答える子たちでも、ほんとうに何もしなければ「つまらない」と感じるようです。そこにどう切り込んでいくかが、クラス経営のポイントだと思っています。

私のクラス経営の姿勢は、10年ほど前に卒業生を送ったときに、文集に書いた文章によく表れてると思います。探してみましたが、見つかりません。思い出して内容を復元します。

凧のように

凧揚げがが苦手だった私。なんとかして揚げようと、一生懸命だった。走ったり、糸をひっぱったり。でも、凧は揚がらない。
でも、あるとき気づいた。凧は揚がるようにできている。私が揚げるのではない。私は凧をそっと風に載せるだけでよかった。私の凧はするすると空に昇っていった。

みなさん一人一人も凧のようだと思います。
私が手を貸すまでもなく、自分で空高く舞い上がった凧もありました。低空飛行が好きな凧もありました。○○高校にいるうちはどうしても揚がりたくないと、地面にとどまった凧もありましたね。
でもみんな自分で揚がる能力を持っています。どうか卒業したら、自分の風を捉えて、天空へさらに高く舞い上がってください。そして、思い思いの進路に進んでください。

こんな感じでした。(^_^;
私も紆余曲折があり、仕事をやめたいと思ったこともありました。でもこの頃から、自分も楽になったと思います。

なんだかお答えになっていませんが、今日はこれくらいで。

この問題はこれからも考えていきたいと思います。これからもご意見、よろしくお願いします。


|

« 今、教室で起こっていること | トップページ | 教室での傷つき »

臨床について」カテゴリの記事

コメント

どれほどなちさんの文系と理系の学力の開きがあるかも、その選択に問題になってくるかと思いますが。倫理と数学、心理に役立つ組み合わせだと思いますが、当面は卒業できないと仕方ないから、それも視野に入れて考えるほうがよいのではないでしょうか。文系も勿論やくだつでしょうし。倫理と数学はその後でも出来るし、自分の人生を考える、という意味の倫理であれば、学校での倫理の授業の有無に関らず、今でもできるはずです。又、倫理や数学にかぎらず、得意なものから入れば、それを又、心理学に生かせることもあるし。ともかく選択には何かが犠牲になることも否めません。もっと多くの人に考えをお聞きになられるといいかもしれませんが、「どっちにすべきか」、どう最後に決断を下すか、下せるか、というところに既になちさんが乗り越えるべき倫理的な問題があるのだと思います。

投稿: mizu | 2006.12.24 23:45

ありがとうございます!!

倫理ゎ必要ですよね。私の行っている学校では倫理は理系にしかなくて・・・私数学ホントできなくて・・・理系の数学のスピードについていける自信がありません㊦㊦
だったら倫理やらないで文系行って頑張ったほうが・・・でも倫理必要だしなぁ・・・ト考えるときりがなくて。。。
どうしたらイィんでしょう??
今 理系に行く人が少なくて空きがあるらしいんですが。。。どっちにすべきですか??

投稿: なち | 2006.12.24 22:11

なちさん。
すばらしい質問だと思います。精神分析の問題の根本・究極は、倫理と論理だと思います。いかに心を自由にしていくか、またその人の心を縛ることなく(人権を侵すことなく)自由にさせえるか、という精神分析の課題はまさに倫理的な問題でしょう。罪悪感からの葛藤が症状を生んでいると考えられるのを見ても、どれほど倫理が精神療法に密接につながってくるかわかるはずです。臨床心理士試験には直接にはつながってこないかもしれませんが、高校で授業に出る程度の倫理、ギリシャ・西洋哲学、東洋哲学は学んでおいたほうがよいでしょう。絶対に生きてきます。自分はどう生きたいのか、なぜあなたが臨床心理士を目指すのか、どんな生をクライエントに送って欲しいと思うのか、それは正当なことなのか、心はどう作り上げられているのか。そういう問いこそ倫理的な問いで、それも絡めつつ授業も聞けば血の通った学びができるでしょう。それ以上のことは、大学ででもいいと思いますが、ともかく倫理について考えないと深みのある臨床はできないでしょう。自分が何を目指し、クライエントにどんな人生を目指させているかわからなくなることでしょう。単なるテクニックに終わったり、恣意的な倫理と価値観にもとづいた臨床行為で終わってしまいかねません。

投稿: mizu | 2006.12.24 22:00

ぉひさしぶりです☆
またまた変なとこに書き込みしてごめんなさい!!

心理学に倫理は必要ですか?
高校でやっておいたほうがいいですか?

投稿: なち | 2006.12.24 19:34

前の記事で私は、クラスはしんどい、胡散臭い…とコメントしました。
ひろみさんの凧の文章、あぁ、こういう心持で生徒に臨んでくれる先生なら…と、じんわりきました。

私が通っていた学校は、進学に力を入れている私立で、高校ではホームルームと授業のクラスは異なる、というシステムでした。要するに授業時のクラス分けは成績順でなされていました。
だから、文化祭や体育祭で、クラス(HRの)で何かしましょう、といったところで、学校生活の大半を授業クラスで過ごしている生徒達にとっては、しら~っとしてしまう、という状況だったのです。
他にも、級友が担任と面談をした時、「大学が無理なら専門学校も考えている」と言ったところ、なるべく4年制の大学に入るように言われたといいます。
(ここでは、専門学校と大学との良し悪しは置いておいて)
つまり、学校経営、実績にピリピリしている先生が多かったように感じています。だから…私の場合、個性云々という余裕はなく、成績がパッとしないことについて「指導」される生活でした(泣)

投稿: poo | 2006.12.04 20:20

 学校はしんどいところですか?学生時代のわたしの答えはYESでした。ひろみさんは学生時代しんどいと感じたことはありませんでしたか?

わたしはあまりに学校の存在が息苦しくて、よく嘘をついて早退していました。

学校が楽しいなんてありえなかった。行かなくてもすむなら学校からはなれてもっと自由に生きたかった。でも当時の日本では、みんなと同じルートを離れた生き方は今ほど認知されていなかったのです。

でも、家に居れば親は「学校行け」とうるさい。でも学校には自分の居場所はない。異性にはもてない、頭悪い、友達少ないし、なんだか学校にいるだけでみじめでした。

当時もしカウンセリング室のようなものがあれば、自分の気持ちをそこで出してきちんと整理できたのでしょうね。

そんな人間が今SCやっています。
これって変でしょうか?

投稿: ゼリー | 2006.12.04 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、教室で起こっていること-お返事:

« 今、教室で起こっていること | トップページ | 教室での傷つき »