« 教室での傷つき | トップページ | いじめをなくす?? »

2006.12.08

発表まで

果報は寝て待て!? 人気ブログランキング

12月になり1週間が過ぎました。来週か遅くても2週間後には結果が届くのでしょうか。
みなさんはどのように過ごされていますか?

私は年末なんで、あれやこれやとあわただしく…ですね。師走ですから。あ、私の場合は1年中走っています。(^_^;
また、今、新しく始めたいことがあり、準備中です。(後日ほんとに始めたら発表します)

現在の心境や、資格取得後の抱負などよろしければコメントください。

|

« 教室での傷つき | トップページ | いじめをなくす?? »

コーヒーブレイク」カテゴリの記事

コメント

ひろみさん、コメントありがとうございます。
ぷりんママさんのレスがないので、どうしようか、と思っていたところです。
私は教育系の院だったので、ずっと心の相談もできる先生を目指して教員採用試験を受けつつ、心理も勉強していました。
うちの県は臨床心理士が多く、SCも溢れ返っていて、資格なしだと採用自体されないので、ずっと病院に電話して活動していました。
私は教員採用試験と会社勤めがアダになった感じです……。
私は新卒で就職していてもせいぜい半年しか社会経験のない指定校卒の人より、多少社会経験を持った人の方がいいように感じるのですが…。
むしろそんな世間知らずが臨床をする方が怖い…。
ましてや10年もがんばったベテランを落とすなんて、信じられません。
私の大学は多分全国的にも有名な学校だと思います。
本屋に名前のある教授がずらりといます。
バックボーン的には大丈夫だと思ったのですが、だめでした。
ぷりんママさんは放送大学を受験されるのですね。
なんか、倍率数百倍と聴いたような…。
あと、スクーリングで何度も学校へ行かないといけないようなので、普通の会社だと首になってしまいます。
なので、私はもう受験できません。
どこかの事務員に戻ります。
でも、思うのです。
もう私が何を言っても、「ちょっと心理かじってるおばちゃんの意見」にしかならないのだ、と。
受験資格があれば、同じことを言っても重みが違うと思います。
何もかもなくしたんだなあ、としみじみ実感しています。
今35歳なので、急がないと会社員も逃してしまいます(笑)
ぷりんママさんが放送大学合格されるよう、祈っています。

投稿: あみ | 2006.12.26 00:30

あみさん、ありがとうございます。残念ながら私も落ちました。

私もあみさんには受かっていて欲しいと心の底から思っていました。

たかが資格、されど資格…。
これからの仕事の可能性を思えば、喉から手が出るほど合格通知が欲しかったです。

私も社会人経験を経た後に、大学の心理学科3年に編入学し、それから教育系大学院を終えました。

学部・院では認知・学習・記憶の分野の研究をしておりましたので、生粋の臨床心理学徒ではありませんが、この10年間は仕事として福祉・学校臨床の分野に携わってきました。

不合格になった理由として、もちろん私自身の資質の問題もあるのでしょうが、加えて、臨床心理学の世界での身元引受人のような方がいないことが大きいのかなと思います。

しかしながら、院卒後10年、何度かの転居を重ね、妻として母として、職業人として、自分なりに人間の幅を広げてきたのではないかという自負がありました。それが間違いだったのでしょうか。

2次での不合格が2回…。そして、これで最後。
これまでの10年間と私という人間のすべてを否定されたような気がしてしまいます。

国家資格化の可能性もまだまだあるかと思いますが、指定校以外の者はどのように扱われるのでしょうね?

できればその試験会場であみさんや他の不合格になった方たちとお会いできることを切に願っています。

(その前に、放送大学の入試会場でお会いできるでしょうか?このままでは終われませんよね…。)


投稿: ぷりんママ | 2006.12.25 18:43

あみさん、ご報告ありがとうございます。

お疲れさまでした。
あみさんのような方にこそ、合格して欲しくてこのサイトを続けてきました。

来年からは指定校の方のみで試験も様変わりするかもしれませんが、私はこれからも続けていくと思います。

あみさんも機会があれば、また一緒に勉強しましょう。待っています。

投稿: ひろみ | 2006.12.23 21:48

ぷりんママさん、落ちました。
社会人経験が長かったので、そこを重点的に突っ込まれました。
というか、心理職については一切触れられませんでした。
もう一度院に行くのも現実的ではないので、ここまで、ですが、口惜しいです。
どうかぷりんママさんが合格なさってますように…。
したいことはいっぱいあったのに、残念です。

投稿: あみ | 2006.12.23 21:17

あみさんのお気持ち、痛いほどよくわかります。

指定校卒の利点はなんといっても卒後すぐに受験資格を得られるところだと思います。

「心理職として院卒後1年、あるいは2年、有給で働く」というのは資格のない者にとっては非常にきびしいものですよね。特に地方ではなおさらです。

100件以上の病院に電話をかけてやっと働かせてもらえるところを見つけたという方もいました。

指定校制度ができる以前の受験生は、大抵は待遇の良いとはいえない職場で下積みの苦労を味わっています。

最近できた専門職大学院では修士論文を書かなくても修士の学位がもらえるとか…。
これでも心理士に必要とされる「研究」の分野は事足りるということなのでしょうか?はなはだ疑問です。

資格試験も論文と面接が免除になるとか。
指定校・専門職大学院で2年間学べば、ほぼ確実に資格は取れるということなのでしょう。

考えれば口惜しいことばかりですが、サンタが合格通知(振込用紙)を届けてくれるよう、共にお祈りいたしましょう。

投稿: ぷりんママ | 2006.12.21 19:29

ぷりんママさん。私のことを少し書かせてください。
私の県は田舎なのですが、就職先に強い大学が何校もあって、実習先を押さえてしまうんです。
なので、私は何年もかかって就職活動をして、奇跡的に市の教育相談室に入りました。
それもたまたま空きができたからです。
そこに2年いて、ぎりぎり受験できました。
教育相談室とは退職校長の天下り先で、カウンセリングの勉強を全くしていない先生方が遊戯療法をしていて、はっきり言ってひどい所でした。
嫌がる子供に無理矢理勉強させたり、子供が○○したい、と言っても運動系だったら疲れるので、させなかったり…。
また教委との癒着もあり、親からの相談でも、やばそうなのはあらかじめ校長に電話で告げ口をするような所でした。
職員の10人中8人が退職校長で、1人が臨床心理士。そして、私です。
ところが2年目になって、指定校の新卒の方が来て、まるで待遇が違うのです。
違いは何だろう、と思いました。
私は年金も健康保険も何もなく、アルバイト以下の待遇なのに、その人は嘱託採用でボーナスも出るのです。
臨床心理士しかとらせない、と言われた心理検査はどんどんさせてもらえるし、積極的に校長に意見できるし。
私は代わりに事務中心になり、その子の分の事務もこなしていました。
教委の人に聞いてみると、「指定校卒だから臨床心理士に合格すると思うから」と返ってきました。
そして、3月、契約更新できるはずだったのですが、3月も残り一週で、急遽退職校長がここに天下りしたい、ということになり、私は解雇されました。
その時に「せめて臨床心理士があればねえ…」と言われました。
くだんの新卒の子は一発合格を決め、残ることが決まっていました。
私もまさか今年が最後の受験になるなんて修了時には思ってもみなかったし、指定校の子とこんなに差がつけられるとは屈辱です。
同じことを勉強しているのに、この違いに理不尽さを感じずにはいられません。
口惜しくて、泣きました。
長い愚痴でした。みなさんの合格をお祈りします。

投稿: あみ | 2006.12.21 13:47

ぷりんママさん、コメントありがとうございます。

資格の重み…改めて感じています。中身は同じ「私」なのに、資格を持っている「私」と無資格の「私」は時に大きく違います。

受験資格の問題があり、昨年も苦い涙をのんだ方を知っています。

とりあえず、結果を待ちましょう。

投稿: ひろみ | 2006.12.21 00:52

「不合格は死刑宣告」と書き込んで、「なにもそこまで…」というコメントをいただきましたが、臨床心理士の資格がなくても「SC=専門家」として勤務できる体制がうらやましいです。

私は教員、保育士、学校心理士などの資格はありますが、それでも立場は「相談員」であり、「教師でも専門家でもない、身近な存在」という微妙な枠組みの中で週5日働いております。

経歴やこれまでの現場での経験を評価して、信頼して下さる先生方もいて、仕事の方はそれなりにやりがいを感じています。

しかしながら、県や市の予算・制度の壁の前では、資格がなければSCとはみなされず、来年度からは「相談員」への県の予算は打ち切り、助成金をつけて市町村への委託となりました。

とりあえず来年度は仕事を続けられそうですが、年収は半分程度になり、年金・保険の類も廃止されます。週5日、この仕事しかしていない私たちにとっては、まさに死活問題なのです。

実際、現場では、相談員に対し、「専門家ではない」「教職員ではない」「ただのオバサン」と平然と言ってのける管理職もいます。

私の前任の相談員さんは、前の学校では元気で活躍されていたにも関わらず、この管理職から徹底的にいじめられ、心身ともぼろぼろになって退職されました。(職員間にもいじめはあるんです。)

私は昨年から2校勤務となったため、もう1校の管理職からの援護射撃と、前任者からのアドバイスでなんとか昨年度を乗り切りましたが、健康診断では「要再検査」となりました。

服装うんぬんの問題ではなく、また、現場で「来年もよろしく」という類の話は考えられません。採用はあくまで県や市の予算・制度の枠内で決まり、非常に不安定な状況です。

この仕事を10年間やってこられ、多くの人のこころの支えとして、いじめや不登校の解決に活躍された方もいますが、それでも「臨床心理士」の資格がなければ「専門家ではない」といわれる…私は資格に挑戦する機会があっただけでもまだマシかもしれません。

これからは「指定大学院卒」だけが「こころの専門家」になれるのか…と、非常に疑問です。

実際、SCにはなったものの、全く活躍の機会がないまま(資質の問題もありますが、学校の雰囲気などの当たり外れが大きいようにも思います)辞めてしまう方も少なからずいらっしゃいますが…。

昨年受験して不合格になった学部卒の方で現在も心理の仕事をしている方、そして、今回不合格になった指定外院卒の方の声をこれからもぜひ聞きたいものです。(このブログを見ることはもうありませんでしょうか?)

結果が来る前からこのようなコメントで申し訳ありません。早くも「負け惜しみ」のようですが、いまの気持ちを正直に書かせていただきました。

投稿: ぷりんママ | 2006.12.21 00:34

発表の時期が曖昧なのがなんとももどかしいです。国家試験は合格発表日がきちんと決まっていて、気持ちの準備や整理がある程度つくのに。いろんな意味で受験者泣かせですね・・・。
資格が全てではないとはいえ、あったほうが断然いいと思います。そのためにみんな受験するのですから。ただ、資格を取ったからといってそれに甘んじているようでは問題外ですネ。必然的に淘汰されるでしょう。受かっても落ちても、初心を忘れずにいきたいです。

投稿: @@@ | 2006.12.11 11:45

私もものすごく不安です。落ちただろうなと思いつつ、やっぱり受かっていてほしいと願う日々。。。
通知が早くきてほしいような来て欲しくないような。。
とりとめのない文ですみません。

投稿: sarina | 2006.12.10 22:00

わたしと、もう一人である学校にSCで入っています。私は今は他の資格でSCをしていますが、もう一人は臨床心理士資格です。

はっきり言うと、先生方はもう一人のSCをあまりよく思っておられません。理由は、服装です。最初は背広だったものの慣れてくるにつれてどんどんラフになり、今ではトレーナーにGパンに近いのです。まだ若いので気分は学生なのかもしれません。

学校現場で先生方が背広でネクタイをされているのに、週に何回かしか来ない我々がそういう格好で仕事をすることにかなりの嫌悪感を持ってらっしゃるのです。

もう来年はこの方は継続しない、私に時間的には大変だけどぜひ全部お願いしたい・・・とまで言われています。

だから資格が全てじゃないです。ぷりんママさん、不合格が死刑宣告・・なんて悲しいです。日々の真摯な姿勢が先生方に評価していただけるといいですね。

投稿: ゼリー | 2006.12.10 09:58

ぷりんママです。
あと2週間…ですよね。

先週は体調を崩し、2日間仕事を休んでしまいました。朝、子どもたちを送り出す支度をしている最中にめまいがして意識がなくなってしまいました。

限りない不合格の確信で、体中から力が抜けてしまいます。夜中に目が覚めることもしばしばです。
年末に向けてやらなければいけないことは山のようにありますが、体が動かない…。

今の仕事は来年度はなくなります。資格があればSCとして学校臨床を続けられますが、なければ格段に勤務条件が悪くなるか、生活のために別の道を探さねばなりません。

学校現場で教員ではない者が心理の仕事をするのは本当に神経を使います。
ひろみさんは教員兼臨床心理士という立場で、毎日いろいろな実践をされていると思いますが、週2日か3日(2校かけもちなので)来る相談員がいるとしたら、どう使えると思いますか?高校ではそういう制度はあまりないと思いますが、私の住んでいる自治体では全県の中学校に配置されています。

相談員の使い方は管理職によって様々です。「教員でない人を学校に入れるより、心理士の資格がある人を教員で採用する方が良い」から、私にも「心理士の資格を取って教員採用試験を受けたほうがいい」とすすめて下さる方もいます。(受けた方がいいといっても、さらに狭き門ですが…。)

最近、一方の職場では自尊心を傷つけられることばかりで、本当に参っています。「不合格」の通知は死刑の宣告にも等しい心境です。

こころの傷は時間がある程度は解決してくれるものと思いますが、通知を受け取ったときの気持ちを自分の中でどう受け止めるか…ゆっくり休んでいる暇もありません。

平常心でいられるか自信がありませんが、顔で笑って心で泣いて…平常を装うしかないですね。

投稿: ぷりんママ | 2006.12.09 22:48

pooさん、コメントありがとうございます。

私も若いときはお金なかったです。その分、今でもお金を大切にするほうかも。今から思えば、若いうちから贅沢できなかったのはよかったですが…

合格したらまたいろいろお金がかかりますね。でも、ぜひ、何かご自分にご褒美をあげてください。

投稿: ひろみ | 2006.12.09 13:53

試験が終わった今、ゆっくりしたいのと、結果が気がかりなのとで、結局そわそわしています。
私の場合は普段の勤務日数が少なくて、試験のために勉強時間を確保できたのが利点でしたが、
試験が終わってからは時間はあるけどお金がない状態です。なので冬休みはバイトかな…。
専門職に就くまでって大変ですね。

投稿: poo | 2006.12.09 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発表まで:

« 教室での傷つき | トップページ | いじめをなくす?? »