« 情動と扁桃体 | トップページ | 児童福祉司 »

2007.05.30

あと4か月の勉強

応援ありがとうございます!人気ブログランキング

今年、受験される方からコメントをいただきました。

「残された4ヶ月で、一から勉強するとしたら、もし私ならこうする」という意見があれば、ぜひ教えていただけないでしょうか。 厳しい意見でもかまいません。

ご意見をお願いします。

私は分野別問題集作りをおすすめします。コピーをとるのが大変ですが…1日に5時間時間がとれるなら、できますよ。

私より1年早く受験した先輩に、私の勉強法をお教えしたのも、5月の半ば過ぎでした。先輩はそれから青本前ページコピーして、問題の切り貼りを作り、見事合格されましたよ。

同じ種類の問題を並べるだけて、それだけで、わかることがあり、ポイントが見えてきて、効果があるのです。

私の分類は細かすぎるところがあります。やりやすいところから、大問でまとまっているところだけでも、作ってみることをおすすめします。
一番作りやすいのは、心理査定でしょうか。心理学の基礎分野も、院試レベルのものはまとめやすいです。

時間が限られているので、古い過去問は思い切って捨てるのも1つの方法です。特に法律関係は、変わっているので、今の法律では正解が変わってしまう問題がいくつもあります。

あとは、計画を立てることです。
丁寧に、いつまでも、切り貼りを楽しんでいてはいけません。一気にやるよう、計画を立ててください。
目標は、6月中に切り張り終了。1週間に1分野やってください。貼りながら、一通り問題をやり、間違ったところをチェックしましょう。このブログの解説も参考にしてください。不明な点、疑問点は、質問してください。

私が教材を執筆している通信講座は、分野別問題集つきです。案内はこちらです。
宣伝するのもなんなんですが、時間のない人のために作っているので、参考にしてください。

|

« 情動と扁桃体 | トップページ | 児童福祉司 »

勉強方法」カテゴリの記事

コメント

くろやぎさん
 
 参考になるアドバイスをありがとうございます。
久しぶりにHPを拝見させていただきまして…

 現在ひたすら過去問を解いています。
それからアンダーライン引きと…
過去問がなかなか進まないのですが、何をどこまで覚えたらよいのかを把握するために、まず過去問からと
思いまして。

 宿泊はこのHPでも早くおさえた方がよいとのことでしたので、安くて近いところを取りました。情報をありがとうございます。

 後はひたすらいろいろ工夫しながら記憶していくのみです。参考にさせていただきますね。
行き詰ったらまたHPをのぞいてみます。
あっという間に後3か月になってしまいましたし!

 応援してくださる方がおられるだけで力がわきます。とにかく頑張ります。どうもありがとうございました。

投稿: KURO | 2012.07.04 21:52

くろやぎさんです

 今、1からやるとすれば...。
 現役大学院生さんは、大学院入試でした勉強をおさらいすることでしょうか。
 現職教員の場合は、まさに1からになるかもしれませんね。

 他の所にも書きましたけれど、宿泊の場合宿の確保をされたらどうでしょうか。徒歩圏内で1泊1万円以下になると今からでは結構厳しいかもしれません。
 楽天トラベルは安い宿が探せるのでお勧めです。

 さて、肝心の勉強ですが、自分の記憶のタイプを知ることです。
 私の場合、書くことでは覚えられなかったので、単語カードを作って声に出すこと。基本用語集も声を出して読むことが有効でした。
 ですから、基本用語集にアンダーラインを引く、それを単語カードに写す。単語カードをひたすら声を出して覚える。ということと、ノートづくりをやりました。
 過去問もやりましたが、ランダムに出題されているので、覚えるためにやるのは効率が悪く、最後の1ヶ月で確かめのためにやっただけでした。コピーしてカテゴリーごとにまとめるというのは良いアイデアかもしれません。
 ここで大事なのはひろみ先生がおっしゃるように、わからないことをそのままにしないで、必ず調べてノートに書くことです。はじめはわからないことばかりで嫌になりますが、そのうち慣れます^^;

 毎日1時間集中してやることと、土日は少し時間を固めて午前2時間、午後2時間くらいはやった方がいいと思います。
 家事や子育て、持ち帰り仕事のない人は、みっちり8時間はできそうですね。
 まずは誘惑要素をしばらく遠のけることでしょう。

投稿: くろやぎさん | 2012.06.24 19:40

hitomiさん

 初めまして。KUROです。
アドバイスをありがとうございます。
 DVDの聞き流しをすれば結構覚えられそうですね。
机に座って勉強できる時間はわずかなのですきま時間を使えると随分焦る気持ちが減りそうです。
 DVDは持っていないのでキーワードを録音して聞いてみます。時間は短くても工夫すれば効率よく勉強できそうですね。
 とにかく後4か月弱、頑張ります!みなさん、ありがとうございました。

投稿: KURO | 2012.06.21 00:51

ひろみさん お久しぶりです。

私もやっと初めての更新をすませました。勉強会だけでなく、面接の問答集作りでも大変にお世話になりました。

くろやぎさん いつも心温まるコメントをありがとうございます。いつか、このような気持ちをお伝えしたいと思っていました。

KUROさん、とにかく今から突っ走りましょう。自分の夢のためです。自分のために時間が使える。苦労ができる。とても幸せなことだと思います。

私が昔、関西勉強会に参加したときの「刺激」について、少し触れます。

私は、合格まで何年もかかった落ちこぼれでした(苦笑)。今年こそ、と思って、参加した関西勉強会。
そのとき、参加なさっていた京都の方が、バスでの20分間の通勤時間の間にバラバラにした過去問を解き直している、とおっしゃいました。私は、びっくりしました。そうだ!まだ勉強時間はあった!車での通勤でしたが、往復40分間の時間を私はおろそかにしていました。自動車の運転をしながらできることを考えました。

私は、心理系大学卒業ではなかったため、心理学の基礎が弱いということが弱点でもありました。そこで、院試レベルに対応していた心理学講義のDVDを購入しました。聴覚からの勝負です。DVDの講義を聴きながら、運転しました。人間何度も繰り返し聴くと、頭に残るものです。

多少の知識を蓄積でき、そして自分の力で前に向いて進んでいるという手応えがありました。

ちょっと、KUROさんの求めているものとは違うかもしれませんが、私の受験体験で良かったことを記しました。

皆さん、がんばって下さい。自分の夢のために歩んでいける幸せを感じて下さいね。

投稿: hitomi | 2012.06.19 21:52

ひろみさん

 コメントいただき、ありがとうございました。
通信教材について詳しく教えていただき、どうもありがとうございます。どんな感じなのかイメージがわきました。検討させていただきます。

 過去問を解くことはもちろん、その前にすべきこともおかげ様で何となく見えてきました。
少し遅めのスタートですが、このHPも拝見させていただき、元気をいただきながら頑張っていこうと思います。

 ひろみさん、体調がお悪い中、質問にとても丁寧に答えていただき、どうもありがとうございました。
お大事になさってくださいね。  

投稿: KURO | 2012.06.18 10:35

KUROさん、くろやぎさん、コメントありがとうございます。
ここではできるだけ通信教材の宣伝は控えていますが…
私の教材は分野ごとに分冊です。さらに問題編と解答解説が分冊ですので、8分野あるので、計16冊になります。A4版で、各冊30~50pくらいのボリュームでしょうか。
6月の勉強会が終わり、私は少し焦りました。できれば7月中にロールと統計・法律以外の分野を終わりたいのに、まだまだだからです。強化のために7月の勉強会は2日連続の日程にしました。
受験勉強は、その方の状況によってどのよううにするのがいいか一概に言えません。私は、自分の受験のときは、ずいぶん付け焼刃でした。知識がなかったので、用語ばかり意味もわからずに覚えました。
最近は反省し、テキストを読み込むことの重要性を感じています。勉強会でもたくさんの資料をお渡ししています。参加してくださったみなさん、資料の内容と過去問の設問を関連付けて、しっかり読み込んでください。過去問に出ていない問題が出ても対応できる力がつくはずです。
お一人で勉強されている方は、何を読んだらいいのか戸惑いますね。いろいろ迷わずに、これと決めた参考書のさくいんを活用して、わからないことは辞書を引くように調べて、読むのがいいですよ。

投稿: ひろみ | 2012.06.18 00:56

くろやぎさん

 いろいろと具体的に教えていただき、ありがとうございます!

 過去問を解いてもさっぱりわからない問題がかなりあるので焦っていましたが、やはりまずは知識補充ですよね。「臨床心理学キーワード」は手元にあったので、臨床心理士試験徹底対策テキストと並行して読んでみます。

 近隣領域の出身で家族もいるので、時間的にも体力的にも厳しいですが、他の方も同じような状況の中、頑張っておられるようですので勇気をいただけています。

 本当にありがとうございます!もう4か月ですが、まだ4ヶ月ありますよね。参考にさせていただき、コツコツ頑張ってみます。

投稿: KURO | 2012.06.17 22:00

くろやぎさんです。

 4ヶ月前というのは準備期間として、まだまだ射程範囲です。ただし、2ヶ月前には2ヶ月前の、3ヶ月前は3ヶ月前のやり方があると思います。
 これは経験値でしかないのですが、3〜4ヶ月という期間は中だるみ対策が必要になります。1〜2ヶ月前には徹底的に実際の受験シミュレーションをする必要がありますから、それまでの期間、受験脳を作っていくことが必要です。今日からカレンダーに勉強日程を書き込むことからスタートしてはどうでしょうか。
 受験脳というのは私の勝手な命名なのですが、普段の生活の脳と、受験時の脳はちがうと思うのです。集中力というか、他のことを考えないで全勢力が受験に向かうと言うことの脳です。基本、この時期の受験生の方は仕事をされているでしょうから、仕事に向けるエネルギーと受験に向けるエネルギーだけに絞り込むと言うことも必要でしょうか。

 家族がいる場合は、家事や育児、家族サービスの全面免除は無理でも、具体的な協力を取り付けてはどうでしょう。あまりあいまいにすると、受験脳が暴走して暴言を吐いたりするので、具体的なのが良いです。
 家族への気兼ねが必要ない人は、誘惑からの撤退です。4ヶ月間は息抜きは、いらないのではないでしょうか?パチンコやドライブなどしなくてもこの先の長い人生どうということないだろうし、ゲームやDVD、ツイッターといった中毒症状が出そうな行為は「断つ」ということも必要かも。このモードに入るのが結構面倒ですが、大体2週間もあれば大丈夫です。
 彼や彼女にも説明して、土日のデートは最小限にする覚悟をお願いしたいところです。

 それでも頭がはち切れそうになった場合には息抜きも必要ですが、それも具体的に「息抜きスケジュール」を設定してはどうでしょう。

 毎日1〜2時間時間を決める。ダラダラは逆効果ですから、ノート作りや単語カード作りなど、機械的にできることから入るのは良いと思います。

 私は、旧指定校出身で近接領域からの受験ですから、心理学の基礎を一からやりました。他の方は大学院受験で基本は身に付いているでしょうから、十分間に合うと思います。

 具体的には
1「臨床心理学キーワード」有斐閣1800円

2「心理学検定基本キーワード」実務教育出版 2000円

3「臨床心理士試験対策心理学標準テキスト」秀和システム 1800円?

4「新・臨床心理士になるために」誠信書房1700円

 これらの参考書をそろえました。
 特に1番の参考書は量的にも暗記できますし、まず、重要語句にアンダーラインを引きました。次に3番のアンダーライン引きをしました。他はそれの確認に使いました。

 私の場合は問題集をやっても全然できなかったので、とりあえずまずは暗記から始めました。

 最後に..暗記式の臨床心理士受験を批判する方もいらっしゃいますが...とにかく合格しないと話にはなりません。
 臨床の力や理解力は当然必要ですが、この4ヶ月は受験に集中して良いのではないかと思います。 

投稿: くろやぎさん | 2012.06.17 14:04

ひろみさん コメントをありがとうございます。

過去問は全問分野別に整理されていて解説などがあるのですね。全問となるとかなりのボリュームになると思うので、時間短縮できそうですね!

 ちなみに、念のため確認なのですが、マークシート対策教材がその分野別過去問教材ということでよろしいでしょうか。

投稿: KURO | 2012.06.17 09:22

KUROさん、くろやぎさん、コメントありがとうございます。
私の通信講座の教材は、過去問の解説と重要ポイントの整理、補足資料、確認問題で構成されています。
過去問は全問分野別に整理しています。時間が少ない方には便利かもしれません。今年、やっとの思いで更新しました。今までのものより格段に見やすく充実した内容になったと思います。
私は今、体調が思わしくなく、勉強部屋の更新ができず申し訳ありません。チェックはしていますので、質問など書き込みをいただいたら、回答させていただきます。ほかのみなさんも、疑問点、不安など、なんでもコメントください。

投稿: ひろみ | 2012.06.16 20:51

くろやぎさん

 早速コメントをいただきましてありがとうございます。

 ついつい切り貼りから始めないと!と思い込んでいたのですが、まだキーワードについても覚えていないし、ノートも作っていませんので、目からウロコでした…。

 少しでも早く知識を増やしていくことが大切ですよね。とりかかってみたいと思います。
どうもありがとうございます。

投稿: KURO | 2012.06.16 16:47

くろやぎさんです。
KUROさん

 私の場合を言いますと...。

1 心理学重要語句にラインマーカーでチェック。
2 ノート作成
3 単語カード作成

 平日は毎日1時間から2時間、土日は少し時間をまとめてとりました。
 大体1ヶ月でやって、後はひたすら単語カードを覚えました。
 
 自分の記憶スタイルを見つけることが大切です。私はよく言われるように「書いて覚える」のは無理でした。
 1ワード分の単語カードを、歩きながら声を出して読むのが覚えやすかったです。
 声を出すと言うのがツボでした^^

投稿: くろやぎさん | 2012.06.16 07:55

こんにちは。
今年の試験まで後4か月となってしまいました。

私はこの記事にたどり着くのが遅くなり、いまだに切り貼りは全くできていません。
 さらに仕事をしているため、1日に2時間取れればマシな毎日を過ごしています。このペースでは合格は厳しいかもしれません…。
 そこで時間短縮のためにひろみさんが教材を作られている通信コース(マークシート教材のみ)の受講を検討しています。その教材には過去問は何割くらい掲載されているのでしょうか。切り貼りの手間を節約するという目的で受講したいと考えているので、確認してみたくてついコメントさせていただきました。

投稿: KURO | 2012.06.15 23:09

スミマセン、投稿の仕方がわからなくて、
同じカテゴリーに全然違う内容を投稿してしまいます。m(_ _)m

ロールシャッハで17-49 D
具体的な防衛機制は隔離、知性化が中心である。
はどこからそう読めるのでしょうか。

MよりFMが大きいから原始的な欲求のが勝っている気がしますし。。。

投稿: しーちゃん | 2007.06.09 22:46

みなさん、勉強方法いろいろ工夫されてますね。

私も1冊派です。
大学院の試験のとき実行しました。
あのときは、臨床心理に1冊、統計に1冊ノートを作りそこへ関係のある情報を集中させていきました。
ただ今から思い返すと、書き写すときはあるていど本を読み込んでから書き写していたようです。

今回は、院のときよりも勉強時間が取れないので、
ひろみさんの教材にせっせと書き込んでいます。
ロールシャッハはエクスナーの情報が少ないので、
それを教材に付け加えている最中です。

精神病理学は、精神・心理症状学ハンドブック(北村俊則)で勉強しています。
これは精神科医用に書かれたものですが、なかなかすぐれものです。
シュナイダーの一級症状というと即統合失調症を疑うように仕込まれている心理屋さんにとって、目を見開かされる本だと思います。
実践にとても役立ちます。
(ただ、心理士試験的には仕込みに従うほうがいいのでしょうが。)

心理面接のところは
「よってたつ理論」によって正解が異なるところも出てくるでしょう。
正解を出すにはこう考えるのか、と軌道修正しながら、
試験用の面接理論と割り切って勉強しています。
(まぁ、受かるにはしょうがないですよね。)

ところでひろみさん&みなさま、
心の専門家が出会う法律は、読んでおいたほうがいいですか。
法律、どうしようかなーと悩んでいます。

投稿: しーちゃん | 2007.06.09 17:15

ここままさん、くぅままさん、コメントありがとうございます。

ここままさんのご相談は新規記事にしました。いろんな意見が届くといいですね。
私の意見はちょっと辛口ですが、勉強も育児もどちらも中途半端ということになると、いい結果も出にくいです。そうなると、大切な赤ちゃんにも申し訳ないと思うのです。納得のいく折り合いの付け方(自分の気持ち、周囲との関係とも)を見つけてください。

過去問分類は時間がかかります。やらかなったよ!という方のご意見も参考にしてください。

くぅままさん、1冊の本に情報を書き足していく方法は、私も大学受験のときに一部の教科で採用しました。ノートにまとめる時間のないときにはとてもよい方法です。
ホント、受験は情報管理がカギですね。だって、一度に覚えきれないから、とにかくあとから検索しやすい方法で整理することです。前にやったのに、忘れてしまってまた一から…というのが絶対ダメダメな方法です。

みなさんもそれぞれに、ご自身の情報管理の方法を見つけてください! 生活や仕事のあらゆる面でも! 役に立ちますよ。

投稿: ひろみ | 2007.06.09 14:34

こんにちは。昨年合格した者です。
乳飲み子を抱えて勉強していたのは院試の前でした。
24時間授乳と家事に追われていた感じで、「あ、寝た!」と思って勉強を始めてもすぐに泣かれて中断、焦ってばかりでした。
授乳間隔が一番長い夜中の11時から3時くらいをまとまった勉強時間として集中して、昼間は子どもと一緒にお昼寝をすることにしました。この際、昼夜関係なしです。
昨年の受験勉強はフルタイムの仕事をしながらでした。過去問の切り貼りは諦め、分野別に色分けをして色鉛筆で問題番号に丸をつけてやっていきました。
それと、いろんな本の情報を、1冊の簡潔にまとめてある本に書き込んでいき、毎日持っていました。試験会場まで持っていける本の数は少ないので、自分なりにまとめていくのがいいと思います。
それから、ミルクと一緒に家族などに子どもさんを預けられるときには、思い切って家を出て、カフェやファミレスにこもって勉強するのも集中できると思います。
家族の協力あってこその合格でした。頑張ってください!

投稿: くぅまま | 2007.06.09 12:51

こんにちわ。
ゆんさんのこの質問「あと4ヶ月の勉強法」をみて、かなり励みになりました・・・。
というのに、ほんと今の今から手をつける私です。。。
去年の夏も取り組んでいましたが(かじった程度)、出産と重なり結局受験せずに終わり・・・。で、今の育児真っ只中ではありますが、なんとか受験したい(院卒後のブランクが気になるため・・・)と思い、今になって気合を入れ始めた(?)とこです。
ひろみさんも家庭、お子様をお持ちの中で、お仕事に取り組まれていますよね。ほんと素敵だな~と思います!
率直なコメントをいただきたいのですが、まだ夜泣きしている乳児を抱えての日々、今の今から過去問分類をして取り組んでの受験って厳しいでしょうか?(個人個人の気持の問題でしょうけど)
抱っこの乳児を抱えて片手間に勉強って感じになりそうです。
ほんとそんな状況の中、勉強や仕事に取り組まれるときのコツはありますか?

投稿: ここまま | 2007.06.09 11:54

しーちゃんさん、ryoさん、コメントありがとうございます。

人それぞれですね。ゆんさんもご自分にあった方法をみつけてください。

しーちゃんさん、お返事が遅くなって申し訳ありません。ご質問には新規記事でお答えします。

投稿: ひろみ | 2007.06.05 22:40

こんにちは。
私は試験一ヶ月前から本格的に勉強を始めて、昨年合格したものです。最初で最後の試験だったので、かなりドキドキものでしたが、ひろみさんのサイトや本に助けられて無事合格しました。

私の取った勉強方法も、基本的には分野別に切り貼りして、というのを最初はやったのですが、なんせ時間がなかったので、
過去問をコピーして(一つの年度につき、2部づつ)、1つは解いて答え合わせをし、間違っていたらその場で回答を調べて、
問題に答えを書き込み、また別の日に同じ問題を解く、
という形をとりました。
問題に、必要な情報を書き込んでいくやり方をとって、何度も見直しました。問題を複数年分何度もやると慣れてきて、傾向がわかりました。
私は約9年分の過去問をやりました。後は参考書をつかって
自分の弱い所を読み直す、って感じだったと思います。
まだ時間があります。頑張って下さい。応援しています。

投稿: ryo | 2007.06.04 13:00

ゆんさん、
私も、覚えても覚えてもザルのように忘れてしまう年頃です。
一緒にがんばりましょう。

さて、ここに投稿していいのかどうかわかりませんでしたが、
質問させてください。

17-92の事例ですが、
STAI, SDS、HDS-Rなどの質問紙がでてきています。
HDS-Rのカットオフポイントは21、
SDSは40以上が軽うつ、50以上が中うつだとわかりましたが、
STAIの状態不安と特性不安の、「不安あり」とするカットオフポイントがわかりません。
どなたか使ったことのある人教えてください。

投稿: しーちゃん | 2007.06.03 19:01

ひろみさん 新規記事にしていただいてありがとうございました。

こちらにコメントをした日に16年度の試験を解いて、見事撃沈・・・
そのままコンビニに向かい2時間コピーをして、切り貼りしました。
やってるときは、このやり方でいいのかな。。。なんか時間がもったいない。。。
って思ってたのですが、ひろみさんのコメントを読んで安心しました。(泣きそうでした・・・)

まだ切り貼りも残ってるし、分別も大変だけど、ペースUPして頑張ります。

ひろみさんの教材購入も考えたのですが、コピーしちゃったし(笑)まずは自分で作成してやってみます。

今年は本当になんとしても合格したい・・・

試験日まで、ますますひろみさや、他の皆さん、そしてこのブログにお世話になると思うので、よろしくお願いします。

ひろみさん、ありがとうございました。

投稿: ゆん | 2007.06.01 14:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あと4か月の勉強:

» 法曹人口の拡大 規制改革会議が第1次答申 [新司法試験.com]
法曹人口の拡大 規制改革会議が第1次答申 [続きを読む]

受信: 2007.06.02 17:53

« 情動と扁桃体 | トップページ | 児童福祉司 »