« 本能の座 | トップページ | 情動と扁桃体 »

2007.05.24

COGUNISTATとWIS-R

応援ありがとうございます!人気ブログランキング

院生の方からお問い合わせをいただきました。

知能検査の授業で使うため、COGUNISTATとWIS-Rという、老人の知能検査を探しています。 うちの大学院には準備されていませんでした。入手方法に困っています。 ネットで検索したところ、購入するしかなく困ってます。 貸し出しをしている施設や、大学はないでしょうか。 お願いします。

私は授業で必要なものを手配するのは大学院の責任ではないのかとお返事しました。心理検査は高価なもので、簡単に貸し出しはしていないと思われますし。
ただ、私は検査の内容も知らないほど知識がない者です。情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お願いします。

|

« 本能の座 | トップページ | 情動と扁桃体 »

心理査定」カテゴリの記事

コメント

COGUNISTATではなくCOGNISTATだと思いますよ!Uは入りません!

投稿: ささ | 2013.02.10 01:11

憂いさん、コメントありがとうございます。

拝見して、私はなんて、「口ではなんとでも言えるわ」的なことを書いてしまったのだろうと、恥ずかしく感じています。あなたの大変さを、本当にわかっていなかったと思います。ごめんなさい。

それでも、気持ち前向きに!がんばってください。
応援しています。

投稿: ひろみ | 2007.05.29 20:42

ひろみさん、ついぐちってしまったことに丁寧にコメントありがとうございます。感謝します。本当に受けとめてもらえることのありがたさを実感しております。
このブログのよさですよね。他ではちょっとためらってしまう質問や、悩みをだせ、訂正他そこにコメントをくださる方がいてくださる。

周りを変えていくことからって、本当に大切ですよね。
とはいえ、他の業界から入って、この業界に強い疑問をもちながらも、大学院での勉強には、必死でした。希望も言わなかったわけではありませんが、大学側の理屈を通され、強い先生に対しては、これからもお世話になることを思うと、先生方の思いに異を唱えることはできませんでした。結局は、自分をおりまげたり、退却したりしてきました。
現場のことは、応援してくださる先生もいらっしゃいます。
でも「そんなこと言ってたら、どこへ行ってもだめだよ」と(それが現実なのだと思いますが)、はっきりおっしゃる先生もいらっしゃり、また金銭的な厳しさをわかっていただけない先生もいらっしゃいます。
それでも、それぞれにがんばってそこに適応している他の方たちをみていると、結局「自分の力のなさか」と思い、落ち込むのです。
初めのうちは丁寧に記録をし、しっかりと振り返りながら、時々指導も受けながら進めていきたいと思っても、時間的にも経済的に身余裕なく送る毎日に対するジレンマ・・・。

こぼすと、ひろみさんがおっしゃってくださるように、憂いを感じてくださる方は、少なくはないのですが、そこの場で適応して必死にがんばっていらっしゃる方には、声をだすところまでいくことは、むずかしかったです。多分そういうことにエネルギーを使うよりも自分の力をつけることの方が大事なのでしょう。
某大学院では、2年間で何ケースももたせていただき、そこのそうそうたるいろいろな先生に、ケース毎に毎回記録おこしながら、SVでばっちりしごかれた方の話を聞き、大変だっただろうなとも思いながら、うらやましく思い、学生数よりも先生方の方が多い!という大事に育てられていらっしゃる大学院のお話も聞き、でも今更後悔しても仕方がありません。
ただ、これから受験なさる方には、よく内部事情をお聞きして受験をお勧めするばかりです。

すみません。自分のもやもやした気持ちを深夜、パソコンに向かって吐き出し、明日からまたがんばります。

投稿: 憂い | 2007.05.29 03:29

とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
それから、憂いさんへ、
臨床心理士の研修制度について、新規記事にしようかなぁと思ったのですが、ちょっと話題がおっきいので、こちらでコメントしておきます。

もと記事の大学院がもしWAIS-Rを院生に用意できないならば、とても問題だと感じます。研修制度に関しても、心配だなぁと思ってしまいます。

といった感じなので、憂いさんの憂いは、憂えばきりがないように思われます。問題は、全国的にきっちりした研修制度が確立していないことであり、そんな中、SVの料金も天井知らずの部分があるのでしょう。

私の考え方は、納得できない現状は、自分で変える努力をすることです。私のまわりの環境は、研修に関しては臨士合格までは、大学院でかなりフォローがあります。合格後も、有料でSVを受けることができます。
他に、修了生仲間で自主的に事例検討会も作っていますよ。(私は参加していないのですが(^_^;) 先輩のコメントもらったり、お互いにフォローしあえる場になっていると思います。
大学院での研修制度は、1期生である私たちの先輩がいろいろ要求してくれて、私たちも引き継いで要求を重ね、だんだんと確立してきたものです。

ということで、要求や主張はきっちりしながら、自分たちでできることをやっていきましょう、というのが私の意見です。体制を動かす大きなことをするわけではありませんが、自分たちのまわりの環境を変えていくことが、全体を変えていく力になるのではないか、と日々感じながら行動しています。
SVも高いと感じたら、今はそんなに負担できないことを説明して、料金の相談とか、できないのでしょうかね。

投稿: ひろみ | 2007.05.28 21:34

回答になっていないかもしれないだけでなく、また個人的な意見ですが、WIS-RというのがもしWAIS-Rならば、(年齢とか、検査の目的にもよりますが)老人の知的検査には向かないと思います。(WAIS-Rは知能検査ではありますが、施行する下位検査の数が多く、一般に老人と言われる方たちに施行するとかなり負担となります。)

それから、WAIS-Rはもう売られていない(たぶん)です。新しいバーションのWAIS-Ⅲが出たので廃盤になっているはずです。ちなみにWAIS-ⅢはRよりも施行数が増え、なおかつさらに難易度が高くなっています。

ひろみさんのご意見のとおり、このような検査器具は団体が購入するのが普通ではないでしょうか。心理系で検査器具がおいていないというのはちょっと問題かなと思います。

投稿: とおりすがり | 2007.05.28 20:51

ななしさん、コメントありがとうございます。
そうでうんね。WIS-RはWAIS-Rの間違いかもしれませんね。cognistatについての情報もありがとうございます。
質問をくださった方からは、教授と相談してみます、というお返事をいただきました。

投稿: ひろみ | 2007.05.28 20:44

★cognistatは知能検査ではないと思うよ 知的機能をカテゴリごとに軽く採点するもので天井効果があり たとえばアルツハイマー患者なら記憶だけが低下するとか そういうふうな偏りをみるもの もうひとつはWAIS-Rのことかしら?WAIS-Rなら学校にもありますよね?老人の知能を諮りますね、Rは74歳まで、WAIS-Ⅲならもっと80代までですね。病院臨床の人に聞けばわかるのでは。

投稿: ななし | 2007.05.28 08:43

憂いさん、コメントありがとうございます。
心理検査に関しては、私も全く知識がありません。どなたか、情報をお願いします。m(__)m
でも、試験に関しては、知らないからといって、不安を感じる必要はないと思います。公表されている過去問にはない検査なので…まずは、過去問にある検査について、しっかり勉強しましょう。

制度の問題は、考えれば考えるほど憂鬱になってきますね。同じ不安を抱えているのは、憂いさんだけではないでしょう。新規記事として取り上げていきたいと思います。

不完全な中で、よい方向に変える努力をしながら、やっていかなければならないのでしょう。私も現場では自分の意見はしっかり主張し、自分のまわりの状況を変える努力は続けています。

まずは、合格ですね! あと5か月がんばりましょう!

投稿: ひろみ | 2007.05.26 14:46

全然お役にたたず、教えていただきたくて、メールしております。
コグニスタッツは認知機能の多面的評価をはかる簡便な検査で高齢者に負担のないようにつくられていると勉強しました。WIS-Rは全然聞いたことがない検査なので、どういうものか教えていただけませんか?WMS-R(ウエクスラー記憶検査)ではありませんよね。

実は私は今年資格試験を受験する社会人院生からの受験生で、自分の記憶の弱まりを憂え、試験におびえています。

でも、反面投稿された方は、そういうテストの実習もされるのかとうらやましく思いました。私の大学院は検査は自分でやっておきなさいと自主性にまかされました。ですから現場へいって苦労している方が多いです。
臨床心理の勉強は20年来行い、支援職として仕事をし、心理臨床の経験は少なく、実習を含めて、しっかりと臨床の勉強をしたいと大学院に入らせていただき、何とか修士論文もしあげましたが、2年間という期間では、余りに足りないと思わずにはいられませんでした。3年間の通信の大学院をひろみさんが紹介してくださっていましたが、せめて3年間、実務や臨床をもっと勉強したかったです。そして卒業後(資格習得後)すぐにSCなどになられたり、専門職として、働かれる実態にびっくりしてしまいました。
ドクターの研修医制度や、先生の新任研修他、若葉マークの方には、どこの業界でもしっかりと指導してから現場でも指導されていって一人前になっていくことが多いと思います。
そして、SVの相場が1万とか1万5千円とか・・・・。私の同僚は月に3万5千円使っているそうです。自活の私にはそんな余裕はありません。後輩の指導にそんなお金をとる業界があるでしょうか?ドクターや弁護士などと同じ、人材としての育成や進歩していく?専門的な知識がとても大事な高度の専門職だと思います。それでも他の資格でも資格更新の研修が1万は当たり前で、2時間で2万の研修、通年1ヶ月に1回から数回でも8万、10万などという世界・・・。
何か仕事をしていくのにとても不安になってしまって、他のみなさんは、それなりにやっていらっしゃいますが、私自身は、前と同じ仕事にもどったのですが、いらっしゃる方は大変な方が多くなっています、でも給料は安く、そして、そのためか働く方は、若い方が多いです。でも頼みになっていたのはご主人に食べさせてもらいながら、仕事にやりがいをもっていらっしゃる方たちでしたが、段々仕事の厳しさに給料が合わず、やめていかれる方が多くなり、ますます大学院出の若葉マークの方ばかりになっています。そういう方は、意欲はとてもあり、理屈もしっかりなさっていらっしゃるのですが、怖さを知らずにはらはらすることが多いです。でも、指導できる立場でもなくうじうじするばかり・・・・・。
求められるのは、緊急支援も含めて応用や、連携など、大変なことばかりですし、基本の面接をきちんとしていく体制さえどんどんなくなっていき、わざわざ大学院に入りなおしたのに、この仕事を続けていく自信をなくしています。
社会ではとても求められているように思いながら、この体制で、受けとめられるのかと憂いています。

と、結局ぐちになってしまいました。本音は資格の勉強よりももっと、実習や、いろいろな勉強をしたいと思いますが、まずは資格試験の勉強ですよね。
テストでもどんどん新しく開発・改訂されていきますね。

胸をふくらませて院に入学した時に比べ、卒業した今返って迷い始めているのはおかしいでしょうか?

投稿: 憂い | 2007.05.25 03:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COGUNISTATとWIS-R:

« 本能の座 | トップページ | 情動と扁桃体 »