« 精神保健福祉法から障害者自立支援法へ(2) | トップページ | 精神障害者の定義 »

2007.08.27

H17のロ・ハテスト問題

あと1月あまり!がんばりましょう!人気ブログランキング

ロールシャッハの診断補助尺度について、補足の説明をコメントでいただいています。ありがとうございます。みなさん、ご確認ください。

私は個人的に、数ヶ月前から健康のために夜更かしをやめました。するとほんとうに勉強時間が確保できませんね! でも、帰宅時間を早くするなどして、夜少しでも時間を確保して、勉強部屋の更新をしていきたいと思います。試験までよろしくおつきあいください。

H17のロ・ハテストについて質問をいただいていますが、これ、はっきりいって簡単です。まず、ご自分で考えてください。ここがわからない、というところをご質問いただければと思います。

そして、簡単といいましたが、実は難問があり、17-49CとDです。これについては、明確なスコア上の指標はないようです。(おわかりの方は教えて下さい) 総合的判断で、C(抑圧)よりはD(隔離・知性化)のほうが妥当であろうと思われます。でも、ΣF+%=60と低めなので、知性化には少し疑問が残りますが。

総合判断というのは17-50AとBも同様だと思います。スコアよりもプロトコルから、男性的と言うよりは女性的だと私は判断します。

|

« 精神保健福祉法から障害者自立支援法へ(2) | トップページ | 精神障害者の定義 »

過去問の解説-ロールシャッハ」カテゴリの記事

コメント

ブログの投稿方法が
まだよく理解できなくて、
このトピックに投稿します。
ごめんなさい。

統計です。

17-18c
変数間の因果関係を分析するための統計手法
→重回帰、パス、判別など y=f(x)で記述可能なもの。

だと思いますが、

12-24c
(重回帰分析は)因果関係を推察するのに有効である。
→×
です。

この2つは矛盾してませんか??
私は12-24cは、○だと思うんですが。
理由は、因果関係とは y=f(x) で表わせること、
という学生時代からの刷り込みがあるからです。

投稿: しーちゃん | 2007.09.06 08:18

7-36Aは、どうみても×だと思いますが、
回答は○ですね。

片口の本(心理診断法)で調べたら、
カードI にM反応をP反応とするのは、
片口、名大、阪大、どれも見当たりません。
ちなみにM反応をPとするのは名大法だけで、
II, III, VIIのM反応をPとしているようです。

片口はM反応をPと取ることはないようです。
エクスナーも片口同様、M反応をPとすることはありません。

どなたかこのへんの真相をご存知のかた、
教えてください。

投稿: しーちゃん | 2007.09.05 14:01

はるさん、さっそくのコメントありがとうございます。
ご活躍ですね。

drですか~。そうでした。ありがとうございます。

スコアはほんとしっかり読まないとダメですね。しかし、じっくり考える時間はないので、受験生のみなさんは大変だと思います。
できるだけ慣れて、がんばりましょう。

投稿: ひろみ | 2007.08.28 02:07

17-49 
 Cの指標はないですよね。Dに関しては、drがあり、防衛機制として隔離が用いられ、Mapなどの内容から知性化が考えられると思います。

17-50
 A・Bは、MLCや反応継起から正しいと判断されます。
これに関しては、馬場禮子著『改訂境界例』(岩崎学術出版)のなかの事例Ⅰを読まれると理解が深まると思います。

 ひろみさん
 お久しぶりです。「名古屋のはる」です。覚えて見えますか。私もH18年度の試験を受験して、なんとか合格。H19年度から臨床心理士として務めることになりました。試験が近づき院の仲間の受験が気になりHPをみさせていただきました。少しでも皆さんのお役に立てれば書かせていただきました。


投稿: 名古屋のはる | 2007.08.28 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H17のロ・ハテスト問題:

« 精神保健福祉法から障害者自立支援法へ(2) | トップページ | 精神障害者の定義 »