« Sperry, R. と分離脳 | トップページ | Frankl と逆説志向 »

2007.09.29

Adler と権力への意志

あと1週間!がんばりましょう!人気ブログランキング
↑↑↑
応援ありがとうございます。1位に肉薄してきました。1日1クリックをよろしく!

問題12 から

Frankl は頻出ですね。「意味への意志」「ロゴセラピー」は最重要キーワードでしょう。(でも、2年連続出題はないかな) 「逆説的志向」については、調べてみようと思っています。今日はその前に、個人心理学(Adler)の「権力への意志」について調べました。

しけしん、大事典でざっと調べたところ、権力への意志については、詳しく載っていませんでした。インターネットのサイトでは、
こちらの説明がわかりやすいなぁと思いました。

アドラーの理論の変遷(大事典の981pを参考にしました)
1910年代前半 人間の根源的エネルギーは劣等感の補償にあるとした
やがて、ニーチェの影響を受け、権力への意志(社会での自分の占める位置に対する欲望)という概念を導入
1920年代 より一般的な目的追求性という概念を導入。理想状態に向かう努力をより根元的なものと考え、劣等感をその副産物として捉えた。

|

« Sperry, R. と分離脳 | トップページ | Frankl と逆説志向 »

過去問の解説-心理学基礎」カテゴリの記事

H18問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Adler と権力への意志:

« Sperry, R. と分離脳 | トップページ | Frankl と逆説志向 »