« アスペルガー障害 | トップページ | 認知症の治療薬 »

2007.09.24

レビー小体型

あと2週間!がんばりましょう!人気ブログランキング

朝日新聞の記事から、レビー小体型という認知症について、まとめておきます。

レビー小体型認知症
レビー小体と呼ばれるたんぱく質が、神経細胞にたまる進行性の病気。
初期には、統合失調症やアルツハイマー病と間違われやすい。(診断基準ができて10年)

認知症
4割…アルツハイマー病
2割…脳血管性
2割…レビー小体型

特徴
昆虫、小動物、人などありありとした幻視
不安からうつ状態や被害妄想
筋肉のこわばり(パーキンソン病と同様の症状)
自律神経の失調(激しい寝言、就寝中の異常行動、頻尿、便秘、多汗)
患者は病識を持ちながら、病状の変動を繰り返す(かなり進行してからでも、介護者への感謝の気持ちを述べたりする)

対応
幻視や妄想をすぐ否定したりとがめたりせず、同調し落ち着かせる
転倒の防止(てすりの設置など)、寝起きや立ち上がりの見守り

診断
特徴症状
CT,MRI
心筋シンチグラムによる心臓の自律神経の損傷の程度の検査

治療
根治治療薬はないが、アルツハイマー病の進行を抑制する塩酸ドネペジル(商品名アセリプト)が効く人がいる
抗うつ剤、精神安定剤
漢方薬の抑肝散

|

« アスペルガー障害 | トップページ | 認知症の治療薬 »

精神状態-認知症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レビー小体型:

» 前立腺の病気 [前立腺マッサージで前立腺肥大症からあなたを守る]
前立腺はクルミぐらいの大きさで、膀胱の真下に尿道を取り囲むような形で存在しています。 言うまでもなく、男性にしかありません。 [続きを読む]

受信: 2007.09.25 00:36

» 頻尿について [頻尿 神経症、原因など]
頻尿は年齢が進むにつれて増えてきますが、人に相談できないで一人で悩んでいる人も少なくないようです。正常な人のトイレの回数は1日4〜7回で、トイレへ1日8回以上へ行く人は頻尿の疑いがあります。 [続きを読む]

受信: 2007.09.27 22:53

« アスペルガー障害 | トップページ | 認知症の治療薬 »