« H19問題-心理査定 | トップページ | H19問題-精神状態 »

H19問題-統計

お疲れさまでした。人気ブログランキング

統計の問題をまとめておきます。

☆小学生の体重(身長?)の人数・平均・F値とt値とそれぞれの境界値が表示されていて、t検定をしたい
それが等分散かどうか
t検定で有意差があるかどうか

☆信頼性係数
回答形式が2件法の場合には、Kuder-Richardsonの公式を使う→○か×か?
α係数

☆妥当性
弁別的妥当性は構成概念妥当性の有無を検証しているか
並存的妥当性が基準関連妥当性になるかどうか
生態学的妥当性

☆パス解析


t検定の問題は、実際使っていない人にはかなりキツイですね。
妥当性の問題難しそうです! お手上げ\(^へ^;;)/
恥ずかしながらパス解析についても、私には知識がありません。
全滅かも!!(T_T)

|

« H19問題-心理査定 | トップページ | H19問題-精神状態 »

過去問の解説-統計」カテゴリの記事

H19問題」カテゴリの記事

コメント

森田療法は、ヒポコンドリー性基調?から絶対臥褥期から日記、作業療法など

内観療法は、集中内観と日常内観もでていました?
やり方の正誤で、迷惑をかけてことのところに違う選択肢などもあったような?

動作法は、でてきた背景の正誤とやり方もあったような

そういえば、産業臨床もありましたね。事例問題で確か精神科医からカウンセラーにまわされ、復帰に対しての正誤。
復帰を決めるのが、本人の意思を大事にする、精神科医などの関係者の意見を聞いて事業所か、人事か、関係者が集まって?など

投稿: ほんわり | 2007.10.13 22:48

具体的な内容は思い出せないのですが,事例問題の中で産業臨床領域の問題があったかなと。それと,学校臨床領域の問題で「コンサルタントとコンサルティーとの違い」についてがあったような気がします。で,最後の方に,「森田療法」と「内観療法」に関する問題で,そして,一番最後は「動作法」の特徴についてだったような。
あと、「来談者中心療法のパーソナリィティー変化に必要なカウンセラーの態度条件について(みたいな)」の問題で,これは選択肢の文章が日本語的におかしいだろうという感じで、焦っている頭ではかなり混乱させられました。

25日までが本当に長いですね。多くの方がコメントを寄せられていますが,私も,今回は出来たとも出来ないとも言えなくて,なんとも不安な日々です。本当にどうにかパスしていて欲しいよ~。

投稿: エルモ | 2007.10.13 00:14

定かではありませんが、身長に関しての統計には、直交回転よりも斜交回転が良い(?)みたいな問題が出ていました。その時点でお手上げでした。

投稿: バリバリ | 2007.10.12 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19問題-統計:

« H19問題-心理査定 | トップページ | H19問題-精神状態 »