« アイゼンクの人格論 | トップページ | 1日30分 »

アイゼンクについて補足

あと5カ月がんばりましょう! 人気ブログランキング

6月14日(土)公開勉強会のご案内はこちらです。

今日はNHKFMで、「今日は一日DJサミット三昧」という番組を終日放送しています。どういう番組かはさておき、小原孝さんも登場されます。12:15~13:00まで、「弾き語りフォー・ユー」拡大版ということで。よろしかったら、お時間のある方は一度小原さんと出会ってみてください。オススメです。
私はちょうど用事とかぶっています。(T_T) 音質落ちるんですが、携帯電話でFMラジオの録音ができるので、そちらで対応します。

昨日、大急ぎでアイゼンクの確認をしましたが、なんだか不十分なので、補足をしておきます。

パーソナリティ理論の類型論から特性論の流れも重要です。確認しておいてくださいね!

さて、アイゼンクもキャッテル同様に因子分析によって性格特性を抽出しました。キャッテルとの違いは、外向-内向、神経症的傾向の2次元に分けて因子を抽出したことです。のちに精神病傾向も付け加えられました。
2次元によるパーソナリティ検査がMPI(モーズレイ人格目録)、3次元によるパーソナリティ検査がEPIです。

パーソナリティの階層モデルとは、まずは類型(第1の層、2次元または3次元)があり、その各類型に因子分析によって抽出された特性(第2の層)がある、ということです。アイゼンクは、類型論と特性論の統合を試みたのです。
そして各特性が習慣的反応(第3の層)に、習慣的反応が特殊(または個別)反応(第4の層)に細分化されていきます。

|

« アイゼンクの人格論 | トップページ | 1日30分 »

過去問の解説-心理学基礎」カテゴリの記事

H19問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイゼンクについて補足:

» ラ・サール学園を紹介します! [ラ サール高校学園 info_l]
ラ・サール中学高校を卒業しました私が、少しでもご父兄の方々に学園生活を紹介できたらと思い、このブログを立ち上げました。 [続きを読む]

受信: 2008.05.07 21:42

« アイゼンクの人格論 | トップページ | 1日30分 »