« フロム・E | トップページ | アイゼンクについて補足 »

アイゼンクの人格論

あと5カ月がんばりましょう! 人気ブログランキング

クリックしていただくことがランキングへの投票になります。よろしかったら応援お願いします。(順位があがるとモーティベーションが上がるタイプなのでm(__)m)

公開勉強会のお知らせはこちらです。
よかったら一緒に勉強しましょう。

宣伝から始めました。すみません。今日はアイゼンクの人格論の確認をして、人格論についての確認を終わります。

その前に、フロムについては、前にもまとめていました。でも、なんだか写しただけという感じで、内容がこなれていません(^_^;。

この記事の下の方に、ちょこっとアイゼンクも出ています。
過去問でアイゼンクの人格論が出題されたことは1回あります。

13-13AD
A.Eysenck,H,J.は,因子分析法を用いて人問のパーソナリティを外向性・内向性,神経症傾向といった因子で説明可能であるとした。→○

アイゼンクは特性論の提唱者の1人です。

こちらにまとめがあったので、リンクしておきます。
今日は時間がなくなってしまったので(^_^;、ちょっと手抜きですみません。

|

« フロム・E | トップページ | アイゼンクについて補足 »

過去問の解説-心理学基礎」カテゴリの記事

H19問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイゼンクの人格論:

« フロム・E | トップページ | アイゼンクについて補足 »