« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

防衛機制

あと3カ月がんばりましょう! 人気ブログランキング

今、宝塚大劇場での星組公演「スカーレット・ピンパーネル」に夢中です。3回観ましたが、終わる前から、「もう1回観たい!」と思いました。帰る前に、チケットカウンターに寄り、また買って帰りました。(^_^;
星組の現在のトップは、宝塚の90年の歴史にも残ると思われるほどの無敵の実力者コンビです。演技、歌とも円熟していてすばらしく、しかも美しく、演技にはちょっとしたコメディーのテイストもあり、非の打ち所がないです。
2番手男役の実力も申し分なし。脚本はあまり語られることのない歴史をベースとした正義の戦いですが、夫婦愛あり、憎しみと野心あり、権力と被支配あり…それらがうまくからみ合い、はらはらしながらの物語が展開します。そして最後は痛快活劇です。オペラ並の楽曲を出演者は朗々と歌い上げ、歌詞もいいですよ!

「ひとかけらの勇気」から、一部紹介し、受験生のみなさんへのエールに代えます。

強い力 立ち塞がろうと

僕は諦めはしない
ひとかけらの勇気が 僕にある限り
登れない山 渡れない河
数多(あまた)の障壁乗り越えて
例えこの身 傷付こうと
僕は行く 君の為に
ひとかけらの勇気が 僕にある限り

4回歌われる重要なテーマ曲ですが、ホント、元気もらえますよ! がんばりましょう!

昨年度出題の「重箱の隅問題」を紹介します。情報をくださった方が、正解の根拠も示してくださいました。(ありがとうございます) しかし、私はその根拠を読んでも、よく意味が分かりません。追加情報をお持ちの方は、教えてください。よろしくお願いします。

続きを読む "防衛機制"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多変量解析のはなし

あと3カ月がんばりましょう! 人気ブログランキング

大村平著『多変量解析の話』日科技連

大村平さんの統計の本のことを知ったのは、随分前です。1冊買い求めて、通勤電車の中で、1日10分ずつ読んでいました。(帰りは疲れて読めないので、朝だけ) なかなか理解が進まないので、続きからすぐ読めません。いつも数ページ戻って、新しいところを少し読むということの繰り返しでした。
ちょっといろいろあって、半分でお休みしていますが…

私は文系のアナログ人間ですが、そんな私に理解しやすい方法で説明してくれています。ぼんやり理解していた重回帰分析の意味が、ややはっきりわかってきました。
理解できた用語の意味をまとめておきます。

続きを読む "多変量解析のはなし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンナ・フロイトとメラニー・クラインの遊戯療法

あと3カ月がんばりましょう! 人気ブログランキング

お久しぶりになってしまいました。自分の健康を優先させていました。

みなさん、出願書類の申請は済まされましたね。ね!ね!(もしまだの方がいらっしゃれば、早急に!)
届いたら、早めに必要書類をそろえて、早めに出願しましょう。書類の不備など連絡が来る場合もあります。締切まぎわになるとあせるので…

6月の終わりですが、久しぶりでラジオで「日曜喫茶室」を聴きました。(大好きな番組だったのですが、月1の放送に変わったのです)その中で、ゲストの日本航空の機長小林宏之さんのお話が印象に残りました。事故を起こさないために、どのように注意を払っているか、ということについてです。
あらゆる、可能な限りの危険な事態を想定して、
「悲観的に準備 (でも本番では) 楽観的に飛行」

これは、受験にも通じる!と思いました。
受験準備に、これくらいで大丈夫はない、と私は思っています。知らないこと、解けない問題は必ずあります。どこまでもチャレンジ、どんな問題が出るかわからないのだから、あくまでも悲観的に準備! またこれは、出願手続きにも関しても同じです。いろんなことがあります。まだ大丈夫だろうとゆっくり準備していたら、不測の事態が起ることもあるかもしれません。一寸先は闇と思って、悲観的に準備しましょう!

しかし本番では、萎縮しないのです。これだけ万全の準備をしたのだからと、あとは安心して、自信を持って「楽観的に飛行」です。「悲観的に準備」したからこそできることです。
ご自身にあてはめて、実践されてみてはどうでしょうか。くれぐれも、「楽観的に準備 悲観的に受験」にならないように…

新しい青本のことを知らなくて、早く見たいと思って探し大きな書店に行ったとき、久しぶりで、中身を見て何冊か買いました。
アンナ・フロイトとクラインの遊戯療法の違いについて書かれているものを見つけたので、まとめておきます。

読んだのはしばらく前です。早くアップしたかったのに、自分があっぷあっぷで、余裕がありませんでした。ごめんなさい。受験に必要な知識を手にいれるため、ちょこちょこ調べています。これから少しずつアップしていきます。

続きを読む "アンナ・フロイトとメラニー・クラインの遊戯療法"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新しい青本

私は本当に信じられないです…今年(H20年7月発行)には、H18年度の問題までしか掲載されていません。
解説については、昨年度の赤本にあったものがそのまま掲載されています。
つまり、最新の青本に、昨年の赤本以来、何一つ新しい情報は載っていません。
絶句。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

臨床心理士資格試験問題集

臨床心理士資格試験問題集1」が7月7日に誠信書房から発行されるようです。どんな内容でしょう???

アマゾンで見つけたので、取り急ぎお知らせします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »