« 臨床心理士資格試験問題集 | トップページ | アンナ・フロイトとメラニー・クラインの遊戯療法 »

2008.07.11

新しい青本

私は本当に信じられないです…今年(H20年7月発行)には、H18年度の問題までしか掲載されていません。
解説については、昨年度の赤本にあったものがそのまま掲載されています。
つまり、最新の青本に、昨年の赤本以来、何一つ新しい情報は載っていません。
絶句。

|

« 臨床心理士資格試験問題集 | トップページ | アンナ・フロイトとメラニー・クラインの遊戯療法 »

コメント

ティアさん、
amazonなら、返品できます。どんどん返品しましょう。

投稿: ひろみ | 2008.07.17 20:32

 予約してしまった....ガーン

投稿: ティア | 2008.07.17 10:47

昨年受けて、問題と面説の不適切さに怒りながらも受かっていて、だからと言って、仕事や待遇では苦労している者です。

ひどい話ですね。
今年は早く出て、少し改善されたのかと思ったら、後退ですか?
昨年度の本には、これからの方向性を示してあったのに、結局担当が変わって、今度の担当の方が怠慢なのでしょうか?
しかし、協会として許せることではないですよね?

資格にしても、養成にしても、その他この現状にどこかメスを入れてくれるところはないのでしょうか?

今、資格試験の勉強を必死でしている方には余裕がないかもしれませんが、今院試を考えている人や、まだ学部や院にいる方には、ちょっとこういう臨床家もいるということで、本を紹介します。

「ヒトクセある心理臨床家の作り方 わが研修遍路日誌」団士朗(金剛出版)固い本が多い金剛出版でこういう本をだしているのもおもしろいですが、学会などではみたことがなく、ちょっと変わっているけれど、研修を受けた時には魅力的な方でした。
ちょっとご紹介まで

暑い中決戦のみなさま、お身体に気をつけてがんばってください。
それでも現場にでるともっと大変かもしれません。

投稿: あえて名乗らず | 2008.07.14 11:45

Pinky☆さん、コメントありがとうございます。
私の記憶では、昨年は青本は出なかったはずです。青本は隔年出版なので、19年度版の青本は存在せず、昨年あったのは18年度版ではないでしょうか。それなら17年度(出版年の前年)までの問題掲載で納得できます。
間違っていたらすみません、調べてみます。

投稿: ひろみ | 2008.07.14 06:34

昨年の青本19年度も、最新情報(18年分)は赤本だけで、青本は17年度まででしたよ!

投稿: Pinky☆ | 2008.07.13 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい青本:

« 臨床心理士資格試験問題集 | トップページ | アンナ・フロイトとメラニー・クラインの遊戯療法 »