« SSRIの副作用 | トップページ | 定年性依存症 »

小児期崩壊性障害

応援よろしく! 人気ブログランキング

お久しぶりです~。(^o^)/ なんとか元気にやっています。
つもる話もあるのですが、みなさんの勉強の妨げになってもいけません。1つだけ報告しておきます。

下の娘が家を出た関係で、いろいろ家の中を整理しています。「そうじ力」の本も買い、物の大整理がまだまだ続いています。

そんな中、少し模様替えもしました。結構私の念願だったのですが…
リビングルームにピアノを移動しました!(^^)//""""""パチパチ
TVで小原さんのピアノ講座もやっているし、私もまたピアノ始めたいなぁ~とワクワクしています。

実状は…今は始めて3年目になるクラシックバレエのレッスンで手一杯です。3月までに、ちょっとましなグランワルツができるようになるのが目標です。そして、もっとおっきな目標は、60歳までバレエを続けること! ピアノは60歳から再開でしょうか??

余談長くて失礼しました。昨年の出題情報をただいま整理中です。

問い
次の中で、広汎性発達障害に含まれないものはどれか。
自閉性障害、ADHD、アスペルガー障害、レット障害、小児期崩壊性障害

答えは
ADHD
すぐ分かりましたね。それにしても、広汎性発達障害という言い方は初出です~。発達障害は、公表されている過去問が非常に少ないので。

小児期崩壊性障害も出たことないし、ほとんど意識していませんでした。これを機会にDSMで確認しました。

小児期崩壊性障害

A.生後少なくとも2年間の明らかな正常な発達

B.以下の少なくとも2つの領域で、すでに獲得していた技能の著しい喪失
(1)表出性または受容性言語
(2)対人技能または適応行動
(3)排便または排尿の機能
(4)遊び
(5)運動能力

C.以下の少なくとも2つの領域における機能の異常
(1)対人相互反応における質的な障害
(2)コミュニケーションの質的な障害
(3)運動性の限定的、反復的、常同的な行動、興味、活動の型

なかなか時間が確保できませんが、何かのお役に立ちそうなこと、アップしていきます。

|

« SSRIの副作用 | トップページ | 定年性依存症 »

過去問の解説-精神状態」カテゴリの記事

H20問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小児期崩壊性障害:

» 発達障害の子育て方法とは [発達障害の子育て教育体験記]
お子さんが発達障害と診断され、どうしていいかわからない・・・そんな悩みを抱えているお母さんへ発達障害は育て方でなるものではありません。一般的な育児書からの情報だけ見ると『子育てがうまく行かない=親が悪い』になってしまいがちですが、そうではありません。ですから親の育て方が悪いと言って自分を責める必要はありません」もしも、あなたが「発達障害の我が子を、 お利口にしたい」「子供が、将来にわたってずっと幸せでいてほしい」と思っているのであれば、5分間だけこの手紙を読んでください... [続きを読む]

受信: 2009.06.30 22:34

« SSRIの副作用 | トップページ | 定年性依存症 »