« H21出題情報 | トップページ | 1次試験の結果 »

2009.11.11

報告ありがとうございます(^o^)/

合格祈願! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
応援の1日1クリックよろしくお願いします。

たくさんの報告ありがとうございます。みなさん、ほんとうにお疲れさまでした。
拝見して、自分がちっともお力になれていなかったことに、敗北感のような、罪悪感のようなものを感じて、先の見通しも立たない気持ちがしています。
へこんでしまって…また年のせい(?)か、最近疲れやすいこともあり、お返事が遅くなりました。ほんとうに詳しい報告ありがとうございます。

おいおい整理して、中身の検討もしていきたいと思います。
それよりも今は結果が待たれますね! どうされていますか?

|

« H21出題情報 | トップページ | 1次試験の結果 »

H21年受験」カテゴリの記事

コメント

結果…今日は届きませんでした。

今日届いた方はいらっしゃるのでしょうか!?


明日職場から帰るのがドキドキです。

投稿: やん | 2009.11.12 20:37

この部屋には大変お世話になりました。
ありがとうございました。

私は2回目の受験でした。
周囲のすでに受かった友人からは、過去問と基礎をしっかりすれば大丈夫と言われ、
皆さんと同じように、過去問は問題を暗記するくらい何度も繰り返しやりました。

試験中は、問題を勧めるほどに見たことのない人物が出てきたり、わからない問題が出てきたりと不安が募りました。
終わった瞬間は、今回はだめかな~と落胆してしまいました。
それでも、最後の希望を捨てきれず結果を待っています。

皆さんと同じように、もう過去問だけでは太刀打ちできないなと感じております。自分の見ていた参考書には出ていない、どこにのっているんだろう??と思うような問題が出てきて、落ちていたら、これから先どのように勉強すればよいのだろう?と考えています。

もし、今回受かっている方がおりましたら、どんな勉強をしたのか、どんな参考書を使われてのか、教えてほしいところです。

投稿: ふーこ | 2009.11.12 14:10

ひろみさん、受験勉強中はこのブログや本に大変助けていただきました。ありがとうございました。

今年私も資格試験受けました。
院の仲間4人と勉強会を重ね、すぐに忘れてしまう記憶力の衰えに四苦八苦しながら何とか受験にこぎつけました。仲間たちとともに合格の喜びを味わいたいと切に願うのみです。

皆さんもドキドキしながら合格通知を待っていらっしゃるのでしょうが、この「待つ」という時間が辛いですね。
自分なりにがんばって勉強したつもりですが、「ダメかも・・・」という気持ちが広がりだすと、胃のあたりがキュンと痛くなります。

私も、しまもとさんと同じように自信をもって回答できたのは2~3割程度でした。試験終了の合図で鉛筆を置いた瞬間、周囲から「ふぅ~」というため息が一斉に起こりました。

通知が届くのは今日?明日?
ダメならダメで早く届いて~!と叫びたい心境です。

投稿: あらら | 2009.11.12 10:48

明日、明後日には結果が届きますね!

結果通知日が近づくにつれ、不安が増してきています。日中は、仕事に集中しているので、気にしなくてすむのですが、あき時間ができると、不安が出てきます。

受験票のときのように、指定日(11月13日まで)よりも到着が遅くなることはないように、願いたいです。

そして、一緒に受けた友人、職場仲間、なるべくみんな一緒に一次を通過し、共に二次にのぞみたいです!!

投稿: コザック | 2009.11.12 00:48

○回目の受験でした。
回数はいいたくないくらいです。
数年続けて受けると問題の傾向が毎年かなり違うんだということを実感します。
何年受けても対策のしようがない、、特に今年は、過去問とは質の違う感じの問題が多く、大変苦慮いたしました。
過去問は一問ずつ全てチェックし、多少の変化球でも答えられるようにはしておりましたが、
今回のような事例や検査の問題を出すのならば、せめて受験時間を20分でも良いから延長して欲しいです。
名前と受験番号を書くにのも丁寧に書く必要があり、時間を要しますし、途中写真と照合で、顔を上げて下さいと言われて集中力をそがれたり、時間のなさを切実に感じました。
結果は数日後に迫ってまいりましたが、さっぱり自信がありません・・。

投稿: まゆ | 2009.11.11 21:32

しもとまさん、コメントありがとうございます。
私が感じていることを、的確に指摘していただきました。
臨床心理士が対応しなければならない問題が年々変化しているとはいえ、細かい出題分野が毎年拡大しているのは、受験生にとって負担が大きすぎると思います。肥大化した出題範囲にすべて対応するのは不可能と思われます。範囲が広くなっているだけでなく、内容も詳細になっているからです。
詳細になっている部分でここ2年で顕著なのは、査定が使っていないとわからないこと(TATなど)、統計の出題の難問化です。統計はとうとう分散分析がまともに出題されたようですね…大学で統計を専門に学んだ人にしかわからないようなことをどうして、と思わざるを得ません。
先の見通しも立ちませんが、受験生はみなさん同じ条件です。負けずに立ち向かっていきましょう。

投稿: ひろみ | 2009.11.11 19:58

訂正: 傾向だった⇒ 系統だった

投稿: しもとま | 2009.11.11 08:39

ひろみ先生、いつもお世話になりありがとうございます。

結果発表まであと数日となりました。
あるサイトの情報で2007年から経過措置が終わって問題が難しくなっている、出題傾向も変わっているというのを知りました。

私の場合、大学などでの心理系の傾向だった勉強はしていないかたちでの受験です。正直なところ、過去問だけ、過去問をやや深めた程度の勉強では太刀打ちできなくなってきているのではないか、という感じがしています。

各分野ごとに、たとえば心理療法、心理査定などの分野ごとに本を一冊、ただ読むだけではなく、頭にたたきこまないと合格はおぼつかないのではないか、という気がしています。

過去問練習をしても平成18年ごろまでの問題であれば7~8割以上は正解できますが、それ以降となるとそれまでの過去問を十分勉強していても新作問題が多くなって6~7割にダウンしていました。
試験の数週間前からは間違った過去問はすべて丸暗記したつもりでしたが、今回のように新作問題が多くなると悪戦苦闘、選択肢の最後のひとつが絞りこめず、自信をもって回答できたのは2~3割くらいでした。あとはふたつまで絞りこんでエイヤと選んだ問題は2問に1問は正解となる確率なので、こういうのを上乗せして、うまくいけば半分くらいの得点かな、という感触です。

現実がよく見えてきたのか、それとも発表が近づいてきてますます気弱になっているだけなのか・・・

投稿: しもとま | 2009.11.11 04:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報告ありがとうございます(^o^)/:

« H21出題情報 | トップページ | 1次試験の結果 »