« 経過報告 | トップページ | スタート地点 »

2011.02.04

六次の隔たり

がんばりましょう! 人気ブログランキング

昨日TVを観ていたら(私は月~木の毎日、語学番組で英語を勉強しています。そのままTVをつけていたら)、「六次の隔たり」というのを知りました。心理学者のミルグラム…ん? と思ったら、アイヒマン実験のミルグラムでした。
アイヒマン実験は16-4(H16年問題4)に出題されています。

「六次の隔たり」とは、人は6人の人を介すると世界中の人と知り合いになれるという仮説です。
ミルグラムが手紙を使って行った実験(1967年)は、ウキィペディアにあるので参照ください。資格試験に出るかな?

また別の日にTVをつけていたら、「会社の星」とかいう番組で、何をしても続かない人にどうしたら続けられるか、成功している人からのノウハウを紹介していました。続けるためには「習慣化する」のが重要だそうです。
そんなこんなで、立春になったし、山男の手術も終わったし、ブログ更新を習慣化したいなと思いました。内にばっかりこもっていないで、自分を動かしたいと思います。

|

« 経過報告 | トップページ | スタート地点 »

過去問の解説-心理学基礎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六次の隔たり:

« 経過報告 | トップページ | スタート地点 »