« 意味ネットワークの実験 | トップページ | 高次脳機能障害の理解と支援のために »

夜尿症の治療具

がんばりましょう! 人気ブログランキング

本年度1回目の関西地区勉強会を3月20日(日)午後~3月21日(月祝)終日開きます。範囲は心理学基礎です。
着々と準備しています。まだ席が空いていますので、参加希望を受付ます。詳細はメールでお問い合わせください。

勉強会でテキストに使う『キーワードコレクション心理学』を舐めるように読んでいますが、また「あ、ここにあった」を見つけました。

13-10の古典的条件づけを応用して夜尿症を治療する装置の問題です。キーワードコレクションのp.166にあります。

以下引用です。

事象の連鎖としては、①膀胱圧が高まる ②排尿する ③ブザーが鳴る ④覚醒する という順序になる。③のブザーは条件刺激、④の覚醒は無条件刺激にあたる。①の膀胱圧の感覚は治療者がコントロールできる刺激ではないが、時間的には無条件刺激に先行しているので、、これを実質的な条件刺激として利用することが可能である。この条件づけが成功すれば、患者は膀胱圧が高まったとき、排尿する前に覚醒できるようになる。そして最終的には、朝まで排尿しないでもちこたえられるようになる。

|

« 意味ネットワークの実験 | トップページ | 高次脳機能障害の理解と支援のために »

過去問の解説-心理学基礎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜尿症の治療具:

« 意味ネットワークの実験 | トップページ | 高次脳機能障害の理解と支援のために »