« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

1次試験の結果(2)

みなさん、報告ありがとうございます。
連絡事項を先に書きます。
東京での面接練習は、11月12日(土)は確定しています。11月19日と20日は、希望者が少ないと開催できないかもしれませんが、私はどうせ東京へ行くついでがあるので、少ない人数でも対応してくださいとお願いしています。
問い合わせは、心理学予備校ファイブアカデミーにお願いします。
電話は、03-3551-9910 です。
関西は11月6日(日)の午後です。私に直接メールで連絡お願いします。
です。すでに何人かのかたから連絡をいただいています。まとめて案内メールを送りたいので、少しお待ちください。

続きを読む "1次試験の結果(2)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1次試験の結果

面接もがんばりましょう! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

もう2週間だなぁと思っていたら、結果が届き始めたのですね。よろしければ、こちらに報告をお願いします。

続きを読む "1次試験の結果"

| | コメント (18) | トラックバック (0)

1次試験

お疲れ様でした! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

日付が変わりました。今日はお天気がよく、気温もあがるようですね。暑がりの方は、薄着の上に長袖がいいかもしれません。1日長いですが、がんばりましょう!

受験の報告のコメントもお待ちしています。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

自律訓練法

いよいよですね! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

明日、受験されるみなさんはもうお休みですね。いまさらですが、アップするのは、シュルツの「自律訓練法」です。9月10日の朝日新聞に載っていたからです。

ウォルピの系統的脱感作法で用いられるリラックス方法のとの違いを、私は最近認識しました。


ウォルピの系統的脱感作法でのリラックス法は、筋弛緩法です。筋肉を弛緩させることで、不安や緊張の緩和を促します。手・腕,額,口,眼,首・肩,胴体などの各部位順に、段階的な随意筋の緊張-弛緩の反復を通し、全身の弛緩状態をつくります。Jacobson-Wolpe の漸進的弛緩法が体系化されています。

一方、自律訓練法は、注意の集中、自己暗示の練習により、全身の緊張を解き、心身の状態を自分でうまく調整できるようになるように工夫された段階的訓練法です。(自己催眠法の一種)1932年にドイツでSchults, J. H. によって体系化されました。
標準練習の公式というのが覚えにくかったのですが、新聞記事ではわかりやすく書いてありました。

続きを読む "自律訓練法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場のいじめガイドライン

いよいよですね! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

昨日は睡眠不足で記事の更新ができませんでした。
受験生の方々からは、いろいろ連絡をいただいています。みなさん、自分を信じてがんばります!という感じで、頼もしいです。
私からの応援はブログしかないので、新聞から集めた情報を今日もアップします。

5月28日の朝日新聞の記事から

厚生労働省によると、全国の労働局などに寄せられた職場のいじめ・嫌がらせについての相談件数は2010年度で39,405件、データがある02年以来増え続けている。
大阪労働局が昨秋に実施した「職場のメンタルヘルス対策実態調査」は心の病の背景にいじめがあることを示唆している。

続きを読む "職場のいじめガイドライン"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

起立性調節障害(OD)

いよいよですね! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

「朝、起きられない」という子どもに見られる起立性調節障害(Orthostatic Dysregulation: OD)について、新聞記事から

正常な人は、起立時に瞬間的に下半身の血管を収縮させ、血液が下半身にたまることを防ぐが、ODの子どもは血管収縮力が弱く、一気に下半身に血が下りてしまい、脳貧血状態になる。横になった状態から起き上がり、血圧と心拍の変化を測ると、健常児では、一度下がった血圧は平均17秒で回復する。一方ODの子どもは、回復に25秒以上かかったり、血圧低下の幅が大きかったり、心拍数が増えることもある。


続きを読む "起立性調節障害(OD)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳卒中

いよいよですね! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

4月23日の朝日新聞の記事から。

脳卒中は、1951~80年まで日本人の死因の1位でした。1981年にがんが1位になり、1985年に心臓病が2位になり、以来、脳卒中は死因の3位です。毎年約13万人が脳卒中で亡くなっています。
患者数が減っているわけではなく、1970年に18万人だった死亡者数が、2006年には13万人に減りました。救命される人が増えたためです。
ただし、手足のまひやうまく話せないなどの後遺症が残る人は少なくなく、介護の必要な人の4割が脳卒中の患者さんで、介護原因の中で最も多くなっています。

続きを読む "脳卒中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ADAS(アルツハイマー病評価スケール)

いよいよですね! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

気になっていた認知症の検査について、やっと調べました。

Alzheimer’s Disease Assessment Scale 日本語版 (ADAS-J cog.)
ADAS-J cog. は見当識、記憶、言語機能、行為・構成能力についてみるための検査です。
MMSE よりも記憶、構成能力について重点が置かれています。スクリーニング検査としてだけではなくアルツハイマー病の経過をみていくためにも利用されています。
11項目、70点満点 カットオフポイントはわかりませんが、得点が低いほど、能力が高いようです。

続きを読む "ADAS(アルツハイマー病評価スケール)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

てんかんと運転免許

いよいよですね! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

8月18日の新聞記事から

てんかんなど一部の病気は、長い間、道路交通法で「運転免許を与えない」とされてきた。2002年の法改正で病名による一律的な判断は改められた。

続きを読む "てんかんと運転免許"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惨事ストレス

いよいよですね! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。

久しぶりになってしまいました……疲労回復をはかって(バレエを2週間も休みました!)から、家を片付けていました。
資料の整理もしたので、限られた日数ですが、情報提供をしていきます。

9月14日の新聞記事から。「こんなことわかっている」とみなさん思われるでしょうが、確認です。

続きを読む "惨事ストレス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »