« 2016年2月 | トップページ | 2016年8月 »

レスパイト入院

今日、母親の通院に付き添いました。精神神経科の外来です。
母は今月初めに具合が悪くなり、足の炎症による激しい痛みで歩行が困難になりました。高齢の父親一人では介護できないので、私も1週間ほど泊まりに行ってました。
平日はデーサービスを利用し、夕食もそこで食べるという生活で、安定していのですが、一気に崩れました。
母は夜も私たちを寝かせてくれなくて、介護負担はいとも簡単に生活を破壊するのだと思い知りました。
ありがたかったのは、お世話になっている施設の方とケアマネさんの対応が柔軟で、迅速だったことです。
母は認知症のため、整形外科に入院するところが、看護師の言うことに反発し、「帰る、帰る」の一点張りで、病院から預かれません、お帰りくださいと言われました。
一人で歩けないのに、夜は頻繁にトイレにいくのをどうしたものか、私がケアマネさんにポータブルトイレがないと夜を越せないと相談すると、その日のうちにトイレを届けてもらえました。
母は痛みが強く、介助する私は「いじめたおして殺す気か」と言われました。一番困ったのは、痛すぎてベッドに横になることもままならず、気づいたらベッドから落ちていたことです。
翌日、私は今度は「介助ベッドがないと無理です」と、ケアマネさんに泣きつきました。
介助ベッドのレンタルは、手続きが煩雑だそうですが、施設の方で書類や手続きを全部やってくださり、その日のうちにベッドが届きました。ありがたかったです。
母も少しずつ薬が効いて、安全が保てるようになりました。
両親が利用しているのは、小規模多機能と呼ばれる施設です。デーサービス、訪問介護、ショートステイのどれでも利用できるので、状況に応じて使い分けられて便利です。送迎も、車いすで病院まで送ってもらえました。それで、どれだけ家族の負担が減ったことか。感謝しています。

続きを読む "レスパイト入院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

コメントをくださっていたみなさん、ごめんなさい。
管理人は日常に忙殺されていました。コメントチェック機能はあるのに、なぜ見過ごしたか、後で調べます。
そんな中でも、勉強会は続いています。6月は19日(日)です。範囲は心理査定の後半で、前回お渡しできなかった、K-ABC-Ⅱの資料と、心理査定の分野別過去問集の冊子の用意もできています。
時間があれば、精神症状に入って、DSM5 について変更点を確認します。
それから、みなさんにお知らせです。

続きを読む "お知らせ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年8月 »