メンターとメンティー

1日1クリックお願いします!人気ブログランキング

明日から新年度の勉強会が始まります。いつも私のわがままを聞いてくださるファイブアカデミーさんには感謝しています。ありがとうございます。
今日は勉強会に先立って、合格者の体験談を聞く会がありました。それぞれにご苦労なされた生の声をお聞きできて、私もまた気持ちを新たにできました。

昨年度の問題情報で新しいものもいただきました。忘れないうちに、まとめておきます。

まず、第1問目はキャリア・カウンセリングに関してでした。1問目に見慣れない問題を持ってきて、ショックを与えるというのは、毎年あるかもしれないね(色彩ショックみたいに)、と振り返りました。
キャリア・カウンセリングでは、「メンター」という用語が出題されました。

続きを読む "メンターとメンティー"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

学生相談

試験まであと8日 がんばりましょう! 人気ブログランキング

1週間後のこの時間には、東京入りしている方がほとんどでしょうか。いよいよ秒読みですね。最後までがんばりましょう!
minaさんからの質問です。みなさんのご意見をお願いします。

この過去問を何度やっても間違えてしまう。以下の違いは何なんでしょうか?

7-70:学生相談に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
d.学生のメンタル・ケアーのためにスクーリング・テストを実施し、その結果により面接をすることがある。(答えは適切)

10-100:大学の学生相談に携わる臨床心理士が、学生部と連携して実施した学生のメンタル・ケア活動に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。
c.新入生全体を対象にスクーリング・テストを実施し、その結果をもとにし、心理的問題を抱えていると考えられる学生をリストアップし、学生部の協力を得て介入面接を行った。(適切でない)

10-100は、「学生部と連携して」? 「学生部の協力を得て」? が間違いでしょうか?
どなたか、明確な説明付け、よろしくお願いします。

続きを読む "学生相談"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子並行面接

一位に肉薄してきました!! 応援よろしく! 人気ブログランキング

Pieさん、いつも質問をありがとうございます。
心理面接に関する問題は、やり方は流派によって異なる場合でも、認定協会の考え方に添ったものを○としなければなりません。その点でPieさんは、少しご苦労されていますね。正しい記述文をよく読んで、傾向をつかんでください。

ただ7-77については、妥当なアプローチだと思いますが。

続きを読む "母子並行面接"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心理面接と事例問題

1日1クリック!応援よろしく! 人気ブログランキング

Pieさんのご質問の回答です。遅くなってごめんなさい。

11-77e と11-82Bです。

続きを読む "心理面接と事例問題"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう一つの夏のなごりとPeiさんの質問

1日1クリック!応援よろしく! 人気ブログランキング

夏のなごりの花火について、先日書きました。私にはもう一つ夏のなごりが訪れましたよ…それは、夏風邪です。
昨日の午後から、発熱&体の痛みで伏せっていました。今日は出勤しましたが、ちょっとふらふらするので早退して、医者にも行きました。

まあ、大丈夫でしょう。明日選挙の公示日なので、それまでに配らなければならないという応援ビラ配り(300枚)は、病院のあとで済ませました。

さて、Pieさんからの質問ですね~。hitomiさん、コメントありがとうございます。

続きを読む "もう一つの夏のなごりとPeiさんの質問"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

行動化と退行

1日1クリック!応援よろしく! 人気ブログランキング

minaさんから質問をいただいています。

16-72-A
・行動化は心理療法に固有の現象であり、それは退行しているため起きるもので、一時的に心理療法を中止する。
A-× ・・・行動化と退行は無関係。
との説明があるんですが!
精神分析で「転移性行動化が、受動的で退行した行動を呼び起こし・・・」と解釈する文言もあるように、行動化と退行は無関係ではないと思うんです。
「一時的に心理療法を中止する」が、×だと思うんですが、いかがでしょうか?

続きを読む "行動化と退行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなかなさんの質問

1日1クリック!応援よろしく! 人気ブログランキング

かなかなさんから質問をいただきました。

心理面接の過去問3-37のAが○「支持」は○
そしてE「励ます」は×となっていますが
Aも問題の中に「励ます」が入っておりますが、どうしてAが○でEが×になるのか分かりません。違いを教えてください。

続きを読む "かなかなさんの質問"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

minaさんからの質問(2)

minaさん、質問ありがとうございます。

疑問点ははっきりさせるのが一番です。そして自分で調べられないときは誰かに聴くのが一番。私もわからなければ、みなさんにお聴きします。フォローをよろしくお願いします。

しょうもなくないですよ~。それだったら「いまさら聞けない…」本は売れないです。

minaさんの質問は、
過去問でいう、「インテーク面接」「初回面接」「一回目の面接」「来談者が初めて来た面接」「最初の電話でも面接」の関係が今ひとつ「現場」とピタッと来ないんです。
「インテーク面接」=「初回面接」でいいんでしょうか?

お答え:
結果的にイコールでも、「インテーク」と「初回」の意味は違います。「インテーク面接」=「受理面接」です。

続きを読む "minaさんからの質問(2)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心理面接-一般

●心理面接一般: 3-26,4-53,9-56,9-60,10-57,12-56
問題文から


3-26
a.よく軽重することに心がけ、Clの自発的な発言を尊重しながら共感的に話し合いを進める
b.沈黙をむやみに破らず、その意味を考えながら接し、できる限りClの発言を待って応答する
c.言葉の上だけの理解に偏ることなく、表情や態度など非言語的な手がかりにも注目しながら、言葉の背後にある感情を共感的に汲みとるように努める
e.心理面接を研修のため録音、録画する際には、必ずClの承諾を得る
4-53
A.治療仮説としての心理療法的診断を行い、それを心理療法過程を通して検証する作業が繰り返される
B.ThはClを受容することよりも、Clと対決することの方が困難だと感じることがある・・・直面化
9-56
B.臨床的態度とは、事例性(caseness)の成立した特定の個人の問題に、個別性を基盤として理解を進めていく態度である
C.来談すること即事例性の成立とはみなされないので、事例化の援助も重要なケースマネージメントのひとつとなる
D.危機介入、治療構造維持およびClの家族や学校、職場等のネットワークの調整も、重要なケースマネージメントの職務内容である
9-60
A.Clの人権と福祉に反することは、いかなる場合も行ってはならない
B.進歩する研究成果を常に学び、専門性を高める努力を怠ってはならない
10-57
A.日常生活ではいろいろな事情はあるが、面接の曜日や時間などあらかじめ取り決めておくことがよい
D.学生相談室での面接は、春・夏の長期休暇をどう使うかが心理的援助の技法上も大切である
12-56
心理療法とは、情緒的問題をまつひとびと、基本的には自らの生き方に問いを投げかけているひとびと、それは、子ども、青少年、成人、老人を問わないのだが、そのひとびとに対する心理的コミュニケーションを通じて援助を与える人間の営みである。
その際、Th(臨床心理士)は、一定の訓練を通じて、Clとの間に望ましい特殊な人間関係を確立できることが要請される。これが要因として働き、現存する症状や行動的障害を除去し、変容し、あるいは発展を阻止するだけでなく、自己表現を可能にし、その個人としての生き方の再発見、発掘を可能にするのである。


3-26
d.Clの話の筋道や感情の流れを遮ってでも心理面接者の伝えるべきことがらを伝える
4-53
C.精神分裂病圏のClと治療同盟を結ぶためには、秘密を持たないで何でも話すようにと、ThはClにすすめる方がよい
D.専門家としての経験が浅いThは、経験を積んだ者よりもClに対する発言が少ない傾向がある
9-56
A.臨床的態度とは、対象の疾病性(illness)の表れとしての心的疾患に対する援助的態度をいう
9-60
C.Clを共感的に受け止めるためには、知識や技術よりも人生経験を積まなくてはならない
D.Clの意志の尊重のために、Clの要望には全面的に答えなくてはならない
10-57
B.十分にClの内面を把握できていれば、いつも決められた面接室でなくても問題はない
C.小学生低学年のClの場合、子どもを待合室に待たせて、まず親から詳しい事情を聞くことから始めるべきである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心理面接-その他

●記録: 6-65
・・・記録は必要、しかしClの前でとることは好ましくない、服装なども記録する

●インテーク、初回面接: 5-66,6-77,11-80

5-66
A.面接の進め方について説明し、了解を得る
C.ラポールをつけるための努力をする
D.Clの主訴およびカウンセリングに対する期待を聞き取る
6-77
D.この面接で役に立つであろう一般的な結論を伝達する
E.面接で話された内容は一切秘密が守られること
F.面接場面ではClの話や気持ちの表現は自由であること
11-80
A.インテーク面接の時間は通常の約1時間よりも延長することが多いので、時間的余裕を持つなどの準備をして行うことが必要である
C.インテーク面接は、受理面接とも呼ばれ、Clとの最初の面接である


5-66
B.治療歴がある場合には、初回面接後、必ず、過去の治療・援助機関に経緯を問い合わせる・・・「必ず・・問い合わせる」必要はない?
D.状態の理解が大切なので、なにをおいてもまず、心理検査を実施する=11-80D
6-77
A.面接のはじめに家族のことをきく・・・まずはCl本人について
B.紹介者のことについてきく・・・まずはCl本人について
C.核心的な問題を聞く・・・いきなり核心的なことを聞き出そうとしても・・・
11-80
B.インテーク面接では、心理アセスメントのための資料収集が中心になるので、面接契約はその結果にもとづいて次回以後に行う必要がある→×・・・面接契約は初回に行うことが必要
Dインテーク面接では、心理アセスメントが中心になるので、心理テストを行うのが原則である=5-66D

●主治医との関係: 10-89
(問題文から)
Clの診断的理解に関して、臨床心理士独自の立場からの意見は有効
今後残されていると思われる問題についても触れる
面接過程において臨床心理士が感じたことは医師にとって大きな意味を持つ
Clが主治医について語ったことを報告する

●抵抗、中断: 10-62
A→×・・・「抵抗の克服を待つ姿勢」は必要ないのでしょう
B→○
C→○
D→×

●治療関係、転移: 4-50,5-70,5-71,8-60,15-61

4-50,8-60(全く同じ問題)
A.転移は元来、精神分析療法において典型的に生じる対人態度を指したが、現在では広くカウンセリングや心理療法場面でClが援助者に対して示すある種の非現実的態度をいう
C.Clがその発達の初期において重要な人物に示した態度は、当該Clの基本的態度を構成している。それは、転移反応を介して明らかになる
5-70
A.精神分析において転移は、Clの発達初期における重要な人物との関係の中で形成された対人関係の基本的なパターンが治療的関係においてもCoとの関係の中で示されるものと定義されている・・・4-50Cとの関連
B.面接者(治療者)は、Clの理解が深まるまでは、解釈的に反応することを辛抱強くひかえる必要がある
5-71
A.精神分析ではClの言動によって、面接者が治療関係の中で反治療的に反応する無意識的行動を逆転移という
C.Co自身の問題をカウンセリング関係の中でとり扱うのは難しいことを知っていなければならない
15-61・・・難問です。転移、逆転移についての記述が含まれているので、こちらに分類します
d.転移は、ThとClとの最初の出会いから存在している


4-50,8-60(全く同じ問題)
B.現在の心理療法的関係から現実的で当を得たClの感情と、Clの神経症的欲求からの非現実的で誇張された感情とは、容易に区別できる・・・容易に区別できない
D.いわゆる転移性反応は、治療関係を著しく損なうことが多いので、援助者はこれを最小限に抑えるように努めることが望ましい
5-70
C.Clの表現するすべてを解釈し、転移の意味を伝えなければならない
D.転移はClの要求を面接者へ投影する幻想であるから、なるべく早く現実的な関係に戻すように、面接者は解釈に努力すべきである
5-71
B.面接者の解釈は重要な治療的機能だから、Clがそのことに気づくか否かに関係なく、繰り返してやるように心がける
D.解釈をする場合には、できるだけ具体的に時間をかけて説明し、Clを納得させるべきである
15-61
a.逆転移は、心理療法の進展の妨げになる・・・うまく利用をすることが大切
b.解釈は、治療同盟が成立した後に行う・・・治療同盟が成立すれば解釈を行っていい訳ではない??
c.中立性とは、ThがClから情緒的に距離を置くことである
e.終結の目的は、現実適応を促すことである・・・それだけではないでしょう

●行動化: 14-78
A→○
B→○
C→×
D→×・・・自覚していない

●思春期のクライエント: 12-43
A→×・・・いろんな可能性を考えなければならない?
B→×
C→○
D→○・・・精神病の好発期であることに十分注意が必要

●親子並行面接: 5-69,6-83

5-69
C.子どもの面接の内容を親に、また親の面接の内容を子どもに、担当者から不用意に伝えないように気をつける
E.親子分離が難しい場合には、同一の部屋で並行または合同で面接を行い、様子を見ながら分離を図ることがある
6-83
b.家族に対する単なる情報蒐集を目的にする面接であっても、個人カウンセリングの場合と同様に、受容的で共感的に行うことが大切である
c.子どもの援助においても、家族カウンセリングが不可欠なことと自動的に考える必要はないので、事例に応じて判断することがもとめられる
d.Clの家族との並行面接のねらいは、Clの問題を家族が引き受けて、ともに解決を図ることを援助することにある
e.Clと家族で担当者が異なる場合には、担当者間で意見や問題の理解が対立する場合があるので、相互によく交流し、理解を深めることに努めることが大切であり、対立がないことが望ましいわけではない


5-69
A.親の面接と子どもの面接を同時に始めることが大切である
B.親と子供の両方を同一の臨床心理士が担当するのがのぞましい
D.親面接の担当者と子ども面接の担当者は、毎回、綿密にうち合わせる必要がある・・・「毎回、綿密に」が誤り?
6-83
a.子どもに対する援助においては、その家族の中でも特に母親の要因が必須のことと考えられるので、まず母子同席の面接ですすめる必要がある

●スーパーヴィジョン、事例検討会: 10-59,12-77,13-57
10-59
A→○
B→○
C→×
D→○

12-77・・・BDのようなことが起こるというのを知っておきなさいという意味の出題かな?
A→○
B→○
C→×
D→○

13-57
A→○
B→○
C→○
D→×・・・「教わる」はちょっと違うでしょう・・・

●インフォームド・コンセントなど: 7-91,8-84
7-91
1.医療・福祉行為を受ける者が、自ら受ける行為について「知る権利」の尊重
2.情報を得たうえでの、その行為開始を「決定する権利」の補償、
3.プロフェッショナル側による「情報伝達義務」、の三者からなっている。
なお関連する問題として「家族による代行」についても注目することが必要とされている

8-84
HIV感染の告知は、患者にとって死の宣告として受け取られることも多い。HIVカウンセリングは「不安の軽減」に有効である。HIV感染者の苦しみには、社会からの忌避・偏見をうけることによるものがある。「社会的死の恐怖」は、HIVカウンセリングのテーマの一つである。HIV感染者の配偶者へのカウンセリングは、「二次感染の防止」および偏見・差別の海嘯などの各面について行われるとよい。

●危機介入: 9-72,12-64

9-72
A.危機介入は、危機状況に陥り、情緒的均衡がくずれている人に対して、少なくとも以前のような均衡を回復させることを目的としている
D.危機介入では、過去の原因を探ることよりも現在、そして将来へ向けての対処の仕方が焦点となる
12-64
A.危機介入の目標は、危機状態に陥っている人に対して、少なくとも以前のような均衡を回復させることを目的としている。=9-72A
C.危機介入は、限られた時間および回数で処理することが要求される
D.危機状態にいる人の心の内面の検討だけでなく、対処資源としてその人を支える可能性のある関係者を活用する


9-72
B.介入技法は異なるものの、危機介入の目的は、人格構造の変革や自己成長をうながす心理面接の考え方と基本的に一致している・・・「人格構造の変革や自己成長」は目的としない
C.危機介入では、長期的展望に立ち、危機状態が回復するまでじっくりと対応することが望まれる・・・「じっくりと対応」では間に合わない
12-64
B.人格のできるだけ深いところまでさかのぼり、人格構造の変革を目標とする

●電話でのやりとり: 9-59
A.問題がはっきりしない場合、把握できるまで詳しく聞く→×
B.問題についての専門的判断を求められた場合、確定的な返答は控える→○
C.こちらの立場や学派を聞かれたときには、簡単に答える→○
D.こちらの自宅の電話番号を訊かれたときには、伝えた方がよい→×

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

20年度受検 | H20問題 | H20年度受験 | H21受験 | H21問題 | H22受験 | H22問題 | H23受験 | H23問題 | H24受験 | H25受験 | H26受験 | H27受験 | H28受験 | おすすめサイト | お仕事 | このブログのルール | イベント05から | チビの四季 | ニュース | マニュアル本 | 交流の場 | 人物辞典 | 勉強会 | 勉強会in関西 | 勉強方法 | 参考書の紹介 | 合宿しようよ! | 同期会 | 心理学の基礎-パーソナリティー | 心理学の基礎-動機、感情 | 心理学の基礎-学習・記憶 | 心理学の基礎-心理学史 | 心理学の基礎-生理学 | 心理学の基礎-発達 | 心理学の基礎-知能 | 心理学の基礎-知覚・認知 | 心理学用語-社会心理学「対人関係」 | 心理学用語-社会心理学「態度」 | 心理学用語-社会心理学「社会的影響」 | 心理学用語-社会心理学「社会的認知」 | 心理学用語-社会心理学「自己過程」 | 心理査定 | 心理療法 | 法律 | 法律・倫理・地域援助 | 精神状態-認知症 | 精神症状 | 統計 | 臨床について | 論述問題 | 資格関係 | 質問箱 | 追加問題 | 速読 | 過去問の解説-ロールシャッハ | 過去問の解説-事例問題 | 過去問の解説-心理学基礎 | 過去問の解説-心理査定 | 過去問の解説-心理療法 | 過去問の解説-心理面接 | 過去問の解説-法律・倫理 | 過去問の解説-精神状態 | 過去問の解説-統計 | 過去問分類 | 過去問解説更新のお知らせ | 過去問解説-事例問題 | 院試関係 | 2次試験 | H16問題 | H17問題 | H17年度受験 | H18問題 | H18年受験 | H19問題 | H19年度受験 | H20問題 | H21年受験 | コーヒーブレイク