精神保健指定医

がんばりましょう! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
応援の1日1クリックよろしくお願いします。

20-89にある精神保健指定医について調べました。私が受験のときと違い、今は、ウィキペディアで、心理のことがかなり調べられますね。

続きを読む "精神保健指定医"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ワシントン大学プログラム

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
応援の1日1クリックよろしくお願いします。

HPで調べました。

続きを読む "ワシントン大学プログラム"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

社会構成主義(ナラティヴ・セラピー H20-73)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
更新がんばります。応援の1日1クリックよろしくお願いします。

ナラティヴ・セラピーについては、過去ログがあります。
社会構成主義については、調べていませんでした。HPを見つけたので、参考にしてください。(手抜きでごめんなさい)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

脱抑制性愛着障害(H20-51D)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
更新がんばります。応援の1日1クリックよろしくお願いします。

愛着障害について調べました。
DSM-Ⅳ-TRでは反応性愛着障害という診断名に抑制型と脱抑制型があるようです。ICD-10では、反応性と脱抑制性に分けられています。設問の記述はICD-10基準なのですね。うちにはDSMしかないので、DSM-Ⅳ-TRの記述をまとめておきます。

続きを読む "脱抑制性愛着障害(H20-51D)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクティング・アウトとアクティング・イン(H20-28)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
更新がんばります。応援の1日1クリックよろしくお願いします。

H20-28について、投影と投影同一化については、すでに取り上げました。
アクティング・インについては、そんなもんないやろ~と思っていたら、大事典に載っています!

行動化(アクティング・アウト)

精神分析など、言語化を基礎とする心理療法において、記憶や態度や葛藤が、ことばによらずに行動で表現されることを行動化(アクティング・アウト)とよぶ。この概念を最初に用いたのはフロイトであるが、以後その指し示す内容は、精神分析の内外で大きな変遷がみられる。現在、狭義には行動かは精神分析的治療の中で、治療状況に対する反応として起るものをいうが、広義には治療過程との関係なしに葛藤を外在化する行動一般を指す。

それでは、アクティング・インとは?

続きを読む "アクティング・アウトとアクティング・イン(H20-28)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他者評価エラー(H20-19)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。数字的にはまだく少ないので(1クリック10pなので…)、モーティベーションがあまり上がりません… 

他者評価エラーの問題で出題されているバイアスが、そのまま説明されているHPがありました。http://www.bizup.jp/member/question/iryou_02.html

会社での社員の評価のときに、起こりやすいバイアスなんですね。

初頭効果は、アッシュの印象形成に関する実験で確かめられました。
http://saido.at.infoseek.co.jp/shotokoka.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

投影と投影同一視(H20-28)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
1日1クリックよろしくお願いします。数字的にはすごく少ないので(1クリック10pなので…)、モーティベーションがあまり上がりません… 

放送大学の『臨床心理学特論]に違いが載っています!

続きを読む "投影と投影同一視(H20-28)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

χ2乗検定(H20-6)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
応援ありがとうございます。ランキングが上がってきました(4位)。1日1クリックよろしく~!

20-6はクロス集計表なので、χ2乗検定の問題です。記述文の正誤は難しくないのですが、練習のために、χ2乗の値を手計算してみましたところ…ん?


続きを読む "χ2乗検定(H20-6)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

注意欠陥多動性障害(H20-51)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
応援ありがとうございます。ランキングが上がってきました。1日1クリックよろしく~!

20-51も正解がないのでは?とご質問をいただきました。
Bの記述文に関して

続きを読む "注意欠陥多動性障害(H20-51)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

因子分析と主成分分析(20-14)

応援よろしく! 人気ブログランキング
    ↑ ↑ ↑
応援ありがとうございます。ランキングが上がってきました。1日1クリックよろしく~!

H20問題は、統計が難問ですね! いっとき統計の出題はすごくうす~くなっていたのに、昨年から検定関係が難しくなっていますね!!

問題14は私は正解できました。大村平先生の「多変量解析のはなし」ほかの著書のおかげで「回帰」の意味と、「分散分析」の手順だけはわかっていました。BDの○を確定でき、選択肢が1つに絞れました。しかし、主成分分析のことはまったくわかっていませんでしたので、今回改めて勉強しなおしました。

その前に、
回帰とは、
いくつかの点の配列を1本の曲線で代表することをいいます。特に1本の直線で回帰することを直線回帰といいます。この場合、y=ax+b の1次方程式のグラフが描かれます。このグラフによって、xの値(独立変数)によって、yの値(従属変数)を推測できるのです。重回帰分析は、複数の独立変数を重みづけして加算し、1本の回帰直線を得る手続きのようです。

分散分析はまだまだ雲の上ですが、主効果を調べ、交互作用を調べた後の、最後の作業が多重比較だという手順だけは覚えました。

そして因子分析です。しけしんの統計編の説明があまりにも難しすぎて、逃げていました。でも、やはり大村先生に助けてもらいました。

続きを読む "因子分析と主成分分析(20-14)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

20年度受検 | H20問題 | H20年度受験 | H21受験 | H21問題 | H22受験 | H22問題 | H23受験 | H23問題 | H24受験 | H25受験 | H26受験 | H27受験 | H28受験 | おすすめサイト | お仕事 | このブログのルール | イベント05から | チビの四季 | ニュース | マニュアル本 | 交流の場 | 人物辞典 | 勉強会 | 勉強会in関西 | 勉強方法 | 参考書の紹介 | 合宿しようよ! | 同期会 | 心理学の基礎-パーソナリティー | 心理学の基礎-動機、感情 | 心理学の基礎-学習・記憶 | 心理学の基礎-心理学史 | 心理学の基礎-生理学 | 心理学の基礎-発達 | 心理学の基礎-知能 | 心理学の基礎-知覚・認知 | 心理学用語-社会心理学「対人関係」 | 心理学用語-社会心理学「態度」 | 心理学用語-社会心理学「社会的影響」 | 心理学用語-社会心理学「社会的認知」 | 心理学用語-社会心理学「自己過程」 | 心理査定 | 心理療法 | 法律 | 法律・倫理・地域援助 | 精神状態-認知症 | 精神症状 | 統計 | 臨床について | 論述問題 | 資格関係 | 質問箱 | 追加問題 | 速読 | 過去問の解説-ロールシャッハ | 過去問の解説-事例問題 | 過去問の解説-心理学基礎 | 過去問の解説-心理査定 | 過去問の解説-心理療法 | 過去問の解説-心理面接 | 過去問の解説-法律・倫理 | 過去問の解説-精神状態 | 過去問の解説-統計 | 過去問分類 | 過去問解説更新のお知らせ | 過去問解説-事例問題 | 院試関係 | 2次試験 | H16問題 | H17問題 | H17年度受験 | H18問題 | H18年受験 | H19問題 | H19年度受験 | H20問題 | H21年受験 | コーヒーブレイク